CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月16日

オンラインプログラム第3弾〜反転卵をつくろう〜

【zoomに慣れよう!】

反転卵とは一体どんなものなのか。
黄身と白身が反転したゆで卵。
殻を割らずそんなことができるのだろうか?

ストッキングにセロテープで補強した生卵を入れ
ビュンビュンゴマの要領で回します。
完全球形でもない卵、重心がずれるとビュンビュンとは回らず、苦戦。
ストッキングは薄く、伸びないほうが回しやすいのですが、
なんと破れやすく卵が飛んでいってしまうことも!

ZOOMの前で各自工夫しつつ、うまくビューンと回った時、
どう工夫したか伝えつつ回すこと約30分。

ゆでてみた卵。
いろいろできました。
反転卵は残念!できませんでしたが、
全身クリーム色の卵、
温泉卵は白身が白いボツボツとなり、恐竜の卵のようです。
一見普通のゆで卵。
しかしこれ触ってみると黄身が変化しています。
消しゴム!白身、なんと表現してよいか難しいのですが。
普通のゆで卵の黄身とは違った食感になっていました。

ZOOMを通じて体験することで、未知の世界だった反転卵づくりが
様々な工程を共有できグッと身近になりました。

1594686286194.JPEG

1594686318563.JPEG
posted by ぱらすて at 15:54| セミナー関連