CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

一般社団法人パラリンビューティ  活動ブログ

◆内閣官房、「beyond2020プログラム」に当団体活動が認証されました。
◆オリンピック・パラリンピック組織委員会より当団体が「参画プログラム」主体者認証されました。

美容サロンオーナーやネイリストなど美容業界の有志で結成し、大阪を拠点に活動しています一般社団法人パラリンビューティです。
「美容の持つチカラで、障がい児者の就労支援を」
このテーマのもと、様々な活動をプログにしていきたいと思います。
2020東京オリパラ、選手村でのビューティ参加を目指しています!
世界のパラリンピアンに、日本の障がい者ビューティストが施術する。
想像しただけでワクワクしませんか?


大丸2️NHK収録、有働アナウンサーと… [2017年07月30日(Sun)]

IMG_3173.PNG
NHK東京スタジオにて、特番の収録に来ました。
司会は皆様ご存知、今やNHKの顔、
有働アナウンサーです。
本番前に楽屋でパチリ️
気さくな方で、
私はSNSフリーですから!️と。
ありがとうございますにこにこ
あさイチも皆さん見ましょうね。笑
IMG_3162.JPG
8/18、22時放送予定の、
ココがズレてる健常者2
ホイールチェアネイリスト上田菜々、出演しております。
なかなか面白い番組ですので、是非ご覧下さい。
IMG_3169.JPG
今後も、どんどんメディア予定があります!
上田菜々の応援よろしくお願いいたします。

大阪の夏!!◆日本三大祭り◆天神祭りでホイールチェアネイリスト!! [2017年07月24日(Mon)]

IMG_0177.JPG

























大阪の夏がやってきました!
「天神祭り」
日本一の長さの商店街、天神橋筋商店街には神輿がいったりきたり!
IMG_0130.JPG











その喧噪のなか、
おしゃれなカフェ「T-Green's」のテラス席にて、
「NANA Nail Cafe」を開催しました。
車椅子ネイリスト、上田菜々ちゃんが月に一回開催しています。

IMG_0148.JPG
















人気は上々で、ご家族連れの女の子達もネイルケアで喜んでくれました。


IMG_0198.JPG
























次回は8/20 に開催します。
是非お越しください。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27096119/






◆動画有り・ネットTV「障がい者.com」出演しました。 [2017年07月22日(Sat)]
スクリーンショット (199).png











障がい者ドットコムのネットTVに出演させていただき、
スクリーンショット (190).png








内閣官房beyond2020認証事業である「ParalymBeauty2020」について
簡単にご説明させていただきました。
スクリーンショット (203).png














ホイールチェアネイリストの上田菜々ちゃんとの共演は初めてで、
テーマは「明るく元気に進行し、福祉を変えよう!」です。
スクリーンショット (200).png










今夏、色々なメディア出演が決まっています。
ビューティとマイノリティのコラボを真剣に進めて参ります。
支援学校卒業後の進路でビューティを試してみたい方は、
こちまでお気軽にお問い合わせ下さい。
スクリーンショット (202).png










大分、熊本、愛知、広島、千葉などから続々とお便り届いています。
2020に向かって進みましょう!!

◆明日は菜々ネイルカフェを天神祭りで賑わう、天神橋筋商店街のお洒落なカフェ「T-GREEN'S」で開催します。
菜々にネイルケア(1000円)しにお越しくださいー。
◆内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部 [2017年07月19日(Wed)]
スクリーンショット (188).png

◆内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部
認証プログラム「beyond2020」のホームぺージに、
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020/

当団体が掲げる2020年に向かう目標「Paralym Beauty 2020 」
が認証され掲載されております。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020link/pdf/20170623_ninsholist.pdf

「美容の持つチカラで、障がい児者の就労環境を整える」

「2020東京オリパラの選手村で、ビューティボランティアとして活動したい」

世界に誇る美容技術、接客を
障がい者ビューティストが世界のアスリートに接する。
DSC_8385.JPG


全国の障がいを持つ方々から賛同のご意見と、
日に日に希望者が増えてきております。

応援よろしくお願いします!!

