CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年03月29日

能登半島地震への支援【日本財団】

3月25日(日)に発生した能登半島地震の災害救援として、本日から日本財団の職員2名が現地入りしました。災害救援に関する協力団体である震災がつなぐ全国ネットワーク等と連携しながら現地のニーズを確かめながら活動を行っていく予定です。地震発生から4日間経っていますが、余震も続き、まだ避難されている方、家の片付けもままならない方など多くの方が日常の生活に戻ることが出来ておりません。日本財団としても何かしらの支援が出来ればと考えています。

現地での活動については、派遣された職員がブログで随時報告していく予定です。
雨ニモマケズ風ニモマケズ
こだわりの福祉車両

また、協力団体の震災がつなぐ全国ネットワークでのブログでは、ボランティアセンターや災害救援ボランティアの活動を中心とした記事が掲載されています。新聞やテレビなどでは報道されることはあまりありませんが、被災地では大変重要な活動の一つです。
ぜひご覧いただいて、いろいろな形で現地のニーズに基づいた支援をしていただければ幸いです。また、災害はどこの地域でも起きるものです。防災、災害対策という観点からも、多くの方に見ていただきたいと思います。
震災がつなぐ全国ネットワーク事務局


ところで、日本財団では災害救援を行うために各種非常用物品を保管しています。その中は、財団マーク入りの軍手やタオルがあります。




ちなみに、軍手は福井にあるC-ネットふくい、タオルは岩手のワークステーションかねがさきで製造してもらったものです。これらの軍手やタオルが能登半島で活用されると思います。

Shop人にやさしく 山田