CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年10月31日

鹿児島からイタリアンジェラート

新鮮な素材をたっぷり使って、
安全・安心・美味しいイタリアンジェラート


南国鹿児島の冷菓といえば「シロクマ」が有名だが、その鹿児島に新しいお薦め商品が生まれた。鹿児島市鴨池のマンション街の一角に今年の9月にオープンした「花の木冷菓堂」。ここは、本場イタリアから機械を取り寄せて、本格的なイタリアンジェラートを作っている。



新鮮な素材をたっぷり使って、安全・安心・美味しいイタリアンジェラート。
豆乳ベース、ミルクベース、シャーベットベースがあり、豆乳ミルク、黒ゴマ、コーヒー、チョコレートミルク、バナナミルク、りんご、ブルーベリーなど、いろいろな味がある。
季節のお薦め商品もあるとのこと。




種類の豊富さも嬉しいが、さらに嬉しいのはお取り寄せが出来ること。鹿児島から全国配送をしてくれる。東京にいながら、鹿児島のジェラートを食べることができるなんて。


(鹿児島から1日で送られてきたジェラート)




山田は秋らしくマロンを食してみた。オフィスで食べるジェラートは、思いのほか甘く、栗の味が口の中に広がってくる。しかしジェラートはさっぱりした口当たりだ。
ぜひ皆さんにも試してほしい。

【お問合せ】
花の木冷菓堂
鹿児島県鹿児島市鴨池新町28-22
TEL:099-251-1192 FAX:099-251-1181

Shop人にやさしく 山田泰久

2007年10月30日

プロフェッショナル 仕事の流儀

先ほど放映していたNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」。
今回は、佐賀県のNPOそれいゆの服巻智子さんが出演されていました。
NPOそれいゆは9月の佐賀出張の際に訪問し、いろいろ見学させていただきました。また、少しだけ服巻さんともお話しすることができました。

さて、先ほどまで番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ていましたが、これはぜひ多くの方に見てもらいたい!

〜NHKホームページより〜
九州・佐賀に拠点を構える自閉症支援のエキスパート、服巻智子。自閉症の子どもやその家族が全国から相談に訪れる。自閉症は、生まれつき脳の機能の一部がうまく働かないために起こるといわれる。そのため自閉症の子どもは自分の感情を伝えたり、他人の気持ちを理解することが苦手だ。そこで服巻は、コミュニケーションの方法を一つ一つ教えている。自閉症の人々と向きあう服巻の“現場”に密着する。
〜〜

まだ再放送もあるので、見逃した方はぜひご覧下さい。

11月 5日 (月)翌日午前1:20〜翌日午前2:05 総合/デジタル総合
11月 6日 (火)午後4:05〜午後4:50 総合/デジタル総合

Shop人にやさしく 山田

カレンダーfrom北海道

2008年のカレンダーの便り

あと数日で11月だ。そろそろ来年の準備が始まる。
北海道から今年最初のカレンダー(2008年)の便りをいただいた。



以前エコバッグを紹介した社会福祉法人ともに福祉会の2008年カレンダーだ。
カレンダーは2種類。壁掛け式と卓上型。



月替わりの絵は、どれも暖かい感じ。
動物あり、鳥あり、楽器あり、季節の風物詩あり、バラエティーに富んでいる。
きっとお気に入りの絵が見つかるはずだ(上の絵は、山田が気に入った「ダチョウとエミュー」)。



来年のカレンダーの候補にぜひ加えてみてはいかがだろうか。

【お問合せ先】
社会福祉法人ともに福祉会
〒063-0834北海道札幌市西区発寒14条14-2-33
TEL:011-663-0200 FAX:011-663-0300
URL:http://www.tomoni.biz/saisin.htm 

2007年10月28日

お世話になっている先輩の結婚式

今日は、大学のサークルの先輩の結婚式に行ってきました。
いつもゴルフでご一緒させていただいたり、常日頃からお世話になっている先輩です。



披露宴では、スピーチの大役までいただいてしまいました!
ここは、山田の趣味を活かすしかありません。
ちなみに、その趣味とは、『詩』です。そう、『ポエム』です(笑)。
かなり秘密にしていたので、このことを知っている人はほとんどいません。
でも、今回はお祝い事なので、その詩をあえて公開しちゃいます、うふふ。



光の朝に祝いの詩(うた)を詠む


秋晴れの今日

寿の朝の中
二人が目を覚ます
朝の光は祝福の輝き

深まる秋の夕暮れ
一組のカップルが生まれる
夕暮れは今日一日への感謝の思い

実りの秋の静かなる夜
一組のカップルを祝福するために僕らは集まる
穏やかな夜は希望に満ちた明日の始まり


新郎新婦
家族 親族
職場の仲間 友達
二人を祝福するために集まった

今 この場には
一つの大きな祝福と
多くの感謝が詰まっている

二人とその家族
育ててくれた御両親・家族へのありがとう
子が立派に成長したことへのご両親からのありがとう

職場で共に働く仲間としてのお互いのありがとう
友として友情を育んできたことへのありがとう

新郎新婦も 家族も
僕らも 誰もが
それぞれの感謝の思いで集まって
今 ここにいる

いくつものありがとうの気持ちが集まって
一つの大きなおめでとうの気持ちになる


多くの感謝と一つの大きな祝福の中
お互いに 一番感謝の気持ちを伝える相手に
巡り会った新郎新婦の二人がいる

これから二人で
感謝と笑顔と幸せに満ちた
家庭 家族を
築いていくことだろう

そう 今日の光の朝
朝の光のように
輝く家庭を

そんな二人に幸多かれ



おしまい。
いい式でした。
先輩、本当におめでとうございました!

