CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年07月31日

伊勢参り

今日はお伊勢参りに行って来ました!


といっても、東京国立博物館の「伊勢神宮展」ですが。
でも赤福も販売していてお伊勢参り気分は十分です((笑))。

「ジョイント」創刊号

トヨタ財団広報誌「ジョイント」創刊号
トヨタ財団・発行
【特集】地域社会の仕組みづくり



職場にいろいろな団体から広報誌などを送っていただきますが、今回初めて送っていただいたのが、トヨタ財団の広報誌JOINT[ジョイント]の創刊号です。
創刊号なので、文字通り、初めてというわけです。

ちなみに、トヨタ財団はいわゆる同業他社。
日本財団と同様に、助成金という資金援助で、国内外の公益活動を広く支援している助成財団です。

同じような仕事をしている他の団体の広報誌を読むのは、結構面白いですね!
助成財団でも、その団体によってカラーが違うので、参考になります。
特に、トヨタ財団の助成プログラム「地域社会プログラム」に関連した特集で、その狙いやコンセプトなどもわかって、トヨタ財団に助成金申請する方には必読です。
山田のトヨタ財団の助成プログラムのイメージでは、助成先団体とトヨタ財団が密に連携して事業を作り上げ、実施してていく感じですね。

あと、今回の記事の中で面白かったのは、「温故知新」です。
これは、過去の助成プログラムで実施してきたプロジェクトが現在どのようになって、直近ではわかりにくい成果がどのようになっているのかというのを団体を訪問してインタビュー記事にまとめたものです。
この取り組み、新しいですね!
今やっている事業や1年前くらいに終了した事業を取り上げるケースがほとんどですが、過去の、それも20年前の助成事業の成果がどうなっているのかを見に行くなんて、ステキな取り組みです。過去を振り返って、そこに新しい芽生えを見る、まさに「温故知新」ですね。

もう一つ、助成先団体の方が違う助成先団体を訪問して事業の参考にするという記事もなかなかいいですね。
山田も福祉チーム時代に助成先団体のネットワークや連携を推進するようなことを少しだけ手がけましたが、これからの助成財団に求められるのはこういったつながりをどう作っていくかです。
そういった意味では、広報誌で助成先団体同士が交流する仕掛けを作って、訪問していただいた人に記事を書いてもらうというのは面白いですね。
いろいろ参考になりました。

次の『JOINT[ジョイント]』も楽しみにしています!
こちらのページから、定期送付のお願いもできますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。

Book人にやさしく 山田泰久

2009年07月30日

がじまる???

岡山ですごいお菓子を見つけてしまいました。
それがこちら



岡山市にある、NPO法人青い鳥が運営する「CAFÉ GALLERYがじまる」の手作りせんべい「わらじ割れせん」です。
どうですか、この迫力!
ほんと、わらじのような形と大きさですね。
写真だと他との比較がないのでわかりにくいですが、本当に靴サイズです。



味のほうは、黒砂糖で甘めのコーティング。黒くツヤツヤしていますね。
おせんべいを割りながら食べるこの感じが新しいです。
お味はほっこりさせる甘さでいいです。

「がじまる」のお薦めはこれだけではありません。
海鮮風味の手作りせんべいもいろいろあります。
こちらは、ふぐ。


こちらは、いかしょうゆ。


他にも、たこや・・・などもあります。
ふぐやたこの味わいが、食べる手がなかなか止まりません。
くせになる味ですね。
これはなかなかです。



気になった方は、こちらまでお問い合わせください。
【お問い合わせ先】
NPO法人青い鳥/CAFÉ GALLERY がじまる
岡山県岡山市奉還町2−4−17
TEL:086−254-0238 FAX:086−252-2544
URL:http://www.gajimarukijimuna.com/

