CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年02月18日

文化庁メディア芸術祭

文化庁メディア芸術祭
2011年2月2日〜13日
国立新美術館

今年も行ってきました。
12日(土)でしたが、すごい人ですね。
無料でこんな面白い企画展が見られるなんて!

でも、すごい人なので、ゆっくり鑑賞できないのが残念です。
特に映像作品はじっくり見ることが出来ず。
やっぱり平日に行かないといけませんね。

あまりじっくり見ることができませんでしたが、映像作品は面白いですね。
ほんと、映像でいろんなことができるんですね〜。

こういうの、ネットでも簡単に見れるようになるといいですね。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2011年02月17日

1,2,3:すずらん福祉園のX'masオーナメント

「1,2,3」キャンペーンでご紹介いただいたものを紹介していきます。
しかも、2009年のものがまだ紹介しきれていなかったので、まずは2009年の続きからです。

今日はこちら。



前回に引き続き、ブログ「黒ひげとなぎさっちの業務日報」でご紹介いただいたものです。
1,2,3で、施設商品!

北海道にある(福)平取福祉会が運営する「すずらん福祉園」のX'masオーナメントです。
※もしかすると、間違っているかもしれません。

クリスマス用のオーナメントです。



こちらは、絵合わせですね。

いい感じです。

詳しはブログ「黒ひげとなぎさっちの業務日報」をご覧ください。
http://ameblo.jp/togethershop/entry-10402419584.html

【お問合せ先】
(福)平取福祉会/すずらん福祉園
北海道沙流郡平取町振内町97−1
TEL 01457−3−3676

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

ビッグイシュー156号

ビッグイシュー156号
ビッグイシュー発行



今号も読ませますね!

イギリスの犯罪者による絵画展。
囚人が制作した絵画を、犯罪被害者が作品を選抜した展覧会だそうです。
刑務所でのアート活動で、受刑者の自省を促したり、刑期終了後の職業訓練になったり、参考になります。

特集は「12月、12の贈りもの」です。
12のショートストリーやエッセーなど。
ビッグイシューのお馴染みの人を中心とした作品で、心温まる内容です。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2011年02月16日

明晴学園の取り組み:「小指のおかあさん」

ステキな本をご紹介します!

今日から販売されているということで、まだ読んでいませんが、早く読んでみたいですね。

NPOバイリンガル・バイカルチュラルろう教育センターの取り組みとか、あの明晴学園(★ろう児の言葉は日本手話!書記日本語とのバイリンガル教育実践中!)のこととか、知りたい方はぜひどうぞ!


*****************************

「あきらめなければ夢はかなう」― 子どもたちに、そう伝えたい ―

聞こえない子を授かった聞こえる親が、ろう者と出会い、日本手話を知り、
悲しみの底から立ち上がり私立学校を設立するまでのノンフィクション!
汗と涙と笑いの感動ストーリー


『小指のおかあさん』玉田さとみ著(ポプラ社)1300円(税別)




「生まれたときから聞こえないから、聞こえないことがフツー。
私たちは不自由でも不幸でもない」

凛としたろう者の言葉に胸を打たれ、わが子を日本手話で育てる決心をしました。
ところが、ろう学校で待っていたのは、昭和8年から手話を禁止し、
聞こえない子を聞こえる者に近づける訓練の日々だったのです。

「ろう学校では、なぜ手話を使ってはいけないの?」
素朴な疑問の数々は不信感へと変わり、手話による教育を望む活動へと発展します。
しかし70年以上続いた教育界の壁は厚く、やがて構造改革特区で学校設立を目指すことに。
その道のりは、果てしない壁の連続でした。
「ろう児が手話で学べる学校を創りたい」「ぼくたちの未来を応援してください」
ろう児と親たちの切実な呼びかけと行動が、多くの人の心に届き、
その支援の輪によって壁が次々に壊れて行きます。
集まった寄付金は総額約1億1千万円。

そしてついに、「手話を学び・手話で学ぶ」私立学校・明晴学園が誕生しました。
それは、ろう児とろう者と親、そして多くの支援者によって作られた日本一小さな夢の学校です。

詳しくは https://blog.canpan.info/tamatama/archive/673

*****************************

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

1,2,3:堺みなみ作業所のX'masストラップ

「1,2,3」キャンペーンでご紹介いただいたものを紹介していきます。
しかも、2009年のものがまだ紹介しきれていなかったので、まずは2009年の続きからです。

今日はこちら。



前回に引き続き、ブログ「黒ひげとなぎさっちの業務日報」でご紹介いただいたものです。
1,2,3で、施設商品!

