CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年05月31日

おかしやさん「美ら海の里」のマドレーヌ&クッキー

5月も今日で終わりです。
日本財団では6月1日が人事異動の日です。

さて、本日、ご紹介するのはこちら。



昨金曜日にいただいた、クッキー&マドレーヌです。
東京にあるY澤福祉会が運営する“おかしやさん「美ら海の里」”のステキな商品です!
おかしやさん「美ら海の里」の看板娘の二人が一生懸命作ってくれた逸品です。




早速、食べてみましょう!
うちのベアも待ちきれません(笑)。
いただきますっ。




ごちそうさまでした、ニン。
しっとり、ふんわり、うふふな味わいですネ。


======
実は、今回の商品は、2006年4月から2008年5月末まで、日本財団に出向されていたY澤さんからいただいたものです。
そう、今日が土曜日ということで、昨日が日本財団福祉チームとして最後の日でした。
2年2ヶ月に渡って、福祉チームの同僚として大変お世話になりました。計7回の審査業務に、いくつかの出張、福祉チームの仕事といえばいつも一緒という感じでした。
また、このShopにも度々記事を書いていただいたり、数回に渡る見本市や試食会ではいろいろお手伝いいただきました。
Y澤さん、2年2ヶ月、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!



ところで、今回いただいたマドレーヌ&クッキーは、Y澤さんファミリーのかわいい二人姉妹が作ってくれたものだそうです。
『ありがとうネ。おいしかったです!』


昨晩は、グループ全体での送別会でした。
その送別会の様子は、Y澤さんのブログ「美ら海の里」をご覧下さい。

ちなみに、山田の写真も掲載してもらっています。
その写真を撮影しているY澤さんを撮影したのが、こちらの写真です(笑)。
その証拠に、写真の山田の手元にはさりげなくカメラが写っていますよ。



Y澤さん、これからも引き続きよろしくお願いいたします!!
Shop「人にやさしく」B&G店として、ご協力のほど、よろしくお願いいたします(ペコリ)。


======
さらに、同じチームではありませんでしたが、お隣の公益チームに出向でいらっしゃっていたN上さんも同じく、5月末までの出向でした。
財団で一緒にお仕事をする機会はありませんでしたが、以前別のプロジェクトで一緒に仕事をした仲ということで親しくさせていただきました。
特に、趣味の世界のほうで、貴重な情報やモノをいただきました。
2年2ヶ月、お疲れ様でした&ありがとうございました&これからもよろしくお願いいたします!
ガンダム、最高です!!


=========
そして、6月1日が人事異動ということで、他の部署に異動される方もいらっしゃいます。
この場であらためて・・・。

いろいろとお世話になりました。本当にありがとうございます。
組織、チーム、グループが変わっても、世のため、人のために一緒にがんばりましょう!!
よろしくお願いいたします。
特に、福祉チームリーダーのY田さんには、直属の上司としてお世話になりました。
いろいろ教えていただき、ありがとうございました。
福祉チームに残ったものとして、アイデアをいろいろ発展させて行きたいと思います。

=========
まだ続きますが、山田が人事担当の時に縁があって採用となり、今では日本財団の若手のホープに成長した、たっしー&はっしーが6月から出向となり、それぞれ森や、海・船のことを専門的に取り組む団体に行くことになりました。
二人にはぜひ頑張ってもらいたいですね。
ブログの中から応援しています!!

======
他にもいろいろと人事異動があります。
それぞれ新しい部署でがんばってもらいたいです。
特に、公益チームから国際部門に異動するawaさんには、国内部門と国際部門の架け橋になってもらいたいです。


=========
そして、福祉チームから異動される人もいれば、来る人もいるわけです!
6月から新生・福祉チームになります。
今から“ワクワク”しています。
特に、Shop人にやさしくの影の産みの親であり、今の財団の障害者福祉支援の礎の築いたHさんとまた一緒に仕事ができるのが楽しみです。
また、O先輩も2年2ヶ月ぶりに福祉チームに復帰します!
よろしくお願いいたします。

=======
最後に、山田も福祉分野の担当、3年目が終了です。
明日からはいよいよ4年目に突入です。
4年目は、アイデアから実践の年にします。
本当に“ワクワク”しています。

========
少しだけ、センチメンタルな気分でとりとめのない、長い記事となりました。。。
あらためて、“異動”される皆様、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
そして、6月からor6月からも一緒の皆様、よろしくお願いいたします。

あと、読者の皆様も引き続き、よろしくお願いいたします。

店「人にやさしく」 山田泰久

2008年05月30日

洗車in因島

さて、本日も【中国】シリーズです。

今日は、いつもの製品やお店とはちょっと違って、『サービス』です。
今回ご紹介するのは、洗車サービスです。



広島・因島を訪問した時に、ちょうど日本財団の福祉車両の洗車をやっていました。
社会福祉法人若葉が運営している「社会就労センタードリームズ」が請け負っている各種作業の一つだそうです。



福祉車両のような大きなワゴン車も、こんな踏み台を使って、丁寧に洗車を行っています。
因島で、洗車のご要望があれば、ぜひ「ドリームズ」までお問合せ下さい!

【お問合せ先】
会福祉法人若葉
社会就労センター ドリームズ
〒722-2102 広島県尾道市因島重井町三ツ池59-1
TEL:0845-24-3965 FAX:0845-24-3975
URL:http://www13.plala.or.jp/wakaba-innnosima/dori-mu.html

Shop人にやさしく 山田泰久

おーい ひきこもり(タメ塾の本)

財団の本棚に入っていた本です。

おーい ひきこもり(タメ塾の本)
〜そろそろ外へ出てみようぜ〜

工藤定次著
ポット出版



ひきこもりの青少年の支援を行っている東京・福生の「タメ塾」の創設者であり、実践家でもある著者がまとめたものです。
続きを読む・・・

2008年05月29日

からあげこんにゃく

本日、5月29日は「こんにゃくの日」です。
こんにゃくといえば、こんにゃく芋の生産日本一は、どうやら群馬県らしいです。
フジTVの「めざましテレビ」でも、朝からこんにゃくネタが満載でした。

そこで、この【中国】シリーズも、こんにゃくの日をリスペクトして、こんにゃくネタですよ!