研修会「販促と工賃アップへの道筋がはっきり見える!」のご案内

皆様にご紹介するのがすっかり遅くなってしまいましたが、今度、関東社会就労センター協議会・研修会で、施設商品に関する講師をさせていただくことになりました。
詳細は、以下の通りです。
まだ若干の空きがあるそうです。
ご興味のある方がいらっしゃいましたら添付資料のお問合せ先(関東社会就労センター協議会事務局 栃木県社会福祉協議会)まで、お問合せしてみてください。
※セルプ協会員以外の方もご参加できるかどうかはお問合せください。


「販促と工賃アップへの道筋がはっきり見える!」

関東社会就労センター協議会が、授産事業・就労継続支援事業A型B型のサービス管理責任者の方や現場リーダーのみなさまのキャリアアップのために企画する「平成21年度研修会シリーズ」の第一弾です。

今回のテーマは「お客様が『ください!』と自ら手を差し出すようになるための」販促と工賃アップへの道筋がはっきり見える!研修会です。
私たちが、自立を目指す障害をもつ方々へ向けて「十分な工賃を支払える能力を身につける」ために、どのような行動をすればよいのかをできるだけ分かりやすく考える研修会です。

また日本財団システム統括グループ情報コミュニケーションチームの山田泰久氏を特別講師に迎えて「『いい施設』の共通点とユニークな取り組み〜工賃アップと新規事業のヒント〜」をレクチャーしていただきます。
その斬新な視点は明日からの改善エネルギーを生み出します。

施設・事業所のサービス管理責任者や現場リーダー・営業担当者にとって必要な内容構成としました。また今回は、とくに施設の商品づくりとマーケティングを通じた工賃アップへの取り組みを担当者任せにしない責任感のある施設長・管理者の方も対象とします。ぜひご参加ください。

あなた自身のキャリアアップに必ず役立つ研修会です。この研修の機会を活かすかどうか決めるのはあなた! 人は、自分のスキルアップを実感してこそ幸せになれるのです。
今までのこと、過去のことは問われません。これから5年後に向けた「今日の」勉強の姿勢こそが問われるのです。今スグに参加を申し込んでください!

主催:関東社会就労センター協議会
協力:全国社会就労センター協議会

日時:平成21年8月18日(火)9:30〜16:00
会場:全社協5F会議室 (東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビル5F)

募集:定員130名(先着順)

参加負担金:4,000円(昼食弁当・お茶ペット付き)

※詳細は、添付資料をご覧ください。


Shop人にやさしく 山田泰久

2009年07月29日

マカロニのお菓子

夏といえば、サマータイム。
山田も個人的にサマータイムを導入しています。
なので、朝も結構早くに起きてます。通勤も暑くなる前なので、ちょっとだけ快適です。

先日の岡山出張。
ステキなマカロニを見つけました!
こちらがそのマカロニですよ。





岡山市にある(福)ももぞの学園が運営するももぞの福祉園の製品「う・まかろにちゃん」です。
生姜風味で、ちょっと甘めの味わいです。
マカロニの焼き菓子です。
マカロニの形で、こんな焼き菓子があるんですね、これはなかなかのアイデア商品です。
サクッとした軽い食感で、不思議な味わいです。

他にも、こんな豆の焼き菓子やお米のポン菓子などもあります。





豆の焼き菓子は、ちょっと塩味で、お茶うけにも、お酒のおつまみにもよさそう。
カリッとした食感がまたマカロニと対照的ですね。
気になった方は、ぜひお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
(福)ももぞの学園/ももぞの福祉園
岡山県岡山市足守1784−6
TEL:086−299-0630

2009年07月28日

ビッグイシュー122号

ビッグイシュー122号
特集:ドラマなき日常を生きる 僕らの演劇生活



今号のスペシャルインタビューは、「はらぺこあおむし」の作者エリック・カールさんです。
「はらぺこあおむし」の絵本、読んだことがありますか?
誕生から40周年を迎えたそうです。

