CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2005年10月31日

お神楽

通勤の途中、落ち葉が目につくようになりました。
10月も今日で終わりですね、すっかり秋です。

10月といえば「神無月」。日本中の神様が出雲大社に集まるので「神無月」という名称がついたとのこと。ちなみに、出雲地方は「神有月」になるそうです。

で、今日は「神」つながりで「お神楽」。
お神楽って、知ってますか?
日本の地域に伝わる伝統芸能の一つで、お祭りや神社などで奉納される舞です。
テレビなどの紀行番組で見ることはありますが、残念ながら本当のお神楽を見たことがありません。一度見てみたいものです。

「Shop人にやさしく」でお神楽!?、と、ここまで読んで不思議に思っている方がいるかもしれませんが、「お神楽」と「福祉」のコラボレーションによる素敵なお店を見つけました。

神楽ショップ<石見神楽通販システム>
http://www.iwamifukushikai.or.jp/index.html
Tel:0855-42-0039【神楽ショップ/くわの木】
 
島根県石見地方(浜田市他)に伝わる「石見神楽(いわみかぐら)」。
リズムの軽快や衣装の豪華さで有名なお神楽だそうです。

その石見神楽用のお面や衣装、小道具等を、社会福祉法人いわみ福祉会が運営する福祉施設でお製作しています。
ショップ(ホームページ)には、実際にお神楽で使うものもあれば、贈答品・お祝いの品・お土産用の飾り面などもあります。ホームページには、石見神楽の歴史や製作工程、そしてなんと石見神楽の着メロまで多彩な内容が掲載されいますので、ぜひ一度ホームページを見て下さい。

ちなみに、コレは飾り用の狐のお面。

●縦120×横70×高70mm(板サイズ) 1500円
<用  途>
魔除け・厄除けとしての意味合いを持ち、また車中やお部屋の可愛らしいアクセサリーとしてもご利用いただけます。大会の記念品や贈答としても重宝がられています。

このブログも、魔除けの意味も兼ねて写真を掲載させていただきました(笑)。

ちなみに、11月20日(日)には島根県浜田市で「2005日本 石見神楽大会」が開催されるそうです。神楽ショップの製品を実際の舞台で見るというのはいかがでしょうか。

Shop人にやさしく 山田

2005年10月30日

鬼ごっこ【休日通信】

昨日、二十年ぶりくらいに鬼ごっこをしました。
正確にいうと、昨日というよりも今日、深夜1時から早朝5時に。
それも、渋谷のセンター街や円山町で!!

知り合いが主催する鬼ごっこ大会。
20代から30代の男女約40人がわざわざ深夜の渋谷に集まって、街中を逃げて、隠れて、追いかけて、走り回りました。
半分にわかれて逃げる人と追いかける人(鬼)、1時間の鬼ごっこ。それを計3回。
歩いて、走って、逃げて、追いかけて、正直疲れました。

でも、逃げている時、隠れている人を探している時、追いかけている時、それぞれで街や人が違って見えます。特に、普段では気にもとめない、ビルの物陰が気になったりして、人間は意識で見えるものが違うということをあらためて思いました。

ぜひ、皆さんも、童心に戻って鬼ごっこをしてみては(それも、街中で!)

Shop人にやさしく 山田

2005年10月29日

ハロウィン・パーティー【休日通信】

今日は、ブログ仲間でもあり、職場の後輩でもある、つぶろぐさんや半人前の秘書さんが、都内某所でハロウィン・パーティーを開催中。
お誘いを受けたけど、ちょっと別件で予定が入っていたため、残念ながら不参加。

そしたら、「お菓子くれないと、イタズラしちゃうぞぉ(Trick or treat)」ということで、差し入れをすることにした。
もちろん、差し入れするものは「Shop人にやさしく」で紹介しているもの。

そして、選んだのがコレ



花の木農場(鹿児島)の花の木ベーカリーのお試しセット。

今日、クール宅急便で無事に届いた模様。
どんなパンだったか感想が楽しみです。

>つぶろぐさん、半人前の秘書さん
パーティー&パン、どうだった???

2005年10月28日

麦の芽が出ました!

