CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年03月08日

中心市街地域化戦略委員会【素敵な取り組み】

今日は、すっかり春ですね〜。
朝、マンションの建物から一歩足を踏み出した時に、“春”に包まれたような感じがしました、うふふ。

と、ポエティックに始まった“Shop人にやさしく”ですが、今日は愛知シリーズを一時中断して、【素敵な取り組み】をお知らせします。


こんなフォーラムが、開催されるそうです。
商店街を中心とした地域づくりのフォーラムです。
興味のある方は、ぜひぜひ!!

>>>>>>

日本を代表する商店街が自主財源により地域課題解決に挑む!
「中心市街地活性化戦略委員会」キックオフフォーラムご案内
━■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「地域再生の担い手が語る21世紀の新たなまちづくり戦略」
    官から民へ、まちづくりに新潮流!!
  〜革新的まちづくり先進モデルの創出へ〜
-----------------------------------------------
     2006年3月15日(水)14:00〜
    @六本木ヒルズ ハリウッドプラザ5階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■━

来る3月15日(水)、まちづくり先進モデル創出を目的とした「中心市街地活性化戦略委員会」キックオフフォーラムを下記日程にて、六本木ヒルズにおいて開催致します。

同イベントは、全国政令指定都市の先進商店街、企業、広告代理店、まちづくりNPO、学識経験者、官公庁等が一同に会し、協働で先進的な地域再生事業を創り上げるネット
ワークである「中心市街地活性化戦略委員会」のキックオフとして実施するものです。

当委員会は、設立初年度は、これまで景観等の観点から様々な法規制が存在していた広告に注目し、その概念を一新し、広告収入をエコ・防犯・清掃・観光・子育て等のまちづくり事業へ投資するというまちにおける広告活動による先進的社会貢献手法を考案し、同フォーラムは、当事業の全国初の発表の場となります。

これまで長年、補助金のみに頼っていた官主導のまちづくりに一石を投じ、当委員会は地域再生の切り札として、上記テーマに沿った先進的まちづくりモデルの水平展開(全国発信)を鋭意行ってまいります。

このキックオフフォーラムがご来場の皆様と「つながる場」となり、ご一緒に日本の地域の衰退の革新的なソリューションを生み出すスタートとなると考えております!!

皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

■フォーラム概要 
「中心市街地活性化戦略委員会キックオフフォーラム」
【日  時】3月15日(水)14:00〜17:30
 (17:30〜懇親会(名刺交換会))
【会  場】東京都港区六本木6-4-1 
六本木ヒルズハリウッドプラザ5階ハリウッドホール
【定  員】500名 
【参加費用】500円(資料代)(懇親会:1000円)
【主  催】中心市街地活性化戦略委員会 
事務局(株)ジャパンエリアマネジメント
【当日のプログラム】
●基調講演:
「まちづくり、真なる協働の時代へ」
中野清氏(衆議院議員 厚生労働副大臣)
●事務局挨拶:
「中心市街地活性化戦略委員会について」西本千尋氏
( 株式会社 ジャパンエリアマネジメント 代表取締役社長)
●プレゼンテーション:日本を代表する商店街が「民主導によるまちづくり」の可能性を語る
【プレゼンテータ】:
(福岡)新天町商店街協同組合   楢崎慶司氏
(札幌)狸小路商店街振興組合  菊池恒氏
(仙台)仙台駅前7商店街 浦山良氏
(東京)新宿駅前商店街振興組合  平正幸氏
(大阪)心斎橋筋商店街振興組合  平松康一郎氏   
順不同
●ゲスト紹介〜
挨拶:桑島俊彦氏(全国商店街振興組合連合会 理事長)
    越後啓子氏(映画「らくだ銀座」 総合プロデューサー 
    映画制作会社 楽映舎 企画プロデューサー)
●パネルディスカッション:
「21世紀に求められる戦略的・自立型まちづくりについて」
  【パネリスト候補】:
安井潤一郎氏(衆議院議員 早稲田商店会会長)
加藤庸之氏(経済産業省 中心市街地活性化室 室長)
谷本寛治氏(一橋大学大学院商学研究科 教授)
株式会社電通 OOHM局 (管理職担当者)
株式会社博報堂 アウトドアメディア局(管理職担当者)
順不同  
【コーディネーター】:
駒崎弘樹氏(株式会社 ジャパンエリアマネジメント 監査役
NPO法人フローレンス 代表理事)

■参加申し込み方法■
下記項目をメールにて入力し、info@areamanagement.jp にご送信ください。
その際、件名を「キックオフフォーラム参加申し込み」としてください。
@お名前
A年齢・性別
Bご職業(会社名、学校名、学年など)
C電話番号
Dメールアドレス
Eこのフォーラムを知ったきっかけ
F懇親会の参加 有・無

<<<<<<<<<<<


障害者の地域生活を考えた時に、『福祉』も地域に支えられている存在から、地域の核となって活躍するプレイヤーになるべきかもしれませんね。

明日は、そんな地域づくりを行っている、あの社会福祉法人むそうを紹介しちゃいます。
お楽しみに〜。

もう一つ、お楽しみに、恒例のカレンダー版画シリーズです。
今回は、社会福祉法人かすみが丘学園のカレンダーの3月「さくら」です!

”です。

Shop人にやさしく 山田