CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

それでも夜明けはやってくる!?

毎日いろいろありますがそれでも夜明けはやってきます。
そんな毎日を味わっていきたいと思う今日この頃です。


<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
83
GW (05/07)
83→だいすけさん
引越し (02/28)
だいすけ
引越し (02/27)
83
引越し (02/27)

論文完成!! (02/07)
だいすけ
内定者研修に行って来ました (01/08)
金子知史
内定者研修に行って来ました (01/07)
3年目の夏 [2011年08月17日(Wed)]
約2年間ブログを放り出し少し戻って来てみた。

やはり「会社」を意識した姿勢ではブログは続かないので
「本音」ベースで色々発言していこう。

なので基本的にあまり世間の役には立ちませんが、自分の
日常と頭の整理に使っていきます。
親子で科学体験 [2009年08月10日(Mon)]
本日は日本財団が助成する「親子参加型科学体験イベント」
事業を見に足立区梅田地域学習センターへ行きました。

この事業を主催しているのは東京工業大学の学生さん
達です。勿論代表は先生なのですが実際の事業は
学生さん主導で動いており、学生さんの成長も期待できる
事業です。







20組40名の定員は満員御礼。会場は親子の微笑ましい
光景に溢れていました。

科学に関する工作(今回は「走馬灯」)が完成し、
親子で目を輝かせる様子には私も嬉しくなりました。

こういう機会を小さい頃にできるだけ持つことが
子どもの学力だけでなく、健やかな成長に繋がる
と思います。

大学の社会貢献、学生の成長、親子の繋がり、
科学教育と、派手ではないですが、意義の深い
事業であると感じ帰路に着きました。


神様はいる!? [2009年07月27日(Mon)]
2003年7月から2005年の7月まで僕は中米ニカラグア
で青年海外協力隊員として働いていました。

そこで働いていた施設の同僚がこの度、私の協力隊
の同期と結婚しました。新郎がニカラグア人、新婦が
日本人です。

2004年から交際を開始し、今日まで本当に大変な道のり
だったと思います。距離、文化、環境の違いをを越えて
新しい道を歩みだした彼らをみると感慨深いものがありました。
今回ばかりは神様のお導きを信じました。




立会人代表として、そして二人の友人として
祝福したいと思います。


夏本番前の思ひ出 [2009年07月15日(Wed)]
ブログも書き出すと日記代わりになりますね。

今日は非常にいい天気でした。この時期になると
思い出すのがそう高校野球です。

高校野球=甲子園みたいになってますが(財)高校
野球連盟の統計によると全国に加盟校数は4,132校
(平成21年)であり、甲子園に出場できるのは49校です。

つまり、多くの球児にとって甲子園はまさに遥かなる夢
であり、地方で散るのです。私も高校野球に高校生活を
捧げましたが「甲子園へ行ける」と思った事は記憶にありません。

しかし、それぞれの選手がそれぞれの思いを込めて
地方大会に挑むのを見るのは甲子園と同じくらい
のドラマがあります。

練習試合で負け続けたチームが勝ったり、野球を知らない
監督さんが率いるチームがあったりと地方大会は色んな
魅力があります。

夏本番の甲子園を見る前に、それぞれの3年間がより感じ
られる地方球場へ足を運んでみませんか。
子どもの貧困3 [2009年07月13日(Mon)]
さて、珍しく続いているブログですが今回は
私の修士論文からの紹介です。

修士論文ではストリートチルドレンの置かれた
教育環境、家庭環境、路上生活経験などによ
って彼らの将来の教育や仕事への希望がどう
影響を受けているのかもしくはいないのかを
調べました。

結論から述べると、子どもの将来の希望はやはり
家庭環境に大きく左右されるということです。

その中でも印象的であったのが家庭の裕福度
よりも家族との関係が大きく影響していた事です。

また、面白いのは将来の希望を複雑な事情で
普通学校に通えない子どもたちの為のための
ノンフォーマル教育に通う子どもと普通学校に
通う子どもで比べると普通学校の子どものほうが
より高い期待を自らの将来に抱いていました。

私が感じたのは学べない子どもが「学べるようになる」
事は大きな進歩である。しかし、その学びの場所の違いが
さまざまな社会格差の表れであり、普通学校の下に見られ
るなら学ぶことが必ずしも子どもの将来への意欲を駆り立て
るとは限らないという事です。

この辺りは最近話題になった希望格差と通じるも
のがあります。

ともすれば先進国で起きる問題と途上国で起きる問題は
まったく違うと思われがちですが、共通点もあるのか思います。

子どもの貧困2 [2009年07月12日(Sun)]
さて、自分の勉強の為にも書いている「子どもの貧困」
ですが今回は子どもの貧困と学力についてです。

日本において義務教育はかなりの高い水準で質、量と
ともに保たれているのは周知の事実であると思います。

世界的にみた日本の子どもの学力に関していろいろな
論議がありますが概ね世界でも日本の子どもの学力は
高いようです。

しかし、これはあくまで平均であって日本の場合、上位と
下位の差が広がっているようです。

そして教育社会学の分野においては親の所得や職業と
子どもの学力には何かしらの関係があるとする研究が
複数あります。

ここでは深く踏み込みませんが(議論が複雑ゆえ)いくら
機会の平等が確保されてもその後の家庭環境で子どもの
学力は大きく変わります。

皆が皆、勉強ができなくてもという声はありますが、子どもの
期の大半を過ごす学校において学力で出遅れた子どもが授業に
興味を失い学校から疎遠になるような事例もあるでしょう。

