CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年10月31日

1,2,3:どんぐり工房

今年も「1,2,3で施設商品」キャンペーンを行います!

昨年のキャンペーンの中からまだご紹介していないものをご紹介しています。
ということで、今日から【岡山】シリーズです。




こちらは、岡山県津山市にあるNPO法人どんぐりコロコロが運営する「どんぐり工房」の製品です。
団体のブログ「就労継続支援B型事業所どんぐり工房」でご紹介いただいたものです。
http://dokobo.jugem.jp/?eid=365






自由な発想で描いた一枚の布をエプロンにしたものや、

ジーンズの生地に好きな色を選んで織った布をつけたトイレットペーパー・ホルダー。

牛乳パックのリサイクル紙で作った手漉きの紙など。


どんぐり工房では、織物や縫製、紙すきなど、いろんなことを行っているそうです。
そこから1点モノのステキな製品が生まれています!

実際の商品、ぜひぜひ見てみたいですね。

他にも、どんぐり工房のブログでは、いろいろな商品がありますので、ぜひブログもご覧ください。
作品紹介


【お問合せ先】
NPO法人どんぐりコロコロ/どんぐり工房
岡山県津山市下高倉西1823-1
TEL:0868-29-0012 FAX:020-4662-3052
URL:http://dokobo.jugem.jp/

Shop人にやさしく 山田泰久

Mt.Fuji

Mt.Fuji
石川直樹写真集




世界各地を冒険する写真家石川直樹さんの写真集です。
今回は世界ではなく、日本です。
そして富士山!

「登る山ではなく、見る山」とも言われる富士山を登る山として撮影した作品集です。

そこには、だれもが持っている遠くから眺める富士山のイメージではなく、荒々しい黒い地肌や、積雪した広漠とした富士山があります。
いくつかの企画展でプリント作品を見たことがありますが、いいです。
自分が持っているイメージを壊してくれて、新たに発見する作品です。富士山、登ってみたくなりました。

Shop人にやさしく 山田泰久

打ち水大作戦のデザイン

打ち水大作戦のデザイン
打ち水大作戦本部・編
毎日新聞社・発行




先日のファンドレイジングセミナーに参加した時にいただいた本です。
その時の講師のデザイナーの池田正昭さんが、打ち水大作戦本部の作戦部長です。
そして、この本のディレクションもされています。

2003年に開始された打ち水大作戦。
2009年の打ち水大作戦の直前にこの本が出版され、03〜08年の取り組みが紹介されています。

打ち水大作戦をデザインの視点から紹介しているのが、面白い。
グラフィックデザインなどの話しだけではなく、あらゆる面をデザインしてきたかの軌跡が描かれています。

打ち水大作戦の本であるとともに、ソーシャルデザインの本でもあります。
打ち水で温度を下げるというだけではなく、地域や人々を巻き込んだ取り組みにして、
さらに打ち水が当たり前のことになるようにしていくのかということを
デザインしてきたのがわかりやすくまとめられていて、オススメ!



山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2010年10月28日

生活とあそびで育つ子どもたち〜河添理論の保育実践〜

生活とあそびで育つ子どもたち〜河添理論の保育実践〜
今井寿美枝・編
大月書店




群馬県前橋市にある、児童デイサービス・チャイルドハウスゆうゆうの取り組みからの実践をまとめたものです。

眠ることの大切さ、食べることの大切さ、日中に笑顔で向かい合う楽しい遊びの大切さを守るという、河添理論。
「チャイルドハウスゆうゆう」に通園する子どもたちはこの河添理論にそって生活することによって成長がなされるそうです。

体力をつけて、いろんな感覚を身につけて、理論の実践からの事例が紹介されています。
とてもわかりやすい内容となっています。その理論と事例をぜひ本書でどうぞ!

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

1,2,3:生シイタケなど

今年も「1,2,3で施設商品」キャンペーンを行います!

