CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2005年12月20日

自然食品の店アクティブ【北海道シリーズ】

先週から続いた【北海道シリーズ】も今日が最後です。
トリを飾るのは、このブログによくコメントを書き込んでくださっている池田さんが案内してくれた、“自然食品の店アクティブ”。



ここは社会福祉施設札幌協働福祉会が運営する、札幌市内にある素敵な自然食品のお店です。
このお店は北海道で収穫された農作物や製造された自然食品を中心に販売しています。
野菜やお米にはじまって、肉類、魚介類、加工食品など種類多く取り揃えています。
私もほしいものがあったのですが、旅先・出張中ということで購入を断念しました。
ジンギスカンのセット、食べたかった・・・。

さらにさらに、社会福祉法人札幌協働福祉会が運営する“あいのさとアクティビティーセンター”の農場で収穫された無農薬野菜や有機栽培の野菜、そして平飼いの有精卵!!も販売しているそうです。

自然食品の店 アクティブ
[営業時間] 10:00〜18:00
[定 休 日] 日曜日、祝祭日、第3土曜日
[連 絡 先]
 北海道札幌市北区太平8条4-5-10
 Tel:011-775-2377
 URL:http://homepage2.nifty.com/kyoudoufukusikai/active/active-index.htm

ご案内してくれた池田さんをはじめ、札幌協働福祉会の皆様、いろいろお世話になりました。どうもありがとうございました。

今日ももちろん2本立て。

Shop人にやさしく 山田

2005年12月19日

ベーカリー愛・藍【北海道シリーズ】

先週から続いている北海道シリーズ、今週も続きます!

ということで、今回は札幌市内にある素敵なパン屋さん。
“ベーカリー愛・藍”



ここはNPO法人ホップ障害者地域生活支援センターが運営するパン屋さんです。
地下鉄東豊線元町駅近くの住宅街にあります。

ベーカリー愛・藍
札幌市東区北23条東14-4-13
TEL/FAX 011-702-2311

札幌市内の有名なパン屋さんに月に1回技術指導、商品開発指導を仰いでいる本格的なパン屋さんです。
今回訪問した時には、カボチャパイとソフトデニィッシュをいただきました。
カボチャパイは甘系ではなく、キッシュ風で、昼食代わりにもってこいです。
ソフトデニィッシュ(名前が正しいかあやふやですが・・・)もスポンジ状の生地がホッとさせる美味しさです。

このブログの札幌在住の読者の皆さん、ぜひ一度訪問してみて下さいネ。

それと、ホップ障害者地域生活支援センターではこの他にもいくつかの施設を運営していますが、そのうちの一つ、“ケータリング愛・藍”では、お弁当の製造・販売を行っています。
さらにクリスマス用のオードブルセットやおせち料理もあるそうです。今シーズン分は既に受付終了してしまっておりますが、何かの機会に利用してみて下さい。

ケータリング愛・藍
札幌市東区北20条東1-3-7
Tel:011-752-8711
Fax:011-752-8732


それとそれと、ホップ障害者地域生活支援センターといえば、忘れてはいけないのが、缶入りパン!!
以前も紹介したので、詳しくはこちらをどうぞ。
〜北海道からパンの便り〜
https://blog.canpan.info/p-shop/archive/22


訪問したのは先月下旬のこと。
その時は札幌もまだほとんど雪がありませんでしたが、今頃は既に雪で覆われていることと思います。
ホップの竹田さん、中谷さん、安藤さん、皆様、その節はいろいろありがとうございました。