からあげこんにゃく




児島競艇場での日本財団「Shop人にやさしく」販売会での定番になりつつある、からあげこんにゃくです。

岡山市にある「わくわくワーク」の手づくりこんにゃくを小さくちぎって、串にさしてフライにしています。



こんにゃくも、白はプレーン(!?)、緑は青のり、赤はとうがらしが入っていて、子供から大人まで楽しめる味となっています。


ちなみに、普通のこんにゃくは、から揚げにはむいていないそうです。
「わくわくワーク」の特製こんにゃくなので、こんなおいしいから揚げになるそうです。
あと、味の秘訣は、こんにゃくにつける粉に秘密があるそうです。



岡山市のバザーなどでよく出店されているそうなので、見つけたらぜひお試しあれ!!
1本100円で、おいしく、手軽に食べられて、お薦めです。

【お問合せ先】
社会福祉法人金曜会/わくわくワーク
〒701-1211 岡山県岡山市一宮339-6
TEL:086-286-0951 FAX:086-284-9364

Shop人にやさしく 山田泰久

風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館

3月の熊本・阿蘇出張の際、帰りの飛行機まで時間があったので少しだけ寄り道して、訪問した美術館です。

風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館


大野勝彦さんについては、ご存じの方もいらっしゃると思います。
続きを読む・・・

2008年05月28日

ガレとジャポニスム

もう終わってしまった展覧会ですが・・・。

ガレとジャポニスム
サントリー美術館
2008年3月20日〜5月11日
http://www.suntory.co.jp/sma/index.html

フランス・アール・ヌーヴォー期を代表する芸術家エミール・ガレ(1946-1904)の国内外の作品を中心とした企画展です。19世紀後半は、パリ万博などに出展された日本の美術品、工芸品がジャポニスムと呼ばれるブームを巻き起こしていたそうです。ガレもその影響を大きく受けた一人で、彼のガラスや陶器の作品にはその影響が色濃く反映されていているものが数多くあります。今回の企画展は、ガレがどのように日本の影響を受けて、それをさらに発展させていったのかをコンセプトにしています。
続きを読む・・・

2008年05月27日

ピュアクリーン

本日も、【中国】シリーズです。

家庭菜園から農業利用まで
EM微生物土壌改良剤でつくる
健康な野菜・花づくり
ピュア・クリーン



こちらは、広島県尾道市因島にある、社会就労センタードリームズが製造販売している土壌改良剤です。いわゆる「肥料」に近いものだそうです。

このピュア・クリーンは、EM菌に、生ゴミ・米ぬか・糖蜜を混和して発酵させ蒔きやすいように、ペレット(粒状)に加工して、乾燥させたものです。




こんな工場で作られています。



現在、因島やその付近の島々の農家の方から大量注文も入っているという製品です。
ご要望があれば、下記までどうぞ。

【お問合せ先】
社会福祉法人若葉
社会就労センター ドリームズ
〒722-2102 広島県尾道市因島重井町三ツ池59-1
TEL:0845-24-3965 FAX:0845-24-3975
URL:http://www13.plala.or.jp/wakaba-innnosima/dori-mu.html

※山田の写真より詳細な写真が掲載されていますので、HPもぜひご覧下さい。
ピュア・クリーンの写真は、そのHPから借りてきました。

Shop人にやさしく 山田泰久

「アール・ブリュット」への冒険の旅 Part2

「アール・ブリュット/交差する魂」展のオープニングフォーラムの続きです。
今回は、野見山暁治さんとはたよしこさんのトークと、その後のペリー館長を交えた公開質問コーナーの言葉をまとめてみました。

フォーラムの最後に、ペリー館長からステキな言葉をいただきました。
「アール・ブリュット展」に来ると、あるもの(人?職業?)になれます!
その秘密は、このブログを最後まで読んで見て下さいね。


出展作品を解説するリュシエンヌ・ペリー「アール・ブリュット美術館」館長


Part1をお読みでない方は、まずこちらをご覧下さい。
「アール・ブリュット」への冒険の旅 Part1

Part2は、「続きを読む...」から。続きを読む・・・

2008年05月26日

「アール・ブリュット」への冒険の旅 Part1

以前もお知らせしました「アール・ブリュット/交差する魂」展
オープニング初日に行ってきました。そして、スイス・ローザンヌにあるアール・ブリュット美術館のリュシエンヌ・ペリー館長が講演するオープニングフォーラムにも参加してきました。




刺激的な内容です!
アール・ブリュット、あるいはアウトサイダーアートをより深く理解することができました、ハイ。
アール・ブリュットの世界、深いですね。
作品を鑑賞することも面白いですが、表現とは何かということを考えるきっかけとなります。

それでは、かなり省略していますが、山田が捉えたペリー館長の言葉を、断片的にまとめてみました。アール・ブリュット展を見る、あるいはアール・ブリュットを理解するための参考にしていただければと思います。

〜〜〜
アール・ブリュットへの冒険の旅へ、ようこそ。
〜〜〜続きを読む・・・

2008年05月25日

海外の人にも人気

一緒に出店している群馬・片品村のミチコさんの炭のアクセサリー。
海外の人にも人気です!