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020link/pdf/20170623_ninsholist.pdf

お問い合わせがございましたら、
OSBA@paralym-beauty.jp
までお願いします。
大丸2️ネットTV収録 [2017年07月12日(Wed)]
IMG_2960.JPG
ホイールチェアネイリスト上田菜々と、
団体代表大倉伸三の2人トークの収録でした。

1本目は、団体活動のご説明。
2本目は、ネイルケアの実演。

2020東京オリパラに向かい、障がい者ビューティストの募集開始しました。

UPされればご案内させていただきますね。

◆商業施設フレスポ東大阪でのビューティ体験催事 [2017年07月06日(Thu)]
18620885_1844798245842822_9142367784322933523_o.jpg美容の持つチカラで障がい児者の就労環境を
このテーマで様々な活動をしております。
今回ご紹介させていただきますのは、
ダイワハウスグループ経営の商業施設「フレスポ」さんです。

団体の活動主旨を理解していただきご賛同いただきました、フレスポ東大阪さん。
・障がい児者・健常者向け「ビューティ施術者体験」
 (ネイリスト、デコアーティスト)
・パラリンビューティ写真展
の開催でした。
東大阪在住の障がい者の方や、ご家族連れの方で盛況でした。
18558636_1844798149176165_3196941132503508186_o.jpg













我々の活動を知っていただくために、様々な会場で同様のイベントを
今後も実施して参ります。
隣の席で、車椅子のお姉さんがネイルを綺麗にしている。
このような機会を見てもらうことが大事だという思いです。

フレスポ東大阪での次回開催は、8/26です。
18595348_1844798055842841_3867056064293212322_o.jpg











◆支援学校への出張ビューティ施術授業の取り組みについて [2017年07月05日(Wed)]
私たちは定期的に、大阪府立の支援学校から要請があれば「出張ビューティ施術授業」を行っています。
ご存知のように、全国の支援学校の生徒数はうなぎ上り。
少子化で閉校になった高等学校などが、ほとんど支援学校に変わっています。
それでも3430教室不足と朝日新聞が報じています。
18192767_1447606605284671_1071652647240261249_o.jpg
















知的障がいを持つ子供たちに、自立できるような授業。
難しいかもしれませんが、厚生労働省・文部科学省は授業に「農業・工業・清掃・介護・調理」などを推進しています。
私が教育委員会の支援学校校長会で講演させていただいた時に申し上げたのが、
大都市圏の支援学校高等部で、農業を学ぶことが「就労」という観点からでは現実とかけ離れているのではないか。
ということです。
P1020496.JPG
支援学校の進路担当教諭は一生懸命就職先を探すために走り回っています。
しかし「障がい者の法定雇用率」が2%から3%になろうとも、
企業の採用担当者が望んでいる人材が少ないのが現状です。
健常者も障がい者も同様、企業は良い人材が欲しいのです。







そんな側面から提案してますのが、「ビューティ」授業の導入です。
すでに大阪府立の支援学校では5校実施しています。
「ネイリスト」
「エステティシャン」
「デコアーティスト」
の施術者体験をしてもらいます。

◆ネイリストは「ネイルケア」を学びます。
シャイナーという紙やすりで、爪表面をピカピカに磨きます。
初めて見る自分の綺麗な爪に皆歓喜します。
15609267_380031562341734_714876347_o.jpg


















◆デコアーティストの体験では、
デコストーンを歯ブラシに装飾し自宅に持って帰ってもらいます。
P12.jpg
















接客が苦手な方は、装飾デコアーティストを目指すことも可能です。
14650671_1715922678730380_3404946580079795189_n.jpg



これは精神障がいを持つ美容サロン社員制作の「誕生石スワロフスキー装飾デコ歯ブラシ」で、@1000円で通販しています。このような在宅ワークでの就労も可能なのです。







◆エステティシャンは、ハンドリンパドレナージュをプロから習います。
14537025_1233812066664127_701092564_o (2).jpg













すると、文化祭発表会で模擬店「エステサロン」を開店!
15319441_10209558588334660_1739169280_n.jpg






















参加された保護者の方々が涙を流されているのが印象的でした。

この授業を受けた生徒が家に帰り笑顔で報告したのだと思いますが、
母親からの感想文も届きます。
絶対に美容師になりたいのでお願いしたい!というお母様も来られました。

つまり、職業の選択肢を広げていく。

このことを今の社会背景を踏まえ提案していきます。
昔のパーマネントだけの美容とは違うのです。
100種類以上あるといわれています。
勿論、出張授業だけでビューティストになれるわけではないので、
無料で学べる、ノーマライゼーションビューティスクール(就労移行支援事業所)の開設を急いでいます。
(東京・大阪・九州)

