CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2005年12月26日

美学的なことに関する書簡

今日は出張明けの、連休明けで、年末ということもあって、Shop人にやさしくも、全然更新することが出来ませんでした。やっと今頃の更新です。

というわけで、そんな“Shop人にやさしく”の更新を待ち望んでいた素敵な読者の皆様に、1日遅れのクリスマスプレゼントです。


樹木は育成することのない

無数の芽を生み、

根をはり、枝や葉を拡げて

個体と種の保存にはあまりあるほどの

養分を吸収する。

樹木は、この溢れんばかりのの過剰を

使うことも、享受することもなく自然に還すが

動物はこの溢れる養分を、自由で

嬉々としたみずからの運動に使用する。

このように自然は、その初源からの生命の

無限の展開にむけての秩序を奏でている。

物質としての束縛を少しずつ断ちきり、

やがて自らの姿を自由に変えていくのである。


フリードリヒ・フォン・シラー


昨日の休日通信でも書いたベートーベン交響曲第9番「歓喜の歌」の詞の作者である、フリードリヒ・フォン・シラーの言葉です。
正確には、“デンマーク王子アウグステンブルク公にあてた美学的なことに関する書簡第27号より一部を抜粋”したものです。

今までの人生の中で、自然、生命についてこんなに崇高な言葉で壮大に表現した文章は読んだことがありませんでした。素直に感激しました。
この感動を皆さんにもということで、クリスマスプレゼント代わりです、テヘ。



この言葉を刻んだ碑(アート作品)が、横浜の「みなとみらい」駅からクイーンズランド横浜に向かうエレベーターの脇に聳え立っています。
今年の2月に仕事でクイーンズランド横浜に行った時に、エレベーターに乗りながらたまたまこのアート作品を見つけて、素直に、素直に、感動しました!

普段目にしている自然に、こんな壮大なドラマが内包されているとは、あらためて思い知らされました。自分もこれからの人生でそんなものを見つけて、表現していきたいと。。。
そんな思いの一端が、この“Shop人にやさしく”かもしれません。
その思いはまた何かの機会に、うふふ。

皆さんも、クイーンズランド横浜に行く機会があったらぜひ見てみて下さい。
http://www.qsy.co.jp/htm/art1.htm#1

Shop人にやさしく 山田

2005年12月25日

ベートーベン交響曲第9番【休日通信】

クリスマスが終われば、あとは大晦日を迎えるだけ。
年末といえば、ベートーベン交響曲第9番『歓喜の歌』ですね。
これからお正月に掛けて、皆さんも何回か耳にすることでしょう。

でも、皆さん、ベートーベン交響曲第9番『歓喜の歌』の正式なタイトル、知っていますか?

シラー作「頌歌(しょうか)に寄す」を終末楽章にした大管弦楽、4声部の独唱、4声部の合唱のため作曲し、プロイセン王ルートヴィヒ・ヴィルヘルム3世陛下に最も深甚の畏敬を以ってルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンによって献呈された交響曲 作品125

これが『歓喜の歌』の正式なタイトルだそうです。
先週(12/17)の日テレ「ズムサタ」で仕入れた情報です。
こんな長〜いタイトルがあるとはぜんぜん知りませんでしたね、ハイ。

ベートーベン交響曲第9番『歓喜の歌』といえば、“合唱”というわけですが、フリードリヒ・フォン・シラーの詩に曲をつけたものです。
どんな詩かあらためて知りたい方は上をちょっとクリックしてみてくださいね。
あらためて全文を読むと、この詩の崇高さを感じます!!

ベートーベンもその詩集を愛読していたという“フリードリヒ・フォン・シラー”、実は山田も愛読している詩が一つあります。財団のPCのデスクトップにも表示しているくらいです!!
それはまたの機会(たぶん明日!?)に紹介します、うふふ。

Shop人にやさしく 山田

2005年12月24日

クリスマス・ツリー【休日通信】

今日は12月24日、クリスマス・イブですね。
クリスマスといえば、クリスマス・ツリー!?

最近は、観光地、繁華街、住宅地で、それぞれ趣向を凝らしたクリスマス・ツリーが花盛りです。
そんな中でも、ちょっと珍しいクリスマス・ツリーです!!



これは3年前くらいでしょうか、財団近くで建設途中のビルの屋上に設置されていたツリーです。携帯で撮ったものなのでちょっと見づらいですが、どんなクリスマス・ツリーかわかりますか???