そういう意味で下位層の子どもに学力をつけさせる事は勉強
という枠を超えて子どもの育成という意味でも重要であると
考えます。

実際に家庭状況が厳しく親が子どもに関わる余裕が時間・金銭
的にもない家庭の子どもをどう支えていくのか、非常に大きな
問題だと考えます。


子どもの貧困を考える [2009年07月10日(Fri)]
昨年度から「子どもの貧困」というテーマが世間を
じわりじわりと騒がしています。

週刊東洋経済での特集、阿倍彩氏著の「子どもの貧困」、
山野良一氏著の「子どもの最貧国・日本」、以上のような
情報を通して多くの人が子どもの貧困を知るとともに一方
で驚きを覚えたのではないでしょうか。

「子どもの貧困」を見る観点は多様でとても一つに絞って語
ることはできませんがまず重要なキーワードは「相対的貧困」
という言葉です。

テレビでA国の裸足で学校へ通う途上国の子どもを見て「世界
には靴を履いて学校も行けない子どももいる、だからあなたは
恵まれている」とうかも知れません。

つまり、靴も手に入らないのは絶対的な貧困状況であると思うからです。
しかし、A国においてはまだまだ靴が贅沢品で社会に浸透せず、皆の
中に「皆が靴を履く」という意識は希薄だとすれば「靴を持たないこと」
は当人からすれば大きな問題ではないかも知れません。


一方で例えば、日本のような国に「靴を履いて学校へ行けない」という
状況はA国の子どもよりもある意味、貧困であるかも知れません。

このような事を考えると貧困の問題は絶対的貧困、相対的貧困を持ち出
すことで見方が大きく変わることに気づかざるえません。

では続きはまた今度。
「現場」とは何か??? [2009年05月22日(Fri)]
研修として重症心身障害児(者)施設に行って来ました。

施設の職員さん、園生の皆さん、お世話になりました。
そして、本当に申し訳ない。昨日、今日知り合った人間に肌に触ら
れる。これが心地よい事でないのは障害の有無に関わらず想像に
難くないはずです。

「現場研修」「現場体験」。特に意識されず、使用される言葉
ですがこの「現場」という言葉にどれほどの意味があるのか?

かつて教師をしている時に、学校の先生達の現場意識の高さ
に感嘆すると同時に縄張り意識の強さも感じました。「学校の
事なんか他人にわかるかい」みたいなものです。

一方で妙に研修だけ謙る行政官。「何分現場を知らないもの
で勉強させてもらいます」みたいな。

お互いが教育の使命=子どもにより良い教育を施すというミッション
を共有すべきなのにお互いがお互いを違う存在として捉える。よって
問題解決を志向する議論よりもお互いの面子争いのようになること
があるのではないでしょうか。

これがいかに受益者である子どもにマイナスをもたらすのでしょうか。

この研修を「現場は大変だ」という、単純な結論で終わらせるのでは
なく、日本の福祉をより良いものにする為に、行政、施設、そして我々
の様な組織が何ができるのか、それを考えるきっかけにしたいと
思いました。

国際化とインフルエンザ [2009年05月18日(Mon)]
新型インフルエンザの脅威が広がっています。

私が去年まで通っていた大学院でも休校が決ま
ったようです。

政府は「水際で止める」と必死でしたがやはりウィルスは
その網をくぐり抜けたようです。

この政府、メディアが使用する「水際」という言葉に付いて
あるテレビコメンテータが興味深いコメントをしました。

「水際という言葉には日本だけを何とか守ろうとする了見
の狭さを感じる。この時こそ、日本が積極的に途上国など
へ支援すべきである」

これは正確な言葉ではないですが、趣旨はこんな感じです。

確かに日本人として日本のことを考え、守るのは第一ですが
これだけ多くの人間が海外へ出掛け、また海外からやってくる
中で日本だけ無傷でいるのは現実的には難しい話です。

この水際という言葉には国際化を謳いながらまだまだ島国
としての感覚が抜け切らない私を含めた日本人の典型的な
メンタリティーが見えるのかもしれません。

ブログと日記 [2009年05月09日(Sat)]
ブログって意外と面倒だな・・・・

正確に言うと書き続けるのが難しい
ですなと最近思っておりました。

で、今日気付きました。「そうだ日々の
気付き、考えを書き留める日記」にしようと。

まさにそれがブログなのでしょうが、若干
アラサーの僕はブログとは特別なもの、
トレンディ(死語ですね〓)だと思い込んでいました。

ということで本日よりより気分を軽く持って、なおかつ
財団職員として情報発信できるものにします。

で今日の写真、デジカメが今はないので携帯の写真です。
今時、デジカメがないとは・・・・資金の問題です。



そう読書です。自分の興味と仕事の勉強を兼ねた
読書をしたいと思っております。

具体的にはNPOの歴史、制度、そして個人的
興味のある貧困と教育問題などです。

また読書報告します。

| 次へ
プロフィール

だいすけさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/pazmundial/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/pazmundial/index2_0.xml