大阪府堺市にある(福)障友会が運営する「堺みなみ作業所」のX'masストラップです。

クリスマス用のストラップです。
これはかわいいですね〜。
サンタクローズとか、トナカイとか、雪だるまとか、かなり気になります。
他のものも見てみたいですね。


詳しはブログ「黒ひげとなぎさっちの業務日報」をご覧ください。
http://ameblo.jp/togethershop/entry-10402419584.html

【お問合せ先】
(福)障友会/堺みなみ作業所
大阪府堺市中区平井671-2
TEL:072-278-5681
URL:http://shoyukai.or.jp/

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

We are 宇宙兄弟vol.01

We are 宇宙兄弟 Vol.01
講談社MOOK(900円)



あのマンガ「宇宙兄弟」から生まれたムックです。
宇宙とヒトの素敵な関係マガジンです。

宇宙飛行士候補の兄ムッタと、宇宙飛行士の弟ヒビトの兄弟を主人公にした「宇宙兄弟」をさらに知るために、そして、宇宙や宇宙飛行士のことをもっと詳しく知るために、おススメの一冊です。

日本の宇宙飛行士やロケット開発、宇宙服開発のことなど、知らないことばかりですごく面白いです。
いや〜、勉強になりますね。

他にも、宇宙をテーマにしたマンガも掲載されていたり、面白いですね。

そうそう、辻村深月さんの書き下ろしの短編小説が掲載されていますが、ステキな作品です。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2011年02月15日

1,2,3:堺あけぼの園のサンタクロース壁掛け

今日は千葉で、とある会議に参加していました。
詳しくは3月5日(土)までお待ちください!

さて、「1,2,3」キャンペーンでご紹介いただいたものを紹介していきます。
しかも、2009年のものがまだ紹介しきれていなかったので、まずは2009年の続きからです。

今日はこちら。


ブログ「黒ひげとなぎさっちの業務日報」でご紹介いただいたものです。
1,2,3で、施設商品!

大阪府堺市にある(福)堺あけぼの福祉会が運営する「堺あけぼの園」のサンタクロース壁掛けです。

おっきなサンタクロースがかわいいですね〜。
下のプレゼンや雪だるまのアクセサリーもステキ。

かなり気になります。

詳しはブログ「黒ひげとなぎさっちの業務日報」をご覧ください。
http://ameblo.jp/togethershop/entry-10402419584.html

【お問合せ先】
(福)堺あけぼの福祉会/堺あけぼの園
大阪府堺市南区御池台5-2-6
TEL:072-292-9002
http://care-net.biz/27/sakaiakebono/

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

JOINT No.5

JOINT No.5
特集:信頼と協働のアジアへ
トヨタ財団



トヨタ財団発行の広報誌「JOINT」です。
今回の特集は「信頼と協働のアジアへ」。

トヨタ財団の助成プログラム「アジア隣人プログラム」に関連する特集ですね。
助成プラグラムのデザイン設計にもつながることですが、こういう振り返りはとても参考になります。
申請者側からみて、助成プログラムがどのように設計されているのかがよくわかりますね。
ぜひ、トヨタ財団に申請を考えている方はこういった広報誌もしっかり目を通しておくと参考になります。

また、トヨタ財団のプログラムオフィサーが実際にカンボジアの活動地を訪問している訪問記が掲載されていますが、助成事業がどのように実施されているのかわかりやすくまとめられています。
こんな感じで、本当は一つ一つの助成事業が紹介できるといいのですが、その辺は助成財団の悩みですね。

あと、国内の助成事業で、秋田のしょっつるなどの魚醤(ぎょしょう)の取り組みをされている、杉山秀樹さんのインタビュー記事が掲載されています。
このインタビュー記事が熱いです!
地域でこういう人がいて、日本の伝統文化や街づくり、産業が支えられているんですね。
勉強になります!

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2011年02月14日

1,2,3:無花果(いちじく)のパウンドケーキ

東京は雪です。

「1,2,3」キャンペーンでご紹介いただいたものを紹介していきます。
しかも、2009年のものがまだ紹介しきれていなかったので、まずは2009年の続きからです。

それでは、こちら。



ブログ「ヨーモニーの今日もイッちゃうヨ〜」でご紹介いただいたものです。
『1,2,3で、施設商品!』キャンペーン

NPO法人Togetherのオンラインショップで購入することが出来、無花果(いちじく)のパウンドケーキ(1500円)です。

美味しそうですよね〜。



ぜひ、これは食べてみたい!


詳しくは、ブログ「ヨーモニーの今日もイッちゃうヨ〜」の紹介記事をご覧ください。
http://ameblo.jp/t-dasullar/entry-10402410397.html

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

のんびる2月号

のんびる2月号
パルシステム・セカンドリーグ 発行

特集は「コトバを越えて、地域の絆づくり〜外国人も日本人も共に暮らせる社会を」です。

神奈川・横浜の「多文化まちづくり工房」や、東京・三鷹の「ピナット子ども日本語・学習支援教室」、埼玉・ふじみ野の「ふじみの国際交流センター」、埼玉・和光の「わこう育てネットワーク」の活動が紹介されています。

いや〜、本当にいろいろな活動があるんですね。
記事を読んでいても、本当にその地域の状況やニーズに応じて、それぞれの活動が発展・展開されているんですよね。

多文化や共生などの活動を知る上でも、とても勉強になりました。

のんびる、相変わらず、いい雑誌ですね!
本当に参考になる団体・活動がいろいろ掲載されています。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