昨年のキャンペーンの中からまだご紹介していないものをご紹介しています。
ということで、今日は【鳥取】シリーズの続きです。



今回も「鳥取市ボランティア・市民活動センターBlog」でご紹介いただい商品です。
https://blog.canpan.info/tvc/archive/29

鳥取市にある(特)就労支援センター和貴の郷の生シイタケです。
すごく美味しそうですね。
大きさもすごい!

そして、もう一つ。


桑の茶だそうです。
桑の葉を摘んで乾燥させ、その後燻して手もみして、という手間暇を掛けた商品です!

和貴の郷、なかなかの商品がありますね〜。

詳しくは、鳥取市ボランティア・市民活動センターBlogをご覧ください!
『1,2,3で、施設商品!』


【お問合せ先】
(特)就労支援センター和貴の郷
〒680-1241 鳥取県鳥取市河原町長瀬61-11
TEL:0858-85-3738/FAX:0858-85-3739
URL:http://www.wakinosato.jp/


Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2010年10月27日

山田と行く、全国の逸品味めぐりツアーin秋葉原

今週末、東京・秋葉原でこんなステキなイベントがあります!
今から、ワクワクしてきますね。

どんなステキな施設商品に出会えるのでしょうか!

ということで、こんな企画を考えてみました(笑)

山田と行く、全国の逸品味めぐりツアーin秋葉原
〜〜〜
全国200カ所以上の福祉施設を訪問し、500か所以上の施設商品をブログで紹介した「施設商品ソムリエ」の山田がナイスハートバザールin東京で、会場を案内しながら、お薦めの商品とおススメ施設の、”あの人”を紹介いたします!
オプションで、真心絶品部長の伊藤から、真心絶品の秘密を聞く会も開催!!
〜〜〜

ということで、10月30日(土)11:30に会場内の真心絶品コーナー前で待ち合わせて、みなさんにいろんな商品や、山田が知っている福祉施設のあの方々をご紹介いたします。
参加希望の方は山田までご一報ください!!
【お問合せ】
ya_yamada@ps.nippon-foundation.or.jp




==========================
ナイスハートバザールin東京のご紹介(10/29-30)
==========================

毎年、全国2,3ヶ所で開催されている「ナイスハートバザール」
今年は、10月29日(金)〜30日(土)の東京・秋葉原で開催!

ナイスハートバザールは全国の障害福祉サービス事業所の
製品の展示販売・PRを行うためのイベントです。

今回は、日本財団がすすめる「真心絶品」も出店します!
http://www.magokoro-zeppin.com/
いつもはネットでしか見れない真心絶品の逸品を実際に見て、
その場で購入できます。

その他、厚生労働省事業の「至福のお届け」好事例発表、
展示・即売会も同時開催されます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000tl4j.html

全国の福祉施設商品の中から、選りすぐりの商品を見て、
購入できるチャンスです。
ぜひ足をお運びください。

日時: 2010年10月29日(金)12:00〜19:00
10月30日(土)11:00〜17:00
会場: ベルサール秋葉原(東京都千代田区外神田3-12-8‎)
主催: 38道府県
共催: 日本財団、社会福祉法人全国社会福祉協議会 他
内容: 「真心絶品」「至福のお届け」「ナイスハートバザール」
展示・即売会

==========================


Shop人にやさしく 山田泰久

2010年10月26日

Yuki Onodera

Yuki Onodera
オノデラユキ
淡交社




先日の東京都写真美術館の個展に行った際に購入しました。

パリを拠点に活動を行っているアーティストのオノデラユキさんの初期から最新シリーズまで、全18シリーズを網羅した作品集です。
一言、すごいですね。

オノデラユキさんのアートワークの全貌を知ることが出来ます。
見ているだけで、なんかワクワク、そわそわしてきます。
また、本ではなく、実際の作品を大きな写真でみたいですね。
ほんと、写真家という言葉だけではくくれない、作品がそこにあります。

オススメは、Transvestシリーズです。
様々な人間のシルエットで構成され、その中に様々なイメージの断片が詰め込まれています。
これこそ、実際の作品で味わってもらいたいものです。
オノデラユキさんの作品、見る機会があれば本当にオススメです!

Shop人にやさしく 山田泰久

1,2,3:まちの広場ののなファクトリー

今年も「1,2,3で施設商品」キャンペーンを行います!

昨年のキャンペーンの中からまだご紹介していないものをご紹介しています。
ということで、今日は【鳥取】シリーズです。



ブログ「鳥取市ボランティア・市民活動センターBlog」でご紹介いただきました。
https://blog.canpan.info/tvc/archive/30

鳥取県鳥取市にある、NPO法人鳥取青少年ピアサポートが運営する「まちの広場ののなファクトリー」の商品です。

写真はブログで紹介してくれたお薦めのパン、とうふパン、クロワッサン、お米ロール!
本当に美味しそうですよね〜。
ボラセンに出張販売に来てくれるそうで、職場のみなさんもリピーター続出だそうです。

そして、こちらはその場でパンを食べることもできる、カフェです。




ステキなカフェですよね!
実はこのブログの紹介記事を見て、昨年12月に鳥取を訪問した時に、お店にも行ってみました。

鳥取のみなさん、おススメですよ☆

詳しい情報は、ブログ「鳥取市ボランティア・市民活動センターBlog」をご覧ください。
『1,2,3で、施設商品!』A

【お問合せ先】
(特)鳥取青少年ピアサポート/まちの広場ののなファクトリー
鳥取県鳥取市西品治863−1
TEL:0857-30-1201/FAX:0857-30-1202
URL:http://nonona.org/

パンカフェののな
鳥取県鳥取市薬師町46-3
TEL :0857-21-3260
営業時間:9時〜19時 ※月曜日は9時〜18時
定 休 日 :日曜日

Shop人にやさしく 山田泰久

2010年10月25日

震災のためにデザインは何が可能か

震災のためにデザインは何が可能か
hakuhodo+design/studio-L
NTT出版




本書は2008年7月から2009年3月までに実施された「震災+designプロジェクト」の記録をまとめたものです。
震災時の避難生活を救うデザインアイデアが紹介されています。

しかも本書は単なるプロダクトのデザインではなく、避難所での生活の課題を考えるところからアプローチが始まり、その解決のために幅広い意味でのデザインアイデアになっています。

全国の大学・大学院生による、コンペワークで集められたもので、面白く、参考になります。
災害が発生することを想定して、学校の周りを食べられる食物を用意しておくのはおもしろい。
街路樹に果物の木を植えたり、ビオトープで食べられる魚を育てたり。

他にもいろんなデザインアイデアがありますが、どれもが避難所生活での課題を教えてくれるものになっています。

デザインに関する考え方の整理も掲載されており、広くデザインについて考えることができる内容になっています。
これは非常にいいですね。

ソーシャルデザインの具体的なアイデアを知りつつ、デザインの可能性を知る一冊です。
Shop人にやさしく 山田泰久

1,2,3:ぽんぽん船のクッキー

今年も「1,2,3で施設商品」キャンペーンを行います!

昨年のキャンペーンの中からまだご紹介していないものをご紹介しています。
ということで、【島根】シリーズから、こちら。



今日もブログ「だんだんのGood News」からのご紹介です。
https://blog.canpan.info/ooe/archive/18


島根県出雲市にある、NPO法人ぽんぽん船のクッキーです!
山田も前にご紹介したことがありますが、美味しい、面白い形のクッキーですよね。



クッキーなのに、ハニワですよ、ふふふ。



そして、みそ味のクッキーなんかもあったり!




お店の中は、こんなディスプレイになっているそうです。
スゴイ!!

詳しくはブログ「だんだんのGood News」の紹介記事をごらんくださいね。

【123で施設商品!】NPO法人ぽんぽん船

お問い合わせ】
NPO法人ぽんぽん船
島根県出雲市多伎町多岐892-7
TEL:0853-86-7022 FAX:0853-86-7023

Shop人にやさしく 山田泰久