CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2005年12月11日

今日もセミナー【休日通信】

今日も、昨日に引き続いて日本自閉症協会が主催する研修会に参加してきました。
「わかりやすい自閉症基礎講座」
東京都立梅ヶ丘病院の市川宏伸先生の講演で、たっぷり3時間、自閉症について学ぶ。昨日からの参加者30名を含め、教育・福祉関係者や一般の方など約150名の参加があった。
皆さん、市川先生の話しを熱心に聞き入っていて、あっという間の3時間だったと思います。

自閉症について詳しく勉強するようになって約3ヶ月。知れば知るほど、う〜んと考え込んでしまう。自閉症児・者やその家族を取り巻く状況、行政の取り組み、自閉症を含む発達障害が身近なことであることなどなど。でも、一番は"自閉症”というものが一般の人にはほとんど正しく理解されていないことである。
日本財団として、山田個人として、どんなことができるかまったくノー・アイデアだけど、これからいろいろ考えて行きたいと思う。
もちろん「Shop人にやさしく」でも何かできることがあればしていきたい。

そんな感じで、この週末は、勉強になったし、考えさせられる二日間だった。
参加者の皆さん、事務局の皆さん、お疲れ様でした。

最後に、この写真は、セミナー終了後の帰り道での東京タワー。
夕闇の中、辺りを暖かく照らす東京タワーのように、この二日間のセミナーが自閉症の方々を取り巻く環境を暖かな光で照らす灯りとなるように・・・。


Shop人にやさしく 山田