CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年09月18日

帰ってきた江戸絵画 ニューオーリンズ ギッター・コレクション展

帰ってきた江戸絵画 ニューオーリンズ ギッター・コレクション展
2011年9月3日〜10月16日
京都文化博物館

千葉で見逃した、ギッター・コレクション展をやっと京都で見ることが出来ました。
噂通りの江戸絵画ですね〜。

禅画がいいです。
前に森美術館で見た中原南天棒の作品を見ることが出来、ちょっとうれしいです。

その他に水墨画もいろいろ見どころの作品があります。
虎の水墨画はおススメ。

あとは、やっぱり若冲もしっかりチェックしないと。
象の水墨画、グッときます☆

Shop人にやさしく 山田泰久

細見美術館アートキャンパス2011

アートキャンパス2011
2011年7月9日〜9月25日
細見美術館


初めて、細見美術館に行きました!
美術館の建物自体、面白いですね。

細見美術館のコレクション、いいですね。
つぼにはまります。
特別展示ということでで伊藤若冲の作品が何点かありましたが、若冲の水墨画もいいですね。
ちょっと見方を覚えました!

みなさんも京都に行く機会があればぜひ足を運んでみてください。

Shop人にやさしく 山田泰久

あこがれのヴェネチアン・グラス―時を超え、海を越えて@サントリー美術館

開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 III
コーニング・ガラス美術館特別出品 あこがれのヴェネチアン・グラス―時を超え、海を越えて
2011年8月10日〜10月10日
サントリー美術館

これもサントリー美術館らしい、企画展ですね。
歴史と美術の二つが味わえる内容です。
ヴェネチアン・グラスがどのように始まって、どのような形で世界のガラス製品に影響していったのかがコンパクトにまとめられています。

そして、アートの視点からも、ヴェネチアン・グラスの素晴らしさを体感することが出来ます。
ほんと、見ているだけで、うっとりします。
どのような作られているのかの解説もあり、なかなか楽しいです。

ガラス好きも、そうでない人もおススメの企画展です。