Shop人にやさしく 山田

セルプエコカレンダー from長野

今年も残すところ、あと2週間。
そろそろ、“2006年”が気になる季節になってきました。

“2006年”といってまず思いつくのが、そう、カレンダー!!
ということで、今日は素敵なカレンダーを紹介いたします。

牛乳パックリサイクル商品
2006年卓上カレンダー
『セルプエコカレンダー』



長野県セルプセンター オリジナル製品
セルプエコカレンダーは県内の共同作業所・施設がそれぞれ専門分野のネットワークを組んで作成いたしました。
NPO法人長野県セルプセンターでは、障害者の仕事おこし事業と森林保護運動・ごみ問題への取り組みもあわせて、牛乳パック酒パックの回収もネットワークを組んで行っていますが、そのリサイクルした材料を主に使用しています。

1セット 1,000円(卓上カレンダー・壁掛けカレンダーとしてご利用いただけます。)
カレンダーの台は、長野県産材のカラマツを使用して、陶芸アクセサリークリップ付。
カレンダーの紙は、すべて手漉きで牛乳パックのリサイクルやけなふを使用。

【商品の購入・お問合せ】
NPO法人長野県セルプセンター
〒380-0928
長野県長野市若里7-1-7
TEL:026-291-8280
FAX:026-291-8290
URL:http://www.upup.co.jp/selp/

このカレンダーは、同僚のSさんが長野県須坂市にある“ワークスペース夢工房”を訪問した時にいただいてきたものです。
この“ワークスペース夢工房”で、紙漉きや部品取付けを行っているそうです。

栗のアクセサリーやカラマツの板、そして手漉きの紙・・・。
今朝、このカレンダーをSさんからもらったわけですが、急に寒くなったこの時期にホッと心を暖めてくれる素敵な贈り物でした。

長野県セルプセンターのホームページには、カレンダー以外にもいろいろ商品が掲載されていますので、ぜひ一度ご覧下さい。

今日も2本、記事掲載の予定です。
では、またのちほど。

Shop人にやさしく 山田

2005年12月18日

苔のむすまで【休日通信】



苔のむすまで
写真を中心とした現代美術作家の杉本博司さんの著書です。
今、東京・六本木ヒルズの森美術館で大規模な回顧展を開催中です。
杉本博司:時間の終わり
〜2006年1月9日(月・祝)

先月その回顧展を見に行ったときに買った本ですが、少しずつ読み進めていて、今日やっと読み終えた。
難しいからなかなか読めなかったというより、読み終えてしまうのがもったいないので一日に一章のみしか読まないようにしていたから!
それくらいステキな本だった。

シンプルな文体でスラスラと読んでしまえるが、その内容は彼自身の生い立ちや思い出にはじまって、歴史、骨董、現代美術、国際問題など幅広い。しかも、それぞれの話しの内容が奥深い。自分にとっては、繰り返し読みたくなる本になるだろう。
また、自身の作品やその制作過程について語っていて、杉本作品をさらに知ることができる本になっています。

機会があれば、ぜひ回顧展「杉本博司:時間の終わり」に行って、この本「苔のむすまで」を読んで見てください。
超〜お薦めです。中でも、山田の一番のお薦めは「海景」シリーズです、ハイ。

ちなみに、この週末、この本を読んでいて一つ気がついたことがあります。
先週書いた「ロゴに関するQ&A」シリーズ、実はこの「苔のむすまで」の影響を多大に受けていました。
この本、自分の作品について、まずはじめそれぞれQ&Aがあって、その後、作品やその背景について詳しく語るという構成になっています。
記事を書いている時は、まったくこの本のことを忘れていましたが、無意識のうちに真似をしていました。自分でも、驚きです!!
それぐらい、今の自分に影響を与えている1冊です!?

Shop人にやさしく 山田

2005年12月17日

クリスマスカード【休日通信】

今週末は群馬の実家に戻って来ています。
おいっ子に1ヵ月遅れで誕生日プレゼントをあげたり、庭に生えているゆずの収穫をしたり、やはり東京とは違う時間、生活を過ごしています。

そうそう、今日、フィリピンに在住している大学の先輩ファミリーからAirmailで素敵なカードが届きました!!
Kさん、どうもありがとうございます。
年末にはいつものようにプレゼントをお贈りしますので楽しみにしていてくださいね(^o^)

それにしても、いろいろクリスマス色が強まって来ましたね!