先日ご紹介した、鹿児島の社会福祉法人麦の芽福祉会
第2弾の紹介ですロケット

この間の記事では紹介できなかった素敵な商品の情報を入手しました。
製品紹介ページを立ち上げるという噂を小耳に挟んでいましたが、グッド・タイミングで商品紹介コーナーが設置されていました〓

なかま作品物品販売コーナー!!
http://bbs8.as.wakwak.ne.jp/10843/blog/

昨日紹介したフェリシモの製品に優るとも劣らない、素敵な雑貨が満載です。
かわいいストラップやペンダント、クールなブレスレット、しゃれたバンダナ・ハンカチ、そしてかなり珍しいゴートミルク(山羊の乳)石けん。
山田的に気になるのは、手作りクリップぽち袋

麦の芽の仲間達の素敵な商品、ぜひ一度覗いて見て下さい。

それと、麦の芽福祉会のホームページの掲示板で、なんと本ブログの紹介をしていただいています。ありがとうございます!!
この場を借りてお礼申し上げます(ペコリ)。

Shop人にやさしく 山田

2005年10月27日

チャレンジド クリエイティブ プロジェクト

felissimo(フェリシモ)」というカタログ・インターネット通信販売の会社、ご存知ですか?


〜フェリシモのホームページより〜
さまざまな人たちが支えあい、
持てる力を発揮できる
「ユニバーサル社会」を目指して


社会福祉法人プロップ・ステーションと共に「ユニバーサル社会」の実現を目指すチャレンジド クリエイティブ プロジェクト(CCP)に取り組んでいます。

現在CCPでは、障害者(チャレンジド)が働く授産施設や小規模作業所などのアトリエとフェリシモのプランナー、協力メーカーやアーティストなどとのコラボレーションにより、魅力あふれるアイテムの創造に取り組んでいます。

これまでCCPから生まれたオリジナル アイテムは、フェリシモのカタログやインターネットを通じて販売を行っており、その手しごとの魅力は、お客さまに高い評価を得ています。

企業の下請けでも、自主製品の販売でもない新しいパートナーシップによるこの試みは、2003年1月に始まりました。積極的なアトリエの方々と共に、より多くの方々に喜んでもらえる事を目指して、企画に取り組み少しずつアイテムを増やしてきました。参加するアトリエや協力してくださるメーカーも増え、さらなる新しい可能性を感じています。

「魅力あふれる商品」をアトリエがつくり、私たちフェリシモが「良いと思った商品」を販売し、欲しいと思った方たちの手に届けられて楽しんでいただく……そんなシンプルなビジネスの形こそが、私たちが目指す「ユニバーサル社会」における「しあわせ」の基盤になると考えています。

私たちの暮らしを支える社会が、さまざまな人によって成り立っているように、さまざまな方々の参加とご協力でこのプロジェクトは発展していきます。

http://www.felissimo.co.jp/ccp/index.html


こんな素敵な取り組みを行っている会社です。
このプロジェクトで作られたオリジナルアイテムは、「アトリエメイド」という素敵な商品群になっています。
不思議な苔玉インテリア
さをり織りのミニギャラリーボックスフレーム
手染めレザーのお花が咲いたへアクセサリー
手作り陶器 顔がついている洗面セット
エコロジー洗たくせっけん(EM菌入り)
みんなを笑顔にするハッピークッキー

そんな素敵な雑貨や食べ物が掲載されているカタログがコレ



sorae[空へ] Vol.1 2005年9月(創刊号)

「アトリエメイド」以外にも、買い物をすることで、フェアトレードを推進したり、基金を通して途上国の支援活動が出来る商品が掲載されています。
ぜひ一度、心あたたかで、素敵なモノたちをホームページで見てみてください。

カタログを取り寄せてでも、オンラインショップでもどちらでも購入可能です。
http://www.felissimo.co.jp/sorae/v1/cfm/products_top001.cfm

夏に参加したセミナーで、フェリシモやチャレンジド クリエイティブ プロジェクトのことを知りました。本当に素敵な取り組みだと思います。「Shop人にやさしく」のコンセプトにも相通じるものがあります。
でも、こういう取り組みが、特別なことではなく当たり前のことになれば・・・、と思ってしまいます、ハイ。

felissimo(フェリシモ)
https://www.felissimo.co.jp/

チャレンジド クリエイティブ プロジェクト
http://www.felissimo.co.jp/ccp/index.html

sorae(空へ)
http://www.felissimo.co.jp/sorae/

2005年10月26日

手作りクッキー 〜私と小鳥と鈴と〜

※連絡先が一部違っていましたので、修正致しました(10/31)

唐突ですが、金子みずす、知っていますか?
山口県出身で、大正末期すぐれた作品を発表し、西條八十に「若き童謡詩人の巨星」とまで称賛されながら、26歳の若さで世を去った詩人です。
ちょっと前にドラマ映画化されているので、名前だけは知っている人も多いかと思います。

そんな金子みすずの「私と小鳥と鈴と」という詩を商品名にした素敵な手作りクッキーがあります。優しさに貫かれた彼女の詩句の数々、そんなみすずの心をお菓子に託したそうです。



手作りクッキー「私と小鳥と鈴と」
製造:お菓子の里ともちゃん
12枚入り・1,240円

味は3種類。
わたし≪バニラ≫
さっぱりまろやか ミルキー味です
小鳥≪抹茶≫
抹茶の風味 ほろにがさ ちょっぴりです
鈴≪コーヒー≫
芳ばしい 煎りたて コーヒーの味覚です


それぞれ食べてみましたが、甘みを押さえた素朴の味わいの中に懐かしさを感じます。
まさに、大正浪漫ですね(笑)。

ちなみに、山口宇部空港のANAの売店や山口県内の道の駅、みすず記念館前のお土産屋等で購入することができます。
もちろん、「お菓子の里ともちゃん」でも販売しています。
電話による注文も出来るそうなので、ぜひ問合せてみてください。

知的障害者通所授産施設 あそかの園授産部
お菓子の里ともちゃん
〒759-2302
山口県美祢市於福町下3365-1 TEL:0837-56-5038
http://f-doho.com/asoka-j/index.html
(社会福祉法人 同朋福祉会

「私と小鳥と鈴と」の他に、「手つなぎの詩」(12種類の味が楽しめるクッキー詰め合わせ1,050円)やたまごせんべいなどもあるそうです。


最後に、「私と小鳥と鈴と」の詩は、こちらのホームページ「金子みすず詩集」に掲載されていますので、見てみて下さい。
http://www.geocities.com/sisimaikusiki/2001/1028/kanekomisuzu.html
Shop人にやさしく 山田

2005年10月25日

〜収穫祭〜

以前紹介したココ・ファーム・ワイナリーから素敵なお知らせをいただきました。
毎年11月に開催している収穫祭のご案内ですメール
斜面のぶどう畑を開放して、2日間で1万人以上が集まる盛大なフェスティバルです。

コンサートあり音符
美味しい料理あり料理
そして、もちろん美味しいワイングラス

ハーベスト・キット(¥1,500 ワインや記念グラスなどのセット)を購入すれば誰でも参加できます。


2005 HARVEST FESTIVAL
11.19[Sat]〜11.20[Sun] AM.10:30〜PM.3:30
http://www.cocowine.com/event/harvest.html

1950年代、少年たちによって開かれた、山のぶどう畑で、今年も収穫祭が開かれます。
“晩秋の週末、ぶどう畑でみんなでワインを楽しむ”
この喜びを、末永く皆さまと分かちあっていけますよう。

日  時: 2005年11月19日(土)、20日(日)
両日とも午前10:30〜午後3:30(受付は3時まで)

場  所: 栃木県足利市田島町 こころみ学園のぶどう畑  雨天決行

参加要件: ハーベストキット¥1,500をお求めの方はどなたでもご参加いただけます。
★ハーベストキットには、自家製ワイン1本またはジュース引換券、第22回収穫祭バッチ、年号入りワイングラス、コルクスクリューが含まれます。

交  通: マイカーでのご来場は渋滞し非常に不便です。シャトルバスまたはタクシーをご利用下さい。
★シャトルバス(片道\300)は、JR両毛線足利駅北口、東武伊勢崎線足利市駅南口や太平記館などからでています。

お食事: ヴィンヤードクラブ各店が腕をふるって、美味しいものをご用意いたします。

スペシャルゲスト予定(敬称略): 楽団ラーク、Saigenjiスペシャルセッション、古澤巌ダンシングフィドル、坂田明mii+坂田学

主 催: こころみ学園

お問合せ先: こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリー
収穫祭:0284(42)1807
FAX:0284(42)2166