そして手に職をつけて、
国家資格も目指しながら、ビューティ業界だけではなく一般企業への就職の道を開拓するのが私の役目だと考えています。


これには、
ハローワークと共にチームをつくり勉強会中です。

これはまた後日ご報告させていたたぎますね。

https://www.facebook.com/ParalymBeautyOsaka/



ご意見ございましたら是非お願いします。

◆日本一長〜い! 天神橋筋商店街で車椅子ネイル [2017年07月04日(Tue)]
IMG_0068.JPG

日本一長い商店街として知られ、訪日外国人もかなり来られている
天神橋筋商店街」。http://www.tenjin123.com/

まもなく大阪の夏、日本三大祭りの「天神祭り」でより一層のお客様が来阪されます。
http://www.tenjinmatsuri.com/

その一角の素敵なオープンカフェの「T-Green's」の山口千菊オーナーが、
車椅子ネイリスト上田菜々の活動に快く賛同して下さりまして実現しました。
https://www.facebook.com/tgreens.fusioncaferestaurant/?ref=nf


「Nana cafe Nail」

外国人の方々も日本のネイルアートには興味津々で、商店街に面したネイルデスクは
観光客で賑わいました。
IMG_0071.JPG

次回は天神祭りの前日、7/23に開催します。


大阪市北区天神橋3丁目4-14 天満ガーデン

天神祭りとNana Nail に是非!!
ヤマハ電動車いす取材 [2017年07月03日(Mon)]
DSC_9085.JPG














https://www.yamaha-motor.co.jp/wheelchair/user-report/1706/

電動アシスト自転車が原付バイクを抜いたという業界で、ヤマハの電動車いすは性能が良く大人気です。
特集記事掲載されましたので、是非ご覧下さいませ。

◆朝日新聞で報道されました [2017年07月02日(Sun)]

Clip to Evernoteスクリーンショット (191).png

朝日新聞デジタル

記事

社会

その他・話題

医療・健康・福祉(アピタル)

キラキラ飾る歯ブラシ「運命の仕事」 障害越え再出発

野上英文


障害を乗り越え23歳で初めて就職した松本友里さん=野上英文撮影

障害を抱えながら歯ブラシなどを装飾する仕事に就いた松本さん=大阪市北区


障害を理由に引きこもりがちだった女性が、歯ブラシをキラキラの石で飾り付ける仕事に出会った。23歳でつかんだ初めての就職。「社会に出るのがしんどい人に踏み出す勇気を与えたい」と、4月から体の不自由な人が社会に飛び出すサポート役になる。

大阪市に住む松本友里さん(24)は心斎橋にある美容サロンの社員で、肩書は「ビューティークリエーター」。宝飾ブランド・スワロフスキーを使って飾り付けをする仕事をしている。


 病気のため下半身の自由がきかず、体調を崩しやすい。平日のうち2日間は自宅で、3日間は北区のオフィスビルで作業する。長時間座り続けられず、自宅で使っている高反発のイスを職場に持ち込む。仕事は、透明の歯ブラシの持ち手部分に、専用のペン先で誕生石のカラーストーンを一つひとつ接着させるものだ。

 「お金をもらって誰かの手に渡るものなので、いつも緊張する」

高知県四万十市出身。10代初めのころに両親が体の異変に気づき、中学、高校と進むにつれ自覚症状も。地元の短大を卒業後、あこがれのネイリストになろうと2年前から大阪で姉と2人で暮らし、ネイルスクールに1年間通った。だが、病気は進行し、家で寝てばかりの日が増えた。爪を飾る相手は友人ばかり。「仕事にはほど遠く、就職や社会に出ることはあきらめていた」。昨年6月ごろには実家に戻ろうと決めた。

 そんなとき、たまたま入った美容室の帰り際に店員から紹介されたのが、「憧れの美容業界。私にピッタリ」という、この仕事だった。8月からプロの技術者に学び、1カ月後に作業を開始。そして9月15日、初めての給料をもらった。

 休日に友人と広島に旅行して3千円の箸と箸置きを買い、両親に送った。「初めての給料で買(こ)うたよ。来月からお小遣い、ええよ、自分でやっていくね」。こう電話で伝えた。昨年末には、空欄だらけで持つのをやめていた手帳を新調。納期や出張、友人との旅行の予定が埋まっていく。

 「毎日が楽しい。働くことで前向きになれた」

 オーナーの大倉伸三さん(50)は「ネイルの経験もあって手先が器用で、集中力も高い。明るい性格で同僚にアドバイスもしている」と評価する。

 歯ブラシは1本756円(税込み)。若い女性への贈り物向けで、美容サロンや通信販売のほか大手店舗でも近く売り出す予定。最近はブローチやイヤリングなど松本さんが扱う商材も増えた。職場は4月から美容業界への就業を目指す障害者と家族らが通える専門学校を開く。松本さんは、美容商材クリエーターを養成するコースのアシスタント講師になる。

 「私は運命的にこの仕事と巡り合えた。同じような境遇でまだ巡り合えていない人たちに、この喜びを伝えたい」

野上英文

 [以前報道されました新聞記事です]

| 次へ