CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イオン鈎取店へ | Main | 歳末助け合い »
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
色々な人と一緒に生きるためにどうするか[2017年11月08日(Wed)]
平成29年10月29日(日)14時~16時半、仙台市福祉プラザ第1研修室で研修会を開催しました。テーマは『子ども達にどう伝える「みんな違ったて みんないい?」~色々な人と一緒に生きるためにどうするか~』でした。

「人権は難しい?」「2つの人権:守るor使う?」「権利と義務?」ワークショップ型(≒参加型学習)の3つをキーワードに進められていきました。

西洋型の人権は使うもの。嫌いな人にでも使うことが出来る。傾聴・自己表現・対人トレーニングなどが開発されてきた。人権は5歳でもわかるもの。それは「人として正しい」こと。英語で「ライツ(rights)」

人権はなぜ必要なのか?
@一般的な理由…人として生きていくために必要(人類普遍の価値)
A個人としての理由…私が安心して過ごすために必要
B社会人としての理由…どんな人にもサービスを提供する
 チームワークを良くする
 好き嫌いで動かないなど のために必要である。

社会人とは、組織に属している人。小学生でもクラスに属している。
人権は獲得(合意)してきたものだから複数形となり、数えられる。また、今後も時代に合わせて増減していくもの。「人権」を意識していくことが大切であり、権利は責任を伴います。周りの人も自分と同じ権利を有しているのだと理解できれば争いや差別がなくなっていくのだろうと思いました。

DSC01333.JPG

桜井さんの楽しい語り口と明るい雰囲気で和やかな気持ちで受講でき、隣の人とのペアワークで学びを深めることができました。
今後もこのような研修会を開催していきます。ご興味のある方は次回是非ご参加ください。
DSC01332.JPG
この記事のURL
https://blog.canpan.info/parukeblog/archive/143
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

アフタースクールぱるけさんの画像
アフタースクールぱるけ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/parukeblog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/parukeblog/index2_0.xml