今日は、ちょっと普通のブログっぽく、とりとめのない記事にしてみました(笑)
Shop人にやさしく 山田

2005年12月16日

ロゴに関するQ&A Part2

昨日に引き続いて、“Shop人にやさしく”ロゴのQ&A Part2です!!

Q.「りんご」にはもっと重要なメッセージがあるそうですがどんなメッセージがあるのでしょうか?

A.これ、なににみえる?



こころのめをひらくと みえないものがみえてきます

皆さん、この絵が何かもうお分かりですよね。
そうです、『星の王子さま』の有名な挿絵の一つです。
大人が見れば帽子のシルエットだと思うけど、この絵を描いた小さな男の子には、象を丸飲みした“うわばみ”の絵です。

ということで、“Shop人にやさしく”のロゴのりんごも、“こころのめ”を開くと、見えないものが見えてきます。

それでも、まだ見えてこない。
もはや大人になりきってしまった、そんな皆さんに、大ヒントです!

では、りんごのマークと、日本財団のマークを見比べてみて下さい。
きっと何かが見えてくるはずです。

私からのメッセージがわかった方は、ぜひコメント欄にその謎を書き込んでください。
一番最初に正解した方に、“Shop人にやさしく”豪華ギフトセット!?を贈呈しちゃいます!!

ちなみに、上の絵がまだ帽子にしか見えない人はこちらのホームページへ
サン=テグジュペリ インターネットミュージアム

それと、『星の王子さま』のポストカード(WEB)が送れるこんなページも見つけてしまいました。
星の王子さまのポストカード

日本財団のマークはこちらのページで。
日本財団グラフィックマニュアル

では、この週末、見えないものが見えてくるように、トライしてみて下さい。

Shop人にやさしく 山田

フォレストかたるべ【北海道シリーズ】

昨日に引き続いて、"当麻かたるべの森
"森のぱんやさん”から車で10分、静かな森のなかに、アトリエ工房群があります。
木工房、陶芸棟、そして、かたるべホール。

木工房では、木工や織物など。
陶芸棟では、陶芸などの焼き物。
かたるべホールはピアノコンサートもできるホールを備えていて地域のコミュニティ活動の場所となることが期待されています。また、障害者の方が自立して生活できるように訓練できる宿泊施設も兼ね備えています。

11月のまだ本格的に雪が降り始める前に訪問しましたが、静かな、静かな、夕闇迫る森の中、暖かな明かりを灯した3つの建物がありました。
この環境の中で、木工では森の中で拾ってきた小枝や松ぼっくりを使ってレリーフ作りや、季節の変化にあわせた織物などが作られています。



木工ではその他にも、写真スタンドのような小さなものからカントリー調書棚のような家具までいろいろなものを製造しています。織物もハンドメイドでマフラーや巾着などいろいろなものがあります。
こちらのホームページでチェックできますので、一度見てみてください。
もちろん、通販で購入することもできるそうなので、ぜひぜひ。
http://www.katarube.ne.jp/shop/index.html

春、夏、秋、冬、そして朝、昼、夕、夜。
それぞれの季節・時間ごとの顔を持っている『かたるべの森』
皆さんも、何かの機会にぜひ訪問してみてください。


それと、本日夕方には、ロゴに関するQ&A Part2をアップしますので、お楽しみに〜。

Shop人にやさしく 山田

2005年12月15日

ロゴに関するQ&A Part1

昨日、大々的(!?)に発表した“Shop人にやさしく”のロゴについて、関係各所・各位から、まったくといっていいほど反応がなかったので、とりあえず勝手にQ&Aを作ってみました。



Q.どうして「りんご」をマークに使っているのですか?

