CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年10月07日

1,2,3:あさひの田舎みそ

今日はお休みをいただいて、家で休養。
なかなか風邪がよくならないですね。

さて、今日は、昨年12月の「1,2,3で施設商品」キャンペーンからのご紹介です。


あさひ作業所の田舎みそ



広島県竹原市にある、(福)あさひが運営する「あさひ作業所」の製品です。

あさひ作業所の一押しの「田舎味噌」だそうです!

この味噌は、あさひ作業所のある竹原市田万里町の女性会に教わりながら、作ったものだそうです。

さらに、あさひ作業所で作った大豆を使用してて、
米は、広島県河内産を使っている、
地産地消で、かつ地元の製法のみそですよ!

そして、写真のパンダのキャラクターは、
竹原市障害者自立支援協議会の
ゆるキャラ「かぐやパンダ」だそうです。
いいですね〜。

値段:1キロ650円 500グラム380円


ネットでも販売しているそうですが、現時点では売り切れでした。
かぐやパンダネットショップ


詳しくは、1,2,3の紹介記事です。
アサヒ通信 あさひ作業所商品紹介

ご紹介いただいた、あさひ作業所のみなさん、どうもありがとうございました!

【お問合せ先】
(福)あさひ/あさひ作業所
広島県竹原市田万里町1241
TEL:0846-29-2289 FAX:0846-29-2289
URL:http://park18.wakwak.com/~asahisagyosho/1/index.html

山田泰久

2010年10月05日

尾道といえば、「瑠璃の屋形」

NHKの朝の連ドラ。
「ゲゲゲの女房」が終わった後の「てっぱん」もいいですね!

そして、「てっぱん」といえば、広島・尾道。
尾道のおススメスポットを以前教えていただきました。


「瑠璃の屋形」

瑠璃の屋形も『1,2,3で、施設商品!』キャンペーンに参加をさせて頂くことになりました。当事業所で扱っている商品の一部の紹介をさせて頂きます。


同法人が運営をしている、やまと事業所で作っているクッキーです。一つ一つが手作りです。直売市でも好評を頂いています。



当事業所で作っている天然酵母パンです。イースト菌で作るパンとは違い、風味もよく味わい深いパンです。材料にもこだわっており、国産小麦粉のみを使用しています。



当事業所が大変お世話になっているマルシマ様の商品です(直売市で販売をしています)。健康食品等を取り扱っている会社で当事業所の天然酵母パンも卸させて頂いています。



店内の様子です。季節の蔬菜が並んでします。この時期は白菜・小松菜・水菜・キャベツ・れんこん・さつまいも等たくさんの野菜が入荷します。


【お問合せ先】
住 所  広島県尾道市久保町92−2
電 話  0848-37-6040  FAX 0848-37-1342
メール  rurinoyakata@o-nozomi.or.jp(メールでの連絡がありがたいです)



こちらは、昨年実施した、「1,2,3で施設商品」キャンペーンでご参加いただいたブログからの紹介です。
尾道のぞみ会
事業の紹介

尾道観光の際には、ぜひ「瑠璃の屋形」にどうぞ。

山田泰久

「公共の未来」を創発するチャンジアップ・プロジェクト始動!

山田もお手伝いをさせていただいている「iSB公共未来塾」。
「公共の未来」を担う人材、団体を育成するものです。

今回、第2期の受講生を募集中です。
お知らせがすっかり遅くなってしまいましたが、10月8日が応募の締め切りです。
障害者福祉などでの活動も対象になっていますので、ご興味のある方はぜひご応募ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        Public2.0 時代の社会起業塾
「公共の未来」を創発するチャンジアップ・プロジェクト始動!

     「iSB公共未来塾」 第2期 受講生募集!!
           http://i-sb.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■メッセージ >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「iSB 公共未来塾」は、塾に集まる人の輪によって、
「公共の未来」を切り拓く社会的企業を生み出し、
共に育て上げていく、新しいタイプのビジネススクールです。

