CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年01月28日

手造りせんべい

今日紹介するのは第2川越いもの子作業所の手造りせんべいです。



せんべいは何種類かありますが、山田が購入したのは、ごませんべいと小粒せんべい(サラダ味)です。
さすが、小江戸「川越」ですね。
施設商品も和風です!



早速、ごませんべいのほうを試食しました。
かりかりのせんべい生地の中のごまの食感。
そして、しょうゆ味の中のごまの風味。
おいしいハーモニーです。

ぜひ、いもの子のせんべいが気になった方は、埼玉県庁にアンテナショップかっぽで購入してみてください。
あるいは、ホームページから購入してみてくださいね。

【お問合せ先】
(福)皆の郷/第2川越いもの子作業所
埼玉県川越市今成3-13-3
TEL&FAX:049-224-5144
URL:http://www.d2imonoko.jp/index.html

Shop人にやさしく 山田泰久

授産品見本市/(特)日本セルプセンター主催

「Shop人にやさしく」愛読者の皆さんは、ぜひ必見です!
いえ、必参加ですね(笑)。
山田も会期中は、会場(いない場合には受付で呼び出してください)におりますので、生の山田に出会えるチャンスですよ、アハハ。

福祉施設商品見本市 障害者就労施設の商品・サービスを一堂展示
【2月18-20日 日本財団ビル(港区赤坂)】



全国の障害者就労施設でつくられた質の高い商品やサービスを一堂に展示し、その商品力や技術力をアピールするとともに、施設担当者による商談会を開催いたします。
また、税制優遇制度や障害者雇用等についての説明、施設商品・サービスの提案、発注経験のある企業からの事例報告などのセミナーを同時開催。
この機会にぜひとも、福祉施設でつくられる商品やサービス、そして活用のメリットを実感していただき、はたらく障害者の自立支援の一助となるよう、大勢の方々のご参加をお待ちしております。



1.主 催
 特定非営利活動法人 日本セルプセンター
 社会福祉法人 全国社会福祉協議会・全国社会就労センター協議会
 関東社会就労センター協議会
2.助 成  日本財団
3.場 所  日本財団ビル(東京都港区赤坂1-2-2)
4.開催日  平成21年2月18日(水)〜20日(金) 10時〜16時 (最終日は15時終了)
5.構 成
 @福祉施設の商品展示及び事業パネル展示
  ・商品展示(記念品・ノベルティ商品・お土産品・食品・おもちゃ・日用品等)
  ・事業パネル展示(ウエス、情報処理、縫製、印刷、クリーニング等)
 A企業を対象とした「CSRのためのセルプ商品活用セミナー」の開催
  ・日時:2月18日(水) 13時〜15時 ※事前申込不要
  ・場所:2階大会議室(定員200名)
  ・内容
   1)障害者雇用推進、発注促進税制等国の施策についての報告(厚生労働省(予定))
   2)企業との連携事例紹介について((特)日本セルプセンター)
   3)発注実績のある企業等からの事例報告
   4)交流会(日本財団2階大会議室)
   セミナー終了後に、出展者と参加者との交流会を行います。
6.お問い合わせ先
〒160-0022
 東京都新宿区新宿1-13-1 大橋御苑駅ビル別館2F 
 (特)日本セルプセンター事務局 SELP商品見本市係(担当:森本・中村)
 TEL03-3355-8877 FAX03-3355-7666

あと、こちらのブログ「日本財団伊藤のブログ」でチラシやその他の周辺情報が掲載されていますので、ご覧ください。

開催チラシ

顧客の期待を裏切らない商品づくりの第一歩/関東社会就労センター協議会
2月19日 日本財団ビル開催

Shop人にやさしく 山田泰久

『月刊福祉2009年2月号』

月刊福祉2009年2月号
特集:権利擁護の10年 福祉は変わったか
全国社会福祉協議会・発行



今月の「月刊福祉」は権利擁護の特集です。
1999年に都道府県社会福祉協議会や一部の地域の社会福祉協議会が実施主体となって実施される「地域福祉権利擁護事業」が始まりました。
2007年4月に「日常生活自立支援事業」と名称が変わって現在も実施されています。
続きを読む・・・