• もっと見る
«生命尊重と共生のまちづくり事業 | Main | 臨時収入»
住民自治について [2024年05月19日(Sun)]
 それから、「団体自治」を本当の自治にするためには、「住民自治」もできていなければならないでしょう。
 よく考えてみれば、「住民自治はできていないけれども、団体自治はできています」ということはありえないのです。それでは決して自治とは言えないからです。
 住民自治を実現する方法はいろいろあります。首長や議員を選挙で選ぶことはもちろん、首長や議員の解職、議会の解散、条例の制定や改廃、監査を求める直接請求権があります。
 また、行政に要望書を出すこと、議会に請願書を出すこと、パブリックコメントや意見交換の場で要望や意見を伝えること、情報公開を求めること、各種審議会や委員会などへの参加、オンブズマン制度、住民投票など、いろいろな方法を使って住民自治を実現するための努力をしていくべきだと思います。
 それから・・・

                 (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント