CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年02月28日

滋賀のラスク

この間参加した「第12回地域サロン・宅老所・グループホーム全国交流フォーラム」の会場で出展していた滋賀県内の福祉施設の合同バザーで見つけたラスクです。



滋賀県栗東市にある社会福祉法人パレット・ミルの商品です。
写真のものはシナモン味。
他にも抹茶やコーヒーなどいろいろな味がありました。



会場でこの写真を撮った後、早速、試食してみました。
カリッとした食感の後に、すぐに口の中に広がるシナモンの風味。
手作りのラスクは、カリカリの食パンと、砂糖の甘さと、シナモンのスパイシーさ。素朴な味わいがいいですね〜。
ちょっとお腹がすいた時に、おやつとしていいかも。


他にも、いろいろなお菓子を作っているようです。
2枚目と3枚目の写真はこちらのページからお借りしました。
パレット・ミル所長の中山様のインタビュー記事が掲載されています。
滋賀ガイド

【お問合せ】
社会福祉法人パレット・ミル
滋賀県栗東市観音寺139
TEL:077-558-4500

Shop人にやさしく 山田泰久

2009年02月27日

「Je sensマガジン」、始めました。

密かに「Je sensマガジン」を始めました。

これは、福祉施設で作られている商品や、運営しているお店などをもっといろんな人に知ってもらおう、利用してもらおうという取り組みである「Je sensプロジェクト」に関する各種お知らせ、皆様からのステキな情報をご案内するためのものです。

授産品に関りたい、就労施設を支援したい、そんな人たちのネットワークにこれから作り上げたいと思っています。

ぜひ、ご興味のある方は以下のアドレスまでご連絡下さい。

ya_yamada■ps.nippon-foundation.or.jp

※■の部分を@にしてメールをお送り下さい。
※件名に「メルマガ希望」とお書き下さい。
※よろしければ、Je sensプロジェクトへの期待などお寄せ下さい

まだ、システムとしてメルマガにしておりませんので、手作業で皆様にメール配信させていただきます。

全然、話しが変わりますが、これは昨晩眠れずに、授産品に代わる新しいネーミングを考えたものです。
なかなかいいアイデアが浮かびませんね。

ソーシャルメイド
ソーシャルショッピング
ソーシャルショップ
ハタラク気持ち
シャカイノシゴト
ハタラクココロ
ヨロコビ
セカイ
ノキモチ
ヤサシイ


そうそう、Je sensマガジンの創刊準備号はこんな内容でした。続きを読む・・・

『ボストン美術館 浮世絵名品展』

ボストン美術館 浮世絵名品展
2008年10月7日〜11月30日
江戸東京博物館



もうすでに終わってしまいましたが、話題の「浮世絵展」です。
ボストン美術館には5万点にのぼる浮世絵版画が収蔵され、世界一の規模だそうです。その中から厳選された約130点の作品が今回の企画展に出展されていました。日本初公開の作品も多数です。
続きを読む・・・

2009年02月26日

手づくりマドレーヌ

今日は、千葉県柏市から無添加・手づくりのマドレーヌの紹介です。

ベーキングパウダーを使用していないのにふわふわしっとりです。
卵の泡立てだけのふくらみで作っているそうです。
これが、そのマドレーヌです!


保存料、着色料、香料はもちろん使用せず、バターの風味を生かしています。
さらに材料にこだわり、小麦粉は国内産、バターはよつ葉バター、卵は生協の新鮮卵を使用しています。


柏市にあるNPO法人あけぼのが運営している「スペース若柴」の本格手づくりマドレーヌ。
こちらはプレーンです。



こちらはココア。
山田のお薦めはこちらのココアです。
ふんわり生地と、ココアのちょっとスパイシーさがマッチしてよいですね〜。


こちらは抹茶です。
今回は残念なが試食することが出来ませんでしたが、抹茶のマドレーヌも、おいしそうですね。
どんな味なんでしょう〜ね。

作りおきせず、注文を受けたものだけを焼いてその日にお届け!
おいしいマドレーヌが食べたくなったら、ぜひスペース若柴へ。

【お問合せ先】
NPO法人あけぼの/地域活動支援センタースペース若柴
千葉県柏市1-11-11(柏中と東葛高校の間)
TEL・FAX:04-7145-4366

Shop人にやさしく 山田泰久

『生きて死ぬ智慧』

生きて死ぬ智慧
柳沢佳子・文 堀文子・画
小学館

3年前くらいに話題になった本ですね。
生命科学者であり歌人でもある著者が、般若心経について科学的解釈で現代語にしたものです。
般若心経の解説本というよりは、壮大な「生と死=いのち」について語った一遍の詩のようです。
深遠なる世界の原理を少しだけ理解できるような気がします。
続きを読む・・・

2009年02月25日

『行列ができる店はどこが違うのか』

行列ができる店はどこが違うのか
−飲食店の心理学
大久保一彦著
ちくま新書

飲食店関係のコンサルタントである著者がこれまでの実体験をもとにまとめた本です。
普通、この手の本は成功事例だけを中心に書かれていることが多いと思いますが、過去の失敗体験も踏まえ、飲食店ビジネスの世界が描かれています。続きを読む・・・

2009年02月24日

げんきむらプリント工房

本日は、静岡の元気の出るプリント工房のご紹介で〜す!



早速、Tシャツです。
トンボですよ、うふふ。
昆虫のTシャツ、なにげにかっこいいですね。

今回ご紹介するのは、静岡県藤枝市にある「げんきむらプリント工房」のオリジナルTシャツです。
HPから購入することが出来ますよ。

毎年、「げんきむら展」というのを行っているそうです。
今年は「市民と村人たちのTシャツ展」



日程:3月1日(日)〜29日(日)
場所:ヤギモクアートギャラリー(藤枝市小石川ヤギモク住まいる工房内)

「作家の部屋」では、アーティストグッズ(Tシャツ・ポストカード・一筆箋)を販売します。

故海野光弘先生に加えて、青木鐵夫先生、やなぎもとなお先生のご協力による製品もあります。

山田も機会があれば、ぜひ行ってみたいですね〜。

げんきむらプリント工房では、この他に、オリジナルプリントの受注も引き受けています。
イベントやチームのユニフォームなどを作る時はぜひお問合せ下さい!




そして、Tシャツ以外に、もちろん普通の紙の印刷も行っています。
こちらは名刺のサンプルです。

しかも、最近、とある助成財団の助成金によって、高性能のカラー印刷機を整備したそうです。

紙でも布でもステッカーでもいろんな印刷に対応できるそうです。
なにか印刷がある時はぜひ「げんきむらプリント工房」へ!

【お問合せ先】
NPO法人げんきむら/げんきむらプリント工房
〒426-0072 静岡県藤枝市南新町204-4
TEL・FAX:054-646-0218
URL:http://www.npo-g.com/blog/
Canpanaブログ:げんきむら・りあるたいむ

Shop人にやさしく 山田泰久

『わがまちの障害福祉計画−44の自治体首長に聞く』

わがまちの障害福祉計画−44の自治体首長に聞く日本障害者協議会/社団法人ゼンコロ・発行



障害者福祉の月刊総合誌「ノーマライゼーション」(財団法人日本障害者リハビリテーション協会発行)に連載されている「わがまちの障害福祉計画」の記事をまとめて発行したものです。
2004年4月号から2008年11月号までの44自治体の取り組みがこの1冊でわかります。
続きを読む・・・

2009年02月23日

ゆめどーなつ

午後は社会福祉法人地域ゆめの会が運営するゆめどーなつを訪問しました。

ポコポコ亭

たまたま社会福祉法人コミュニティキャンパスが運営するレストランポコポコ亭を見つけてランチを食べました。