建設途中のビルということで屋上に大きなクレーンが設置されていたのですが、毎日工事が終わるとそのクレーンで電飾を吊り上げてこんなクリスマス・ツリーが飾られていました。
殺風景なオフィス街で、しかも建設現場、ほんと小粋な演出です。
こんなふうな、ちょっとした配慮が人の心を和ませてくれるんですね。

3年前の今頃はまだまだ建設中のビルも、今では立派なオフィスビルになっています。
昔携帯で写真を撮っていたのを思い出して、記事にしてみました。

今日はこれから群馬の実家に戻って、おいっ子1〜3号や家族と一緒にクリスマス・パーティーです!!

最後に、職場の先輩の“縁(えにし)な生活”さんのブログにサンタクロースに関する素敵な話しがあるので、ちょっと寄り道してみてください。
http://ameblo.jp/masao-mugi/entry-10006815640.html
う〜ん、なるほど。
でも、子供は見ちゃダメ、うふふ(>_<)

とにもかくにも、今日は、“縁(えにし)な生活”さん家族に素敵なサンタさんがきっと訪問してくれることと思います。

Shop人にやさしく 山田

2005年12月23日

任務完了【出張16】

2泊3日の京都(+大阪)出張も無事終了して、帰途の新幹線です。
帰りのお供は、相楽福祉会でお土産にいただいたクッキーです。
今回お世話になった皆様、いろいろありがとうございました!
今回の出張の模様は年明けにアップ予定です、ハイ。
では、よい週末を。。。
山田

第20回賞金王決定戦【出張15】

来ました、住之江競艇場です!!
今日は競艇の中でも最高峰のレースであるSGレースの一つ、賞金王決定戦が行なわれました。せっかく関西まで来ているのでちょっと足を伸ばして来たわけですよ。
優勝したのは、1号艇、広島の辻栄蔵選手!
その走りにシビレました、そしてレース後の辻スマイルにさらにシビレました!!
辻選手、賞金王おめでとうございます☆彡

競艇最高峰のレースを見て、その競艇の売上からいただいたお金で仕事をしている自分としては、思いを新たに仕事に励みます。
競艇ファンや関係者の皆様に感謝です。そして、それを活用して福祉に役立ててくれる施設の方や利用者の方など、いろいろな皆様に感謝です、ハイ。
山田

グループホーム【出張14】

次は同じく相楽福祉会が運営するグループホームを見学しました。
グループホームとは障害をもった方でも、家を出て親元から離れて暮らす、あるいは入所型施設を出て自立した生活を行なうために共同生活する場所です。
入居している皆さんがより快適に生活できるように工夫された素敵な建物でした。
その後、社会福祉法人京都ライフサポート協会が運営する福祉施設を急遽見学させていただきました。急な訪問にも係わらずご対応いただきありがとうございました。
最後に、今日は休日にも係わらず朝からご案内いただきました相楽福祉会の永井さん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

ここまでは、自分が働いている日本財団を通じて競艇の売上の一部がどのように使われているか見てきましたが、これからはそのお金がどのように生まれるのか競艇を見に行っちゃいます!
いざ住之江競艇場へ。
山田

最初の訪問地【出張13】

京都府相楽郡精華町にある社会福祉法人相楽福祉会が運営する施設を訪問しました。
休みの日に係わらず、無理を言って見学させていただきました。
写真は訪問した福祉施設で作っている陶芸作品の作成途中です。
いろいろな取り組みをされていて大変参考になりました。
山田

いい天気です【出張12】

今日は近鉄電車に乗って京都の下のほう、奈良にとの県境にちかい新祝園に向かっています。
午前中は福祉施設見学をして、午後は一路大阪に向かって住之江競艇場です!
今日は昨日と打って変わっていい天気です。でも、積もった雪の上を渡って吹いてくる風は冷たいですね〜。
山田

2005年12月22日

明日も続きます【出張11】

JR西舞鶴駅まで送っていただき、今日の任務は終了。
プラットフォームもすっかり雪に覆われていて真っ白でした。
さらに雪の影響で京都に戻ってきたのは予定より1時間遅れの21時。
明日も朝から施設を訪問します。
本日お世話になった皆様、ありがとうございました。
山田

またもやパン屋さん【出張10】

舞鶴市での次の訪問地は社会福祉法人みずなぎ学園が運営する『みずなぎ丸田学園』を訪問しました。いつもは車で30分くらいのところが、雪と渋滞のため50分くらいかかってしまいました。
ここも素敵なパン屋さん『ベーカリー・カフェ・マール』があります!
ただ、今日はクリスマス会ということで営業していなくて残念でした。
そんなわけで写真はお店の窓から見た風景です。外はこんなことになっていました。