CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2005年12月07日

障がい者クロネコメール便配達事業【素敵な取り組み】

先日、このブログでもお知らせした“平間至ポスター展「私を、待っていてくれる人がいます。」 ”。

この間、スワン・カフェ&ベーカリー赤坂店に見に行った時に、(財)ヤマト福祉財団が推進する“障がい者クロネコメール便配達事業”のパンフレットがあったので、もらってきました。
写真がそのパンフレットです。



B2サイズの1枚紙を八つ折にしたもので、表は平間至さんのポスターを使用したものになっています。裏面には、この“障がい者クロネコメール便配達事業”を受託している障がい者施設・作業所の全国マップになっています。
マップによると約80の施設・作業所でクロネコメール便の配達を行っています。

この事業は、施設・作業所とヤマト運輸が契約して、その施設や作業所を利用している障がい者の方を中心にメール便の配達をしてもらうというものです。
通常は個人契約で配達員になるそうですが、施設・作業所ごとに契約することによって、より障がい者の方が携われるようにしています。また、一般の個人契約の配達員と配達委託単価(賃金)は変わらないそうです。

私も以前訪問した、群馬の「わーくはうすすてっぷ」でこれから行うメール便の配達の準備をする皆さんの様子を見学させていただいたことがあります。これから仕事に向かう嬉しさと緊張が混ざったような皆さんの真剣な顔が忘れられません。

ヤマト福祉財団”並びに“ヤマト運輸”、スワン・ベーカリー以外にもこんな素敵な取り組みを行っているんですね。ステキです!!
ちなみに、以前、実家の妹がヤマト運輸で働いていたことがありました。その節は、ヤマト運輸の皆様、お世話になりました、ペコリ。

最後に、障がい者クロネコメール便配達事業の詳細をお知りになりたい方は、こちらのホームページまで。
(財)ヤマト福祉財団
http://www.yamato-fukushi.jp/works/delivery/

Shop人にやさしく 山田

しいたけ from宮城

Canpan Blog人気ランキングで、我が“Shop人にやさしく”と常に競い合っている“雨ニモマケズ風ニモマケズ”さん。
その運営者、実は隣の席で日々ブログ更新をしている私の上司です。

先週、“雨ニモマケズ風ニモマケズ”さんが宮城県にある柴田町社会福祉協議会が主催する防災フォーラムにパネラーとして参加してきました。
↓↓フォーラムの記事はコチラ↓↓
https://blog.canpan.info/makezu/archive/85

そのフォーラムで、柴田町にある社会福祉法人福寿会が運営する福祉施設で栽培しているしいたけがお土産として配られたそうです。素敵な商品の情報として、“Shop人にやさしく”のために写真を撮ってきてくれました!!
コレがお土産のセットです。



ラベンダーのポプリ、干ししいたけ(袋入り)

でもでも、どんな「干ししいたけ」だったかは、残念ながら既に“雨ニモマケズ風ニモマケズ”さんの体の一部(!?)になっているようで、私自身は見ることも味わうことも出来ませんでした(笑)。

フォーラムを主催した柴田町社会福祉協議会さん、地域のために粋な計らいをしますね、ステキです!!


ちなみに、社会福祉法人福寿会の連絡先は次の通りです。
周辺にお住まいの方、ぜひ問い合わせてみてくださいネ。

社会福祉法人福寿会
〒989-1621
宮城県柴田郡柴田町大字本船迫字沢田39番地
TEL:0224-56-4160
FAX:0224-56-4322

Shop人にやさしく 山田