CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月28日

〜自己肯定感と自己否定感〜

自己肯定と自己否定

私のイメージは、
真ん中に「0」
上に「10」「20」と続く
下に「ー10」「ー20」「ー30」と続く
温度計みたい?

心の温度計かな?
自己肯定感と自己否定感



赤ちゃんのときは、
「0」ありのまま。
自己肯定もなければ、自己否定もない。



なのに、育つうちに、
「−10」「−20」になる子が多い。
大人でも、おなじ・・・


「自己肯定」という言葉は、
「自己否定」の逆の意味として作られた言葉らしい。


だから、「+10」「+20」という値を
目指すのもいいけど、
「−10」を「0」にする。
「−30」を「−20」にする。
まずは、そんな感じがいい。



私は、里親相互支援事業で、
里親への子育て学習支援をしています。
虐待で保護された子を養育される里親さんには、
「−40」からの出発です。
安心できる環境で、
小さなことでも褒めて、認めて、
「−30」を目指しましょう。
そうお話します。


「0」から「+10」も「+10」
「ー40」から「−30」も「+10」です。
一気に「−40」から「0」には、
なりません。期待しても無理です。



子育てしていると、
ダメな所ばかり、目が行きます。


良いところ、当たり前に出来ているところも、
「できていること」を認めて、
親自身も、子供に対しても、
否定でなく、肯定してほしいです。
親自身も自分の出来てないことばかりに
目が行く方がいます。出来ているところも、
自分を認めましょう。



日々の積み重ねです。
まずは「0」に
「0」までが、意外と難しい・・・

自分も、子どもも、
シンプルに、受け止める。
ありのままを、受け入れる。
そうすると、
自然と、成長します。
だんだん+になります。

私のイメージでした。


posted by 佐藤 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2020年01月27日

〜発達障害児の子育てと、仕事を考えると〜

幼児期、娘が発達障害と診断されて、
この先、私とこの子の人生は?
手も目も離せない娘、このまま大きくなるの?
先が全く読めませんでした。


その頃、私も「発達障害」って?
よく解らなかったし、
夫は、「障害」を受け入れないし、
無理解、非協力的でしたから、
絶望感しか、ありませんでした。
(今は、夫も理解あり)


親の会の先輩ママから
「大丈夫、それなりにゆっくり育つから」
と言われて・・・
確かに、ゆっくりだけど、
それなりに育ってきました。



最近、
発達障害のある子のママたちで、
仕事を考えて悩む方が、多いです。

私の周りでは、
子供が、小学校、幼稚園になれた頃からとか、
保育園や児童デイ、祖父母の協力などで、
短時間から仕事を始める方が多いです。

もちろん、周りの協力を得て、
産後や育休後から、仕事を続けている方も。


子育て前に、思い描いていたような、
子育ても仕事も上手くこなせる人は、
ほとんどいないです。

発達障害の幼児期は、子育て大変です。
なので、
例えば2ステップで考えてみる。
一気に復職をせずに、時短だとか、
仕事の内容、時間を抑えて、
子どもの状態、支援の状況をみて、
完全復職、みたいに・・・


私のように、既存の仕事ではなく、
自分で何かを始める、起業する方もいます。
将来、ママ達を応援する仕事をしたいとか、
子ども達の将来の働ける場を作りたいとか、
そのために、資格を取る方もいます。



仕事するしないは、別として、
発達障害のある幼児期の子と、
一日中、毎日、二人だけで向かい合うのは
母にも、子にも、よろしくないです。

母も息抜きが必要です。
仕事や趣味、何でもいいです。
時々、子どもから離れる時間が必要です。
出来れば、同じような子を育てる
信頼できるママ友を持てるといいですね。

幼児期は、
ただでさえ子育てが大変な時期です。
まして、発達障害があれば、
母も、子ども自身も大変なのです。


仕事のせいで、イライラして、
子どもを怒りすぎるようであれば、
仕事量をセーブした方がいいです。

幼児期の親の関わり方で、
子どもを
より生きづらくしてしまうことが
ありますから・・・

発達障害の子供や大人をみていると、
幼児期の不適切な子育て(関わり方)が、
二次障害の土台を作ってしまっていると
感じます。

幼児期の子育て、
定型発達でも大事ですが、
特性を持つ子は、もっと大事です。



posted by 佐藤 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2020年01月26日

〜テキトーな娘と、テキトーな母〜

「テキト〜」
娘の口ぐせであり
元々私の口ぐせ


しっかり、キッチリできない自分の
ふがいなさの言い訳に、
そして、自分へのプレッシャー回避のために・・・
私「適当でいいや、適当で大丈夫!」って
口ぐせのように、いつも言っていました。


最近、娘が真似しすぎるので、
「ママはね、
適当もするけど、
ちゃんとするときもあるからね!」
と教えています(笑)

学校の国語、算数のプリントまで、
「テキトー」は、いかんでしょう(笑)



