CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年04月23日

CANPANブロガー新人歓迎会

今年の4月に入会した新人職員を囲んで、

日本財団職員のCANPANブロガー有志による、

新人歓迎会です。

総勢17名が参加です!!

楽しいひと時ですね。

山田泰久

2010年04月06日

春の交流会

今日は日本財団春の交流会でした。2010年度の助成決定団体にご参加いただき交流を深めるというものです。
いろいろな方とお会いできてよかったです。

写真は、司会のシナジーメーカー村上です!

2007年05月28日

セミナー『障害者の声から地域移行を考える』

本日は、6月3日に開催されるセミナーのご案内です。
障害者福祉、脱施設化、地域移行、地域生活、グループホーム、本人活動等、ご関心・ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。
この事業の関係者の方からお話しをお伺いするたび、知的障害のある方の地域生活についていろいろ考えさせられることが多々あります。この研究成果が障害者福祉の分野に携わっている方々に広く共有されることを切に願っています。


〜障害者の声から地域移行を考える〜
長野県知的障害者入所施設「西駒郷」の地域移行を検証する研究報告会


【ご案内】
長野県にある大型入所施設「知的障害者総合援護施設西駒郷」の地域移行の取り組みに対する評価・検証に関する調査研究が、日本財団の助成事業として2006年3月より進められています。かつて500人以上が暮らした西駒郷から多くの方が地域生活へと移行し、私たち研究班ではこれまで180人へのききとり調査を行なっています。その結果(評価および成果)をご報告するとともに、障害をもつ人の、施設や病院からの地域移行について考える場をもつこととしました。
関心のある皆さまの多数のご参加をお待ちしております。

日 時 2007年6月3日(日)12時00分〜17時まで
場 所 日本財団ビル2階「大会議室」(〒107−8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号) 
<アクセス>
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

定 員 会場の都合上、150人までとさせていただきます。
参加費 1000円(資料代含む)
申込み 人数把握のため、事前に申し込まれることを希望します。
@ 代表者のお名前、A人数、B所属、C会場で必要な支援 を明記の上、
  以下までメールまたはファックスでお申し込みください。    
  大阪府立大学人間社会学部 三田研究室
  メール mita@sw.osakafu-u.ac.jp / Fax 072-254-9779
主 催 長野県西駒郷の地域移行評価・検証に関する研究班
(なお、助成事業実施団体は、社会福祉法人長野県社会福祉事業団です)

【プログラム】 
11時30分 開場
12時00分 開会の挨拶  堀米 信一(長野県社会福祉事業団 常務理事)
12時10分 報告@
     「長野県西駒郷における地域移行の現状報告」 
     山田 優(長野県西駒郷地域生活支援センター 所長)
12時50分 質疑応答
13時05分 報告A
    「検証研究概要と地域移行した障害者本人へのききとり調査報告」
     三田 優子(大阪府立大学 准教授)
14時00分 報告B
     「地域移行した障害者本人たちの交流会実施報告」
     竹端 寛(山梨学院大学 専任講師)
14時20分 報告@と報告Aについての質疑応答

14時45分   休 憩 

15時00分 シンポジウム
   「検証結果から見えてくること 〜地域移行の展望と課題〜」
    <シンポジスト>
    小宮 英美(NHK解説委員)
    光増 昌久(小樽松泉学院 施設長)
    大池ひろ子(長野県社会部自立支援課 課長)
    山田  優(長野県西駒郷地域生活支援センター 所長)
     <進行役>
    蜂谷 俊隆(研究班員/神戸学院大学)
16時30分 質疑応答
17時00分 閉 会 

■日本財団Canpanブログ「☆地域移行を検証するブログ☆」もぜひごらんください。 
  https://blog.canpan.info/nishikoma-pro/


当日は、山田も会場にいますので、参加される皆様をお待ちしております。

Shop人にやさしく 山田

2007年04月23日

明日から春の交流会シリーズ

先週18日(水)、東京・赤坂で「日本財団 春の交流会」が開催されましたが、その時、ご来場いただいた皆様に、“ステキなお土産”として、障害者就労施設の製品をお配りさせていただきました。本来ならば『たいしたものではありませんが・・・』というところですが、これが『たいしたもの』なんですよ、皆さん!!

とりあえず、今回お配りした商品の一覧でございます。



お茶やせっけん、クッキー、携帯ストラップ、ポストカード、手提げ袋、切干大根、マグネットなどなどいろいろなものがあります。この商品を明日から【春の交流会】シリーズとして、ご紹介しちゃいます!
お楽しみに〜。


ところで、4月25日(水)、恒例のランチコンサート・展示即売会を開催致します。
今回は、5月13日(日)の母の日に向けて、“お母さんが喜ぶ”品々を集めた、『母の日』特集です。ぜひランチコンサートにあわせて、展示即売会にもお立ち寄り下さい。

第80回ランチコンサート 4月25日(水)12:10〜12:50 日本財団ビル バウ・ルーム
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/bow/2007269.html


こんなステキなブーケを販売します!