A.「たとえ地球が明日終わりであっても、私は今日林檎の木を植える」
宗教改革をしたマルチン・ルターの言葉だそうです。
山田の好きな、この言葉から取りました。


どんな状況であっても、よいと思うことをやる。
今、一つのりんごを差し出すだけではなく、未来を見据えた支援を行う。
日本財団の仕事も、この言葉通りだと思っています。
そして、このブログも、将来の“りんご”となるように、一生懸命、“りんごの木”を植えているわけですよ、みなさん。

という感じで、実は奥深〜い、ロゴなんですね。
とりあえず、Q&Aは、Part2まで続く予定。

Shop人にやさしく 山田

森のぱんやさん 【北海道シリーズ】

皆さん、北海道の当麻町をご存知でしょうか。
旭川から車で30分の当麻町。
北海道の真ん中のちょっと上に位置しています。
あの動物園年間入場者数第1位の“旭山動物園”からも車で20分です。

そんな当麻町に、すてきなパン屋さんがあります。
社会福祉法人当麻かたるべの森が運営する『森のぱんやさん』

〜パンフレットより〜
森のぱんやさんのパンは、多くの人たちに支えられてできました。
うれしかったことや、つらかったこと・・
いろんなことがあってできました。
だから・・このパンににはいっぱいの愛情と想いが
たくさんたくさんつまっています。

すべてのパンに酵母を使っています。
パンができあがるまでには、多くの時間と手間がかかりますが、
ひとりでも多くのお客さまには、酵母パンならではの「うまみ」と
「食感」を味わってもることが私たちの思いです。
               ぱん工房スタッフ

【こだわりの原材料】
小麦粉・・・・道産ハルユタカ/全粒粉/ライ麦
塩・・・・・・・・伯方の塩(にがりを残した自然の風味)
てんさい糖・・ビート(さとう大根)から抽出された糖液を
         煮つめて造られます。
         (オリゴ糖を含む唯一のお砂糖です)
バター・・・・・よつ葉無塩バター
酵母・・・・・・香味吟選酵母(米・小麦粉・小麦胚芽が主原料)
        ホシノ天然酵母(米・米ぬか小麦が主原料)

森のぱんやさん
きっさ“まぁてんばご〜”

〒078-1315
北海道上川郡当麻町5条東3-7-25
ギャラリーかたるべプラス内(当麻神社横)
TEL:0166-58-8070
FAX:0166-84-5362
定休日:土日祝祭日
パン販売・・・営業時間/11:00〜16:30
喫茶営業・・・営業時間/13:00〜16:30
※ギャラリーかたるべプラスの場所はこちら
http://www.katarube.ne.jp/kotsu/



写真は夕方に訪問したのでほぼ売り切れ状態の棚です。
素敵なパン屋さんの雰囲気を伝える写真がなくてごめんなさい。

曜日ごとにいろんなパンを焼いているそうなので、ぜひ訪問してみて下さい。
パン以外にも、喫茶コーナーや素敵なギャラリーがありますので、ぜひぜひどーぞ!

ちなみに、旭山動物園で販売しているサンドイッチのパンは、『森のぱんやさん』のパンを使用しているそうです。旭山動物園に行った際には、ぜひサンドイッチを探してみて下さい。
さらに、足を伸ばして『森のぱんやさん』まで行かれてみてはいかがでしょうか、うふふ。

“当麻かたるべの森”では、他にも素敵な工房や商品がありますので、それはまた明日。

Shop人にやさしく 山田

2005年12月14日

ロゴ、作っちゃいました〜!!

“Shop人にやさしく”のロゴ、作っちゃいました〜。
といっても、手書きのデザイン案ですが・・・。
ちなみに、左のマークは「りんご」です。
りんごにも、ちゃ〜んとそれなりの理由があります。
おいおい公開していきます。

これをもとに、今後はしっかりCI戦略も考えながら、“Shop人にやさしく”も大々的に展開していきます(ウソ)。



ちょっと画像がわかりにくいですが、見てやって下さいよ。

Shop人にやさしく 山田