CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年01月03日

国宝土偶展

国宝土偶展
2009年12月15日〜2010年2月21日
東京国立博物館



D.O.G.U。
ドグーです。
群馬から東京に戻ってきて、その足で行ってきました。

縄文時代早期から弥生時代中期にわたる日本の代表的な土偶が一堂に会した企画展です。
日本史の教科書でしか知らなかった、あの土偶をたった1時間で詳しく知ることのできる企画展です。

土偶、本当にいろいろな種類があるんですね〜。
教科書で覚えた土偶は、ほんと、土偶ワールドの一面だけです。
豊かな土偶ワールドをぜひ体験してください。
ちなみに、国宝に指定されている土偶3点を一遍に見ることが出来ます。

埴輪と違って、土偶も面白いですね。
原始的な造形から、かなり装飾的なものまで、時代の変遷や地域によって多種多様なモノを見ることが出来ます。
ここまで来ると、歴史的なものというより、ほんと、美術品ですね。

あと、土偶を見ていると、なぜかとても懐かしい気がしてきます。
日本人のDNAでしょうか???

ふと思ったのは、ジブリ・アニメでした。
ナウシカの巨人兵やラピュタのロボット、千と千尋の神隠しの顔なしなんか、今回展示されている土偶に似ているものがあります。
他にも、いろいろな漫画やアニメのキャラクターの意匠になっているものもありますね。


縄文時代の祈りをぜひ見てみてください。

Art人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