〜案内チラシより〜


ぜひ参加して、感想などをコメントに書き込んでみて下さいね。

Shop人にやさしく 山田

2005年10月24日

〜鹿児島から、麦の芽〜

小学生の頃、家(農業)の手伝いで『麦踏み』をしたことがあります。
麦踏みとは、生えてきたばかりの麦の芽を足で踏みつけるというものです(そのまま文字通りですが・・・)。これをすることによって、逆に麦の成長を促すそうです。
「生えたばかりの麦の芽を踏んづけて大丈夫かな!?」と思いつつ、北風が吹きつける中、遊び感覚でやっていたものです。
そんな踏みつけた麦も、春にはたくましく成長していましたキラキラ
冬、厳しい自然や踏まれることに耐え忍び、春には青々と成長し、そして実る『麦の芽』。

そんな素敵な名前をつけた団体が鹿児島にあります音符
社会福祉法人麦の芽福祉会
障害乳幼児から高齢障害者まで、そしてその家族の人々が、地域の中で安心して、しかも豊かに暮らせる地域づくりを目指している団体です。鹿児島市を中心に活動を行っています。

訪問したのが、年に一度の大イベント「むぎのめふれあいフェスタ」(10月15・16日開催)の前日。皆さん、楽しくかつ忙しそうに翌日の準備をしていました走る

ここでは、パン、クッキー、アロマ石鹸、古紙製植木鉢、ポストカードなどなど、いろいろなものを作っています。ただ、残念なのは通信販売などはやっていないので、鹿児島に行かないと買えないことです、ハイ。


            植木鉢とクッキー


社会福祉法人麦の芽福祉会本部
鹿児島県鹿児島市川上町680-3
пF099(244)8201
http://www.muginome-fukushi.or.jp/

ちなみに、お土産にいただいたアロマ石鹸
以前「小麦の家」の記事を投稿してくれたMさんに、モニター使用をお願いしました。
どんなものか、↓↓↓を参照

アロマ石鹸



作業所で作られたローズウッドの手作り石鹸を使ってみました。

実は、私も友人からアロマ石鹸作りを教わって作ったことがあります。
石鹸のベースに、エッセンシャルオイルを混ぜるのですが、オイルの特性で
肌にも精神的にも良い影響があるそうです。

アロマ石鹸を作りながら、こういう石鹸を作る作業所があれば、きっと
一般の女性は飛びつく商品だろうなぁと思っていたところです!

早速、ローズウッドの石鹸、使ってみました!
ローズウッド・・高揚作用、お肌にもなかなかグッド&リラックス効果あり。
ハートのかわいらしい形でしたので、是非、是非皆さんも使ってみてください。
色んな種類があるようです。

by Mori

写真はレモンの石鹸です!
ちなみに、作った人の素敵なメッセージ付でした。

2005年10月23日

300アイテム【休日通信】

今日は、一日かけて部屋の整理兼衣替え。
といっても、作業やったのは実質2時間くらいだったけど。
涼しくから寒くなりつつあるこの頃、やっと秋・冬の準備ができた。

ちなみに、夏物は段ボールに詰めて群馬の実家に送ってしまう。
もちろん、冬物は先日実家から送ってもらったもの。

なんでこんな面倒なことをしているかというと、上のタイトルに関連してくる。
現在住んでいるところは都内のワンルーム・マンションで、昨年12月に引っ越して来た。
その時、決めた二つのルールのうち、一つがコレ

300アイテム以上のものは、部屋に置かない。 

「シンプルな生活をしよう」と思って設定したこのルール、忠実に守っている。
その代わり、実家にはその十数倍のものが保管されている・・・。
ちなみに、ゴルフクラブなどはバッグやボールも含めて1アイテムと数えているので、厳密にモノの個数ではない、種類といったところ。

引っ越して来た時は221アイテムで、この10ヶ月で少しだけ増えて262アイテム
機会があれば、シンプル・ライフを実践している(!?)部屋の全貌を公開したいと思います。

あと、もう一つのルール、それについてはあえて書きません。
秘密にしておきます(笑)。

Shop人にやさしく 山田