地域社会の様々な課題解決に向けて、どのような事業を
創り出し、どのように育て上げていくべきか。

私たちは、そのような問いを持つ方々の参加を歓迎します。

社会的なミッションと事業性の両立を図りながら、地域を、
日本を、より豊かさの実感できる社会へと変えていきたい。


私たちは「iSB 公共未来塾」をそのような想いと行動力を
持った方々が集う場にしていきたいと考えています。


このプロジェクトを通じて、たくさんの新しい仲間や同志たち
との出会いに恵まれることを、心から楽しみにしています。


         社会的企業育成コンソーシアム 一同


※本プロジェクトは内閣府の地域社会雇用創造事業として、
社会的企業育成コンソーシアムが運営する社会的企業育成
支援基金により実施しています。


■事業の概要 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


 【A.研修プログラム】×【B.社会起業プランコンペ】
事業期間は2年間で、Aは6期、Bは4クールの実施を予定
しております。


【研修プログラム】を通じて1200名の塾生が集います。


【研修プログラム】を経て、そのチカラで、180以上の
社会的企業(プロジェクト)を生み出します。



■研修プログラム >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
詳細はこちらをご覧ください。
http://i-sb.org/program/program_outline/
※東京事務局 第2期募集をご覧ください。

・社会起業家、社会的企業のリーダー人材・スタッフ人材、
 社会的企業の支援に取り組む方、これらを目指す方
   ↓
・「高齢者福祉」「若者自立支援」「商店街活性化」など、
 テーマ別に実績ある社会起業家がプログラムをサポート
※第2期のテーマは、「起業支援・産業振興」「子育て支援」
「情報・メディア」「脆弱階層に対する生活支援・生活保護」
です。
   ↓
・講義+演習+インターンシップ(またはプロボノ活動)
 などのプログラムから180単位を取得
   ↓
・社会起業プランなどを作成・提出 → 研修終了


■社会起業プラン・コンペ >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


・ビジネスプランの応募
   ↓
・コーディネーターが社会起業プランの策定をサポート
   ↓
・審査会でのプレゼンテーション
   ↓ 合格
・起業支援金(50万円前後〜最大500万円、総額2.5億円)
 を支給
   ↓ 支援計画に基づき起業までをトータルサポート
社会的企業の創業


※プロジェクトの詳細については http://i-sb.org/ をご覧頂くか、
下記事務局までお問い合わせ下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東京事務局
株式会社地域協働推進機構
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11 co-lab4F
TEL:03-5843-6721 FAX:03-5843-6722
担当:蔭山、田中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年10月04日

広島出張

今日は、広島で地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクトの会議でした。

山田も助成機関の立場からNPOの情報発信について、説明をさせていただきました。


地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクト・中国ブロック会議2010
「情報開示で分けられるNPO」
日時:2010年10月4日(月)13:00〜17:00
場所:ひろしまNPOセンター

全国・中国地方の公益ポータル・助成団体の現状を知る!
@日本財団が情報開示を重視する理由とその効果
   講師:日本財団CANPAN 山田泰久さん

A「助成する側が求める情報開示〜中国地方の助成団体から〜」<事例報告>
   永松貴文さん(財団法人マツダ財団 事務局長代理)
   佐々木忠さん(社会福祉法人広島県共同募金会 事務局次長)

B中国地方の公益ポータルサイトの今!〜運用状況と課題〜」<事例報告>
   「だんだん」 財団法人ふるさと島根定住財団」(島根県)
   「NPOkayama」 NPO法人岡山NPOセンター(岡山県)
   「もみじコミュニティ」 NPO法人ひろしまNPOセンター(広島県)
   「はなえる」やまぐち公益ポータルネットワーク(山口県)


セミナーの様子はこちら。
https://blog.canpan.info/c-koza/archive/183

2010年10月03日

瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック
〜アートをめぐる旅・完全ガイド
美術手帖増刊




7月から10月まで開催されている、あの瀬戸内国際芸術祭2010のガイドブックです!
直島を中心に、豊島、犬島、女木島、男木島、大島、小豆島、そして高松で開催されているものです。

この芸術祭のために、島の中にアート作品が展示されたりしているそうで、現代アート好きにはたまらない内容です。
その全貌のガイドブックなので、アートを知る参考書としてもおもしろいですね。
島の生活や風土の中で展示されるアートピース。

現地に行って見たいものです。
直島の家プロジェクトも新作があるようでぜひ行ってみたいですね。

こういう大規模な美術展はちゃんと予習して行かないと、見たい作品を見逃してしまいそうですww

これから瀬戸内国際芸術祭2010に行かれる方はぜひ必読、必携の一冊ですね。

※この文章は瀬戸内国際芸術祭に行く前に書きました。
実際、現地は多くの方が本書を持っていました。

Shop人にやさしく 山田泰久