ポエム人にやさしく 山田泰久

2007年10月26日

ギャラリーインカーブ

あふれ出る色彩

大阪心斎橋にある大阪農林会館。ここの503号室に、すごいアート空間が出現した。
ギャラリーインカーブ

9月末から開設されたこのアート空間で第2弾の企画展「YUMOTO」が明日10月27日(土)より開催される。



〜〜
アトリエインカーブの作家たちの初期の作品から最新作までを、日本で初めて常設展示する「ギャラリーインカーブ」。このたび、その第2弾の展示となる「YUMOTO」を開催します。湯元光男は、一貫して色鉛筆によるドローーイングに固執します。モチーフは、普段私たちが何気なく目にする虫や鳥、建物、船。それらはすべて丁寧にグリッド分割され、濃厚でビビッドな色遣いとは裏腹に、幻想的な世界が浮かび上がります。殺伐とした近未来都市は再構築され、鳥たちは自らの再生に歓喜の鳴き声をあげるのです。

場所:大阪農林会館503号室
大阪市中央区南船場3-2-6
期間:2007年10月27日(土)〜11月20日(火)
11:00〜20:00 (月曜日休み)
Tel.06-6245-3025 Fax.06-6245-3026
http://g-incurve.jp/

〜〜(開催案内より)



こちらは、オープニング企画展「TERAO」の会場風景



Shop人にやさしく 山田泰久

「世界一やさしい問題解決の研修」

以前の記事にも書いた通り、一昨日、昨日と「世界一やさしい問題解決の授業」の著者の渡辺健介さんを講師に迎えての研修を受けました。
詳しい内容は、これから研修を受ける財団職員がいるのでここでは割愛させていただきますが、非常に参考になりました。

以下は、研修を受けて山田が思ったことです。研修内容からはかなり飛躍しているので、山田独自の理論だと思って下さいね。

『世界一やさしい問題解決』は、「世界一やさしい問題を、解決する方法」か、「世界一やさしい解決方法」か。
皆さん、どちらだと思いますか?




山田は「世界一やさしい問題を、解決する方法」だと思います。

その心は、というと、問題を問題と認識したことで、その問題の解決は始まっているんですよね。そして、問題解決の手法はいろいろですが、理念や考え方は同じです。すごくシンプルです。
なので、問題を問題と認識したところで、もう問題の難易度というのはあまり関係ないような気がしました。問題について、難しい問題とか、やさしい問題とか、そういう評価軸は関係ないということです。つまり、すべての問題がやさしくて、すべての問題が難しくて、ということになり、すべての問題は等しく「世界一やさしい問題」になるわけです。

ちなみに、一番の問題は、「問題を問題と認識していない」ことですね。それがないと、どんなに問題解決の考え方や手法を身につけても、問題解決が始まりませんからね〜。

昨日は、研修が終わって、こんなことを考えていました。

講師の渡辺さん、一緒に研修を受けた皆さん、ありがとうございました!!


Shop人に世界一やさしく 山田泰久

2007年10月25日

「世界の涯の物語」

ちょっと前の話しですが、8月の中国出張の際に持っていって読んでいた本です。

世界の涯の物語
ロード・ダンセイニ著



幻想的、怪奇的ファンタジーの短編で、20世紀初頭に書かれたものです。神話、旅行記、SF、いろいろな読み方、楽しみ方ができます。
海外(中国)に滞在している時に読んだのも良かったです。小説か現実か、少しだけ混乱していたような気がします(笑)。

Book人にやさしく 山田泰久

2007年10月24日

Shop人に世界一やさしく

本ブログ「Shop人にやさしく」、またもや改名します
今度は、「Shop人に世界一やさしく」です!

今朝のブログにも書きましたが、「世界一やさしい問題解決の授業」の著者の渡辺健介さんの研修を本日、明日の二日間に渡って受けています。
本でも読みましたが、実際に研修を受けるのはさらに勉強になります。実際にやってみて、話しを聞いていると、いろいろ目からウロコです。

今日は研修で疲れたので、こんなところで。

Shop人に世界一やさしく 山田泰久

「世界一やさしい問題解決の授業」

本日は研修です。

世界一やさしい問題解決の授業
渡辺健介著
ダイヤモンド社



今、話題の本です。職場の後輩の田代くんから借りて読んでみました。
続きを読む・・・

2007年10月23日

天然素材のお茶・入浴剤

秋田から素敵な香りにつつまれて

昨日ご紹介した秋田県北秋田市にある「吉野の郷」。ここでは、木工品の他に、農業・園芸で様々な植物やハーブを育てている。そのハーブを利用したお茶や入浴剤が好評だ。
購入した商品は、ポプリのように素敵な香りが漂ってきて、気分が落ち着くようだ。

健康茶(2パック入り100円)
原材料/しそ・ドクダミ・ミント三種・よもぎ・スギナ・かきどうし・レモンバーム・オレガノ・ゲンノショウコウ・ツユクサ

どぐだみ茶(2パック入り100円)
原材料/どくだみ




ラベンダーの入浴剤(2パック入り100円)
原材料/ラベンダー・ヨモギ・アップルミント・どくだみ・ゲンノショウコウ・ハッカフェンネル・とうがらし・オレガノ
リラックス効果のあるハーブで一日の疲れを癒してください。1パックで2回は使用できます。



お茶や入浴剤の他に、素材そのものを活かしたドライフラワーもある。


【お問合せ先】
社会福祉法人県北報公会
吉野の郷 園芸班
秋田県北秋田市七日市字家向46-1
Tel:0186-66-2920 Fax:0186-66-2659
http://www.yoshinosato.or.jp/

Shop人にやさしく 山田泰久