間もなく高校受験・・・
娘の場合は、高等部入学者選考検査

そろそろ、気になって仕方ない状態に。
「緊張して、答えられないかも・・・」
「どうしよう・・・」と言い続ける娘。

私と夫が、
「みんな優しいから、大丈夫。
わからないときは、わかりません。
忘れたときは、忘れました。って、
言えばいいよ。
いつものあなたでいいよ。」
と言ったら、

娘が、
「そっか、いつものテキトーでいいんだ!」
「そうだ、そうだ、適当にしよう。」


自身の緊張をほぐすために言うのは、いいけど、
試験官の前では、言わないでね。



posted by 佐藤 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話

2020年01月25日

〜おまじないの「青い熊?」〜

昔、母が教えてくれた「おまじない」を
ふと、思いだしました。

母が、仕事で辛いとき、
心の中で、呟いている
「おまじない」だと・・・


あおいくま

あ 焦るな
お 怒るな
い 威張るな
く くじけるな
ま 負けるな

母の背中を見て
私は育ったのだと、
最近、思う。


娘も、私の背中を見て
育つのかな?

ん〜、やばい!(笑)

posted by 佐藤 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜

2020年01月24日

〜説得より納得、他律より自律〜

高齢者への対応で
大切なのは「説得より納得」
そう書いて有った記事を読みました。

私達だって、
誰かに説得されて、するのと、
自分で納得できて、するのと、
全然違います。



私が、子育てで伝えているのが、
「他律」と「自律」

親や先生から、
言われたから、怒られるからと
するのは「他律」
自分で、
こうした方がいいと思って
自ら進んでするのが「自律」

自分で考え行動出来る大人に育てるためには、
「自律」の力を育てることが大事です。


させたい側(こちら)と
当人(高齢者や子供)の思い
両方の思いを大切に。


posted by 佐藤 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2020年01月23日

〜カバの赤ちゃん誕生(旭山ZOO)〜

旭山動物園で、
カバの百吉と旭子の赤ちゃんが生まれました。


まだへその緒がブラブラ付いた状態で、
その赤ちゃんが立って、おっぱいを飲む姿が
ニュースで流れました。


昨年産まれた赤ちゃんは、
その日のうちに死んでしまった
悲しいことがあったので、
今回は、元気に育ってほしいです。


それにしても、へその緒が付いたまま
4つ足で歩いているカバ。
自然界では、産まれてすぐ立って歩けないと
敵に襲われてしまいます。

もし、人間の赤ちゃんが、
産まれてすぐに歩けるように産まれてくるとするなら
妊娠期間1年10か月は、かかります。
でも、その時の頭の大きさでは、
2足歩行になった人間の体の
骨盤の中(産道)は、通れません。
そこで、ギリギリ通れる妊娠10か月で
出産します。


それだけ、頭(脳)は、未熟な状態で
産まれてくるのです。
生きるという本能だけを持って・・・


そして、この最初の1年の関わり方で、
人としての高度な脳(感じる力、考える力…)の
土台の一段目が作られます。
大切な、1年目です。


posted by 佐藤 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2020年01月22日

〜素敵な応援に感謝の日々〜

久しぶりに会いました。

Tさんは、6年前、
発達障害児とママのためのサークルの記事を読んで
私を応援したいと、手紙を頂き、
それからの付き合いです。

透析に通い、あちこち骨折し、
(長期間透析を続けると骨がもろくなるため)
不自由ながらも、趣味の手芸や料理を楽しみ、
そして、誰かを応援するのが、
彼女の生きがいなのかな?


娘にと、ネズミのマスコットを
(毎年、干支のマスコットを作ってくれます)
そして、太巻きといなり寿司などを、
リュックに入れて、杖をついて、
バスで来てくれました。


お互いの近況を話したり、
短い時間でしたが、楽しい時間でした。


「貴重な時間」でした。


今は、親しいとか、必要のある人としか、
会う機会がない。(少なくとも私は)

昔は、井戸端会議みたいに、
利害も損得も関係なく、
適度な距離を保ちながら、
ただ、世間話をしていました。
近所の人だったり・・・
病院の待合で、隣に座った人だったりと・・・


そこで聞いた話は、
後々「聞いていて良かった」話しになったり、
「こんな風に言うのは、イヤだから、私は気を付けよう」と思ったり、
特に女性にとって、コミュニケーション力の向上や、
生活の知恵など情報、物事に対する考え方の違いなど、
学べる場でもありました。


昨今は、情報やコミュニケーションも、
SNSなどで、人を目の前にしなくても、できます。


でも、Tさんが来てくれて思いました。
冬道、杖をつき、足を引きずりながら、来てくれて、
次の用事があるからと、
(透析のない日は、パワフル?)
元気な顔を見せてくれる。

