• もっと見る

2024年04月25日

「人間はみんなで育てる動物」その3


色んな人の手をかりて、育児をするように。

そのためには、妊娠中から、産後ケアサービス、外注できるサービス、育児相談先など、使えるもの、頼めるところを調べておきましょう。出産前から利用できること、頼れる人と繋がっておきましょう。



育児に慣れるまでは、子育て以外のことは、手を抜きましょう。
食事も、冷凍食品、レトルト、インスタント、缶詰など、多めに準備しておきましょう。

baby_jyunyu_honyubin_man.png

母乳で育てたい方も、父親育児や災害の時に哺乳瓶でも飲めるようにしておくと安心です。
最初の育児は、ママがメインでも、後方支援はパパがしっかりと。
昔は近所の先輩母親達がサポートしてくれましたが、今の時代、パパや外部サービスが頼りです。



「みんなで子育て」「地域が家族」
ママとパパだけで、頑張って育てようとせずに、上手に頼ることを意識してほしいです。
産前産後事業、受けられるサービスは、積極的に受けましょう。
旭川には、訪問してくれる助産師さんも多いです。いろんなことを相談できます。



気が付いたら、パパ以外の大人としばらく会話していない。は危険です。外の空気を吸うのも大事です。


お散歩がてら外に出て、ご近所さんと挨拶できるといいですね。泣いて騒ぐのが子どもです。一緒に成長を見てくれるご近所さんができるだけで、あとあと、子育てしやすくなりますよ。



ひとりで、夫婦だけで子育てを頑張ろうとするよりも、三世代同居や他の方の手を借りての子育ての方が、子どもの成長、発達、社会性が育つことが調査研究でわかっています。



【旭川市産後ケア事業】1歳まで利用可
旭川市が委託した医療機関・助産所での宿泊や日帰り、又は助産師等の家庭訪問
・お母さんのからだやこころのケア、休息
・授乳や沐浴等の育児相談
・乳房に関するケアや相談
・食事の提供(宿泊・日帰り型の場合) など

旭川市産後ケア事業
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/800/808/810/d064593_d/fil/tirasi.pdf



【旭川市産前産後ヘルパー事業】1歳まで利用可
家事に関するもの(食事の準備や後片付け、衣類の洗濯や簡単な補修、
                      お部屋の掃除やお片付け、生活必需品の買物 など)
育児に関するもの(授乳、おむつ交換、沐浴のお手伝い、上のお子さんのお世話)
妊産婦に関するもの(妊娠中や育児の疑問や不安、悩みの相談など)

旭川市産前産後ヘルパー事業
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/800/lifeevents1/007/d071190_d/fil/tirasi.pdf






るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

posted by 佐藤 at 02:22 | TrackBack(0) | 連載
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック