CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年10月10日

ファンドレイジングセミナー2010第4回「幸せの循環をつくるDRM(ドナー・リレーションシップ・マネジメント)

山田も、毎回参加させてもらっている、日本ファンドレイジング協会主催の「ファンドレイジングセミナー2010」。

10月21日に開催されるセミナーのご案内をいただきましたので、転載いたします!
福祉事業所の方も、顧客データベース、寄付者データベースなどの視点で参考になるかもしれません。
ぜひどうぞ。。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

ファンドレイジングセミナー2010 
 第4回「幸せの循環をつくるDRM(ドナー・リレーションシップ・マネジメント)
 講師:吉田憲司氏

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
日本ファンドレイジング協会からセミナーのご案内です。

いよいよ後半に突入したファンドレイジングセミナー。
次回は「幸せの循環をつくるDRM」です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お申込はいますぐ!
https://pro.form-mailer.jp/fms/959bf7f610142
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(第1回)社会的にインパクトのある仕掛けで関心を集め、
(第2回)自団体の活動を相手に理解されるように語り、
(第3回)丁寧なコミュニケーションで「縁」を広げる。

第4回は、こうして拡がってきたつながりをどう継続的な支援に結び付けるか、
ということについてのセミナーです。
皆様のご参加をお待ちしております♪

団体に関わる人々の、価値観、動機、生活様式は多様化しており、
様々な支援者から寄付などの支援をいただくことは容易ではありません。
既存の、あるいは潜在的支援者の属性、嗜好、行動様式などを踏まえ、
支援者との関係構築に力点を置く支援者拡大の考え方
「DRM(Donor Relationship Management、寄付者関係性管理)」と
支援者データベースを用いたDRMの実践方法を学びます。
ホンキで社会を変えるチャレンジをしたい人、必見です。

■会場:日本財団ビル2階大会議室

■日時:2010年10月21日 18時半から20時半(開場18時)

■定員:150名(事前予約制)

■参加費:会員2000円 非会員4000円

※助成:日本財団 協力:アメリカ合衆国大使館

■スピーカー:
吉田憲司氏(株式会社ファンドレックス)

大学で物理学を専攻。その後、大手コンピュータメーカー本社部門で、
情報技術(IT)戦略策定や、現場の実施支援に携わる。ボランティア
活動を行う中で、非営利セクターの可能性を感じ、現在は、株式会社
ファンドレックスでコンサルタントとして活躍中。salesforce.com認
定コンサルタント、CISSP。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お申込みはこちらから!
https://pro.form-mailer.jp/fms/959bf7f610142
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


【本件お問合せ先】
特定非営利活動法人
日本ファンドレイジング協会事務局
info@jfra.jp
〒105-0004
東京都港区新橋4‐24-10 アソルティ新橋302号
電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591


--
*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°☆:*:・°★:*
[ファンドレイジング・日本2011](FRJ2011)
〜新しいコト、さあ始めよう!
【お得な早割申込受付中!】→ http://jfra.jp/frj2011
*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°☆:*:・°★:*


ちなみに、山田も日本ファンドレイジング協会の会員ですよ。

山田泰久

直島塩キャラメル

この三連休、雨が続きますね。

今日はこちら。



直島塩キャラメルです。
NPO法人直島町観光協会プロデュースの「直島塩キャラメル」です。
直島の完全天日塩の「SOLA SHIO」を使ったキャラメルです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
直島の海水と直島に降り注ぐ
太陽の熱だけで造られた天日塩「SOLASHIO」。
海水は、直島の約50メートル
沖合から汲み上げられたものです。
そんな直島の恵み、「SORASHIO」を使った
美味しい塩キャラメルができました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



塩味なので、こんな白いキャラメルです。
ステキです。

味は、甘いミルクキャラメルの中にちょっと塩味が聞いた不思議な味わいです。
塩と甘さのハーモニーが不思議な感じです。

地元のNPOの観光協会がこんなステキな商品を開発しているなんて、やっぱり直島、いいですね。
みなさんも直島に行くことがあれば、ぜひお土産にどうぞ。

山田泰久