この、人のぬくもり、
彼女からもらえるパワー、
素敵な応援です。感謝。


私の回りには、最近、
Tさんのように、応援してくれる方々が増えて、
「ありがたい」気持ちでいっぱいです。
「感謝!」

私ごとでした。




posted by 佐藤 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜

2020年01月21日

〜男女格差は、夫婦格差?〜

2019年版男女格差報告の主な順位
(先日、北海道新聞に載っていました)

調査した 153国中
1位 アイスランド
2位 ノルウェー
3位 フィンランド
4位 スウェーデン
 ・  ・
10位 ドイツ
 ・  ・
53位 米国
 ・  ・
106位 中国
 ・  ・
108位 韓国
 ・  ・
121位 日本

153中、121位。

政治、経済における格差はもとより、
家庭でも、両親が対等な関係が出来ているのか?
国の課題であると同時に、
家庭と個人の課題でもある
と、しめられていました。


上位の国をみると、北欧。
以前、スウェーデンの教育について
書かれた記事を読んだことがあります。

教育方針は、民主主義を基本とすること
「人は、性別、職業、民族、言語などの理由で
差別されるのはゆるされないこと」
そして、お互いに連帯感を持つことが大切とし、
これらの価値観を授業で学んでいく。

目標は、民主主義社会の一員として、
自分の言葉、自分の行動に責任をもつ人間になること。
そのため、子供に自分で考え、
自分の意見を言える人間に育てることが重要視される。

教育の場だけではなく、家庭でも同じ。
スウェーデンでは、専業主婦という言葉がない。
男女は、平等で、働くのも、子育ても、平等。
男性の育児休暇も普通。
日本のように、夜遅くまで仕事することはない。
5時の定時に帰り、家族で夕食の準備をし、
夕食をとり、一緒に子育てをする。
スウェーデンでは、高齢になると施設にいくのが一般的。
家で介護することは、ほとんど無い。

子どもの人格も、人権も尊重し、守られる。
子どもも、一人の人間として尊重される。
それが、当たり前。



日本とは、えらい違い。

それにしても、
121位って、
あまりにも低すぎじゃない?



posted by 佐藤 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2020年01月20日

〜届けたいことがいっぱいあって〜

また新しいこと教えてもらった。
PCIT(幼い子どもと親に対する行動療法)
そういうのが、あることを。

発達障害に関する
ESDM(ASDに対する超早期療育)
TEACCH(ASDへの構造化を主とした療育法)
ABA(主にADHDへの応用行動分析)
ペアレントメンター(親が資格を取り、親の支援)
子育てに関する
モンテッソーリ教育
佐々木正美先生の教育法
等々


興味があるものは、本等で、チェックしますが・・・

日本では、子育て、発達障害支援の有資格者少ないし、
資格をとっても、有効活用されてない気がします。

子どもの療育先などで、受けられる親子は、
幸運です。うらやましい。


北海道の旭川。家族のこともあり、
あちこち動ける身ではないし、
平日の日中15時までしか動けない。
娘がダウンすれば、私も休むことに。


それでも、札幌の麦の子会さんのお陰で、
CSP(コモンセンス育児法)の資格をとり、
4年かけて、道北家庭教育研究グループ
クリーミーママの会の講師の資格もとりました。


私みたいに、地方に住んでいるから、
時間がとれないから、学びたいけど学べない方、
(資格が欲しいのではなく、学びたい)
いっぱいいると思う。



発達障害って何?
この子をどう育てたらいいのだろう?
将来どうなるの?


始めの頃の私と同じママたちが
いっぱいいると思う。


そんなママ達(パパ達)に
少しでも早く届けたい。


必要なときに、必要な知識を・・・
前もって知っておくといい知識を・・・
困っても、落ち着いて対処できるスキルを・・・


届けたい。


posted by 佐藤 at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2020年01月19日

〜2月、5月、10月は要注意〜

私達でも、5月病とか、
季節の変わり目は体調崩すといいます。

発達障害児やHSC(ひといちばい敏感な子)は、
より心や体が敏感です。


5月頃、新学期が始まり、
慣れて緊張が解けてきたころ、
心身の疲れが、どっと出てきます。
疲れていることに、気づきます。



10月頃、季節の変わり目、
気温が下がりだし、朝と日中の気温差が大きく、
体が慣れずに、不調になりやすい時期です。



2月頃も要注意
3月の卒業式、
4月からの新学期、進学に向け、
学校での授業や、活動、
先生方の雰囲気も、
それまでとは変わりはじめ、
いつもの変らない日常と違い、
何か落ち着かない時期です。

てんかんを起こしやすい時期と
聞いたこともあります。


これらの時期は、
体調が崩れ易かったり、
心が不安定になりやすいです。


無理をさせず、
子どもの状態を見てあげてください。
時には、十分な休憩も必要です。
話をする子なら、
話しをただただ聞いてあげてください。
聴ききってあげてください。



うちの娘は、中3なので、
1月ですが、受験、進学にむけて、
すでに、不安定モードに入っています。



posted by 佐藤 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき