CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年02月21日

小指のおかあさん

小指のおかあさん
玉田さとみ・著
ポプラ社




日本初!手話で学ぶことができる私立のろう学校『明晴学園』誕生までの感動秘話!

手話では、人差指で軽くほおに触れ、小指を立てると「おかあさん」という意味だそうです。

この本は、明晴学園設立の中心となった著者の家族の物語でもあり、日本手話やろう教育のことを知る入門書であり、また、社会起業家物語でもあります。

実は、福祉の担当時代、少しの時期ですが、明晴学園の担当をしていたこともあり、明晴学園そのものについては知っていましたが、この学校がどういった経緯で計画され、実現されていったのかということをあらためて知ることが出来ました。

一つ一つの、社会的取り組みの裏には、いろんな物語があるんですね。
ぜひ、これは多くのみなさんに読んでほしい一冊ですね。
また、日本手話での教育を行うろう学校がなぜ必要なのか?
そういった社会的課題を訴えて実現していくNPOの奮闘記としてもとても参考になります。
どのように周囲に情報発信をして巻き込んでいくのか、そんなヒントが満載です。
でも、本当に地道な努力が実を結ぶんですね。

そして、もう一人の主人公である、著者の玉田さんの次男の「宙(ひろ)」くんの成長記でもありますね。
男の子、強いですね!

こちらのブログもあわせてご覧いただく、明晴学園の関係者のみなさんの取り組みも知ることが出来ますよ。
https://blog.canpan.info/tamatama/

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

1,2,3:おススメ本

「1,2,3」キャンペーンでご紹介いただいたものを紹介していきます。
しかも、2009年のものがまだ紹介しきれていなかったので、まずは2009年の続きからです。

今日はこちら。


大阪府堺市にあるNPO法人自立フロンティアズのブログ「地域で生きたいんや!」でご紹介いただいたものです。
12月3日は「1,2,3で、施設商品!」の日


障害者市民防災提言集
NPO法人ゆめ風基金

障害者自身が作った
自立支援法ガイドブック

「ワガママな障害者」の遺したもの
『こんな夜更けにバナナかよ』の世界

グループホームで暮らす
障害者の日常を綴ったまんが
「ぽろさん」1〜3(完結)

障害者が作った
ガイドヘルパー研修ビデオ
「よくわかる車いす介護」

これらは、障害理解のためなどにおススメの本です。

ブログ「地域で生きたいんや!」から購入することが出来ます。

ぜひ、こちらからご覧ください。
https://blog.canpan.info/tamago-house/archive/743

【お問合せ先】
NPO法人自立フロンティアズ
大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町1-5-1
TEL:072-244-8161
https://blog.canpan.info/tamago-house/

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