山田は残念ながら子どもの頃、読んだことがありませんでした。5歳のころは、出版されてから10年で、まだ日本で出版されていなかったかもしれませんね。
でも、今は絵本コーナーに行くと必ず置いてありますよね。
エリック・カールさんの人生や「はらぺこあおむし」の創作の秘密まで、コンパクトなインタビュー記事でありながら知ることができ、ちょっと感動です。

そして、特集は「演劇」です。
ビッグイシューらしく、いろんな特集があって面白いですね。
30代半ばの演劇家・演出家が活躍されているそうです。同世代ですね。
演劇についてはほとんど知らないので、興味深く読むことができました。

Book人にやさしく 山田泰久

ももっち焼き

昨日の深夜、東京はスコールのようなすごい雨でしたね。

さて、今回の商品は、先日の岡山県倉敷市のセミナーでお世話になりました、「くらしきパートナーシップ推進ひろば」の方にご紹介いただいたものです!



倉敷市にある「倉敷夢工房」のももっち焼きです。
ももっちとは、少し前に開催された岡山国体のマスコットキャラクターだそうです。
桃太郎をイメージしています。



ももっち型の大判焼き(今川焼)です。
中は、つぶあんに、カスタード、クランチチョコ。
他に季節商品としていろんなクリームがあります。
白桃チーズケーキ、塩キャラメル、マンゴープリンなどなど。
1個80円です。



ちなみに、定番商品のつぶあんと、カスタードには秘密があります。
食べてからのお楽しみということで、その秘密は内緒にしておきますが、名前がヒントです!

岡山のお土産としていかがですか。

【お問合わせ先】
倉敷夢工房2号店
岡山県倉敷市船倉町1284
TEL/FAX:086-427-5445

Shop人にやさしく 山田泰久

情報発信のためのブログ講座@兵庫・伊丹

先週の日曜日(7/26)は、兵庫県伊丹市でCANPANブログ講座でした。

〜ボランティア団体・市民団体〜情報発信のためのブログ講座
2009年7月26日(日)10:00〜17:00
伊丹市立産業・情報センター 情報セミナー室
主催:伊丹市立市民まちづくりプラザ

伊丹市内で、NPO活動、市民活動を行っているみなさんが参加されました。
計24名の方がご参加いただきました!

その講座の様子や、開設していただいたブログをこちらでご紹介しています。
https://blog.canpan.info/c-koza/archive/31

お時間があればぜひご覧ください。

Shop人にやさしく 山田泰久

2009年07月26日

伊丹から

東京にこれから戻ります!

2009年07月25日

HIP「第1回パワーブレスト」

ただ今、兵庫・伊丹です。
今日は、東京でHIPが主催するセミナーに参加して、夜から出張です。

ということで、出張先のホテルで特にすることもないので、早速、本日のHIPのセミナーのメモを作成しました。

HIP(ハンディのある人を対象にしたビジネス研究会)「第1回パワーブレスト」
2009年7月25日(土) 10:00〜17:00 グロービズ東京(麹町)

※HIPは、ビジネス大学院卒業生・在校生が立ち上げた組織。現在、施設商品に関してドロップシッピングに関する調査研究や、千葉県の工賃倍増計画の支援などを行っている。

午前(10:00〜12:45) HIPセミナー
10:00〜 フェアトレードについて (HIP樋川さん)
11:00〜 施設商品に関する最近の傾向 (日本財団 山田)
参加者:HIPメンバー他 計6名



午後(14:00〜17:00) 第1回「パワーブレスト」
ちばチャレンジプランとの連携(ワークショップ)。千葉県授産振興センターとの協働。
14:00〜14:30 導入
※パワーブレスト・イントロ講演として、山田が15分ほど、これまで見てきて感じたこと、考えたことを説明。
14:30〜16:15 パワーブレスト(×2回)
16:15〜17:00 グループ発表
参加者:千葉県内の福祉施設関係者、HIPメンバー等約20名



山田も講師として参加しましたので、その資料も含めて詳細はこちらへどうぞ。
続きを読む・・・