CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
すい臓がん支援団体のNPO法人パンキャンジャパンのブログです。
日常に役立つ情報をこちらでご紹介いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

« 『パンキャン賞のトロフィーが届きました』 | Main | 9月3日実施 すい臓がん無料セミナーを行います! 『すい臓がん市民公開講座』  2016年9月3日 »

<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
『NET(ネット)−神経内分泌腫瘍という病気を知っていますか?』[2016年07月20日(Wed)]
NET(ネット)という希少がん について

希少がんの1つにNETという病気があります。
NETとは「神経内分泌腫瘍」、英語名はNeuroendocrine tumor、
略してNETと表します。

パンキャンが支援させていただいているのが、この希少がんのNETです。

NET.png
希少がんの1つ NETを象徴する「しまうま」

すい臓がんと、いったい何の関係があるのか?

希少がんとは「罹患者が10万人に6人以下のがん」で、「NETは10万人に5.2人以下」と言われています。
それほど罹患者が少ないのに、NETはさらに、すい臓、消化管(胃、十二指腸、小腸、虫垂、大腸)、肺など全身のさまざまな臓器にできます。それぞれの部位の患者さんは 「同じ病気のかたに会うことはほとんど無い」という状況がありました。

ある 膵NETの患者さんがパンキャンにお声掛けされました。
「NETのサポートが必要だ」と。

この病気をちょっとだけ、知って頂ければと思います。
こうした、びっくりするほど 希少な病気もある、と。

NETを表す合言葉

NETの合言葉は「If you don't suspect it, you can't detect it.」(その病気だと疑ってみなければ、その病気だと見つけることはできない)です。
一般的な病気(馬)だと思っていたら、希少な病気(しまうま)だとはわかりませんよ、という意味で、マークは「しまうま」です。
今、この言葉が、世界的な標語になっています。

If you don't suspect it, you can't detect it.
めったにいない病気ではないかと疑ってみなければ、それを見つけることはできない。

■国内のNETの患者会
・〔東京〕しまうまねっと  http://netnokai.blogspot.jp/
・〔関西〕しまうまサークル@関西:So-netブログ http://netkansai.blog.so-net.ne.jp/

■パンキャンジャパンはNETを応援しています
http://www.pancan.jp/

◎この記事は、パンキャンのfacebookにも掲載されています。
https://www.facebook.com/pancanjapan/

◎パンキャンジャパンを応援してくださる方は、この記事に「いいね」をお願いいたします。
【NET・神経内分泌腫瘍の最新記事】

Posted by 眞島 at 04:59 | NET・神経内分泌腫瘍 | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/pancan/archive/12

コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

パンキャンジャパンさんの画像
https://blog.canpan.info/pancan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/pancan/index2_0.xml