CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年03月04日

本人活動推進委員会 活動報告会 【休日出勤】

3月3日から本日4日の二日間にかけて、日本財団ビルで『本人活動推進委員会 活動報告会』(主催:社会福祉法人全日本手をつなぐ育成、助成:中央共同募金会、共催:日本財団)が開催されました。財団ビルの会議室をお貸ししている関係で、昨日、今日と参加してきました。


全日本手をつなぐ育成会では、中央共同募金会の助成を受け、昨年度から二年間、知的障害のある人の当事者活動(=本人活動)に関する調査研究を行ってきました。本人活動とは山田もまだ不勉強で一言で表現するのが難しいですが、知的障害のある人達が自らの生活を快適に楽しくするために、自分達で団体を作って、自分達で話し合って決めて、活動を行っていくものです。その活動には、例えば、休日みんなで遊んだり、福祉サービスについて勉強したり、就労や人間関係の大変さをみんなで相談しあったり、いろいろなことが含まれます。また、自分達だけでは出来ない部分を支援者に助けてもらいながら活動をしているそうです。

今回はこの二年間の調査研究の成果をもとに出来上がった『わたし流でいこう〜みんなで話そう、これからの暮らし』というガイドブックを用いたワークショップです。


本人活動推進委員会 活動報告会
「わたし流でいこう〜みんなで話そう、これからの暮らし」

3月3日(土)
13:30〜 開会あいさつ
13:40〜 ワークショップの進め方
14:10〜 休憩
14:30〜 分科会
      @「本人のための分科会」自分の暮らしを考えよう
      A「支援者のための分科会」情報提供などの支援を考えよう
17:00〜 おわり
17:30〜 交流会

3月4日(日)
09:00 全体会
     「みんなのための全体会」
     参加者全員で「わかりやすい」に取り組んでみましょう
11:00 参加した感想を話し合おう
11:45 おわり

各地で本人活動を行っている“本人”達が約60名、支援者が約20名参加されていました。
今回のワークショップでは、“本人”たちが自らの暮らしを振り返り、どういう風に暮らして生きたいかを考えるものです。そこには、知的障害があるからこういう生き方をする、という押し付けの考えではなく、一人一人が自分らしい生き方を考え実現させるという思いがいっぱいです。まさに「わたし流でいこう」というタイトル通りでした。

ワークショップでは、まず自分の今の生活を振り返ることから始まりました。4つのグループにわかれて、「わたしって、こんな人!」、「1週間の暮らし」、「今の暮らしのことを書いてみましょう」というテーマのシートを自分で埋めていきます。途中途中で、グループ内で発表したりして、他の人の話も聞きながら進めていきます。1日目の約2時間半のワークショップはこれで終了です。
一方、今回は「支援者」と呼ばれる人達も参加していました。「支援者」とは、本人活動や知的障害のある人の地域生活をサポートする人達です。その支援者のワークショップも同時に行われました。支援者としての心構えやわかりやすい情報提供の方法など、こちらもグループに分かれて話し合っていました。本人活動は知的障害のある人が主体的に行うものですから、支援者の役割もあまりでしゃばらず、助けが必要な時にそっと手を差し伸べるような、結構難しい役回りのようです。

2日目は、本人、支援者合同のワークショップから始まりました。また4つのグループにわかれて、昨日、本人達が作成した今の暮らしを振り返るワークシートをもとに、今度は10年後の目標を考えるというものです。本人達は自分の思いや願いについて考え、支援者は前日のワークショップで学んだことに注意をしながら、本人達が考えるための手助けを行っていました。
最後は、本人達と支援者にわかれて、本人達はそれぞれ目標やワークショップの感想を述べて、支援者は支援についての振り返りを行いました。

二日間報告会を見学させてもらって印象に残ったことは、本人の皆さんの熱気と、それぞれの思いでした。仕事で、障害者の地域生活の推進を図るための支援を行っていますが、実際に皆さんのお話しを聞いて、本当に参考となる話しが多かったです。今回の報告会も気づきの多いものとなりました。また、参加された皆さん、それぞれが大きなものを得て帰ったと思います。
参加された皆さん、事務局の皆さん、二日間、お疲れ様でした!

ところで、2007年度助成事業として、本人の会の支援を数件ですが、行うことが決定いたしました。山田はそれらの事業の担当をしているのですが、今回の報告会は今後本人活動を支援していく意味でも非常に参考となりました。この週末の山田個人としての成果は、2007年度に活かしていきたいと思います。

そうそう、『わたし流でいこう』のガイドブックは今回のワークショップで使用したワークシートの他に、本人向けの、障害者自立支援法や成年後見制度、契約に関する解説や、支援者向けの解説もあって、勉強になる一冊です。
気になった方は、ぜひ、全日本手をつなぐ育成会にお問合せ下さい。

Shop人にやさしく 山田