では、今週のShop人にやさしく、目が離せませんね。

Shop人にやさしく 山田

2007年04月18日

お疲れさん会

春の交流会も無事終了しました。今年は600人以上の方が参加していただきました!
お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
終わった後はこんな感じでお疲れさん会です。会場は片付け中です(笑)。

共働学舎のチーズ

第二部は懇親会、つまり宴会です。こちらでは、いわゆる授産品を提供させていただきました。
ココファームのワインに、はらからのとうふ、共働学舎のチーズをみなさんに食べていただきました!

春の交流会

本日は東京赤坂にある全日本ホテルで、日本財団春の交流会が開催されています。
今年もお土産を用意しています!福祉施設の製品を用意していますよ。

2007年04月10日

Shop人にやさしくに、兄弟ブログが出来ました。

『Shop人にやさしく』も、いよいよ障害者自立支援法に基づく、法定施設の運営に乗り出します。目指す事業体系は、もちろん就労継続支援事業しかありません。でも、ウソです。
今年度立ち上げたのは、こちらのブログ。

就労継続支援事業所(C型)
〜〜
障害のある人の、就労継続支援事業や就労移行支援事業、小規模作業所などの福祉的就労や、一般就労を応援(cheer)するために立ち上げたブログです。
本ブログは、日本財団福祉チーム働くユニットがお送りするものです。
〜〜




こちらのブログでは、就労支援事業所や小規模作業所に向けて、参考となるような情報を発信していこうというものです。日本財団の業務を通じていろいろな情報を入手する機会があります。例えば、申請をもらって審査している時、出張で施設を訪問した時、担当助成事業の関係者から話しを聞いた時、財団の業務にはもちろん、他の施設の関係者が聞いても有益な情報を入手ことがあります。また、財団では障害者福祉以外にもいろいろな分野の支援を行っており、いろいろなことに目を向けるようにしています。そんな中で、新しい生産活動のヒントになることもあるでしょう。
そんな情報を発信していくためのブログとして立ち上げたものです。

Shop人にやさしくが、一般の人に就労支援施設や小規模作業所で作られているステキな商品を紹介するブログならば、就労継続支援事業所(C型)は福祉業界の関係者向けに情報発信・情報提供していくためのブログです。Shop人にやさしくの発展形です。
情報の質・量ともにまだまだですが、末永くお読みいただければ幸いです。そして、ブログに掲載した記事をきっかけに障害のある人の働く場の整備や収入の向上に繋がっていけばと、切に願っています。

ちなみに、就労継続支援事業所(C型)は、こだわらない伊藤のブログ書かないならやめちゃうブログShop人にやさしく合同の団体ブログとして運営していきます。

それでは、Shop人にやさしくと同様に、就労継続支援事業所(C型)をご愛顧ください!

Shop人にやさしく 山田

2007年04月02日

新年度にあたって(Shop&山田)

本日から2007年度の始まり(仕事日的に)ですね。
Shop人にやさしくも、山田の仕事的にもバージョンアップして行きます。
まずは、かわいいイラストを使っていきますよ。



それはさておき、新年度にあたって、2007年度の方針を発表いたします!
Shopのことも、その他の仕事もいろいろリンクしている部分もあるので、ごちゃまぜですが、2007年度にやろうとしていること、やりたいことなどをつらつらと書いておきます(笑)。


〜2007年度のラフな行動計画〜

〓 障害者就労支援に力を入れていきます

厚生労働省の工賃倍増計画に乗っかって、何か支援策を考えて行きます!

福祉施設の製品の売上拡大にも力を入れていきます!

稼げる就労種目の開発や普及を視野にがんばります!

障害者の一般就労への支援も考えたいと思います!

いわゆる社会起業家と言われている人達と福祉のコラボレーションを進めていきます!

リアルShop人にやさしく(=展示即売会)、今年度も引き続き実施します!
次回は4月11日のランチコンサートです。

さらに、山田の机の前に、常設店(!?)も設けました。まずは、財団内で販売を拡大していきます(笑)。



〓 発達障害者支援に力を入れていきます

ここ最近、発達障害に関する解説本や体験談などをよく読んでいます。発達障害について、本格的に勉強していこうと考えています。まずは、どんな支援ができるか、そんなことを考えて行きたいと思います!


〓 夕張や能登の支援を考えて行きます

昨年度末から、日本財団として夕張の地域福祉の支援に取り組みはじめました。Shop的視点に立って何か出来ることを考えて、支援を行っていきます!

先月末に発生した能登半島地震ではまだ多くの方が避難生活をされています。また、前の暮らしを取り戻すまでにはこれから多くの時間がかかることでしょう。現在、日本財団からも3名が現場の調査、並びに災害ボランティアのコーディネートのために能登半島入りしています。今後、支援の方策を考えて取り組んで行きたいと思います!


〓 改修事業に力を入れます

今年度も、日本財団改修事業助成に力を入れています。特に、いろいろなフォーラムなどにお邪魔して、周知に力を入れていきます!


〓 担当する助成事業を紹介していきます

2007年度より、助成先団体にはCanpanブログを立ち上げてもらうことになりました。せっかくの機会ですので、山田が担当する助成事業をShopでも随時紹介させていただきます!



〜2007年度のラフなモットー〜

ロケット 勝手に企画提案していきます

いろいろ思いついたアイデアは実現可能かどうかは考えず、いろいろなところに提案していきます。自分の業務の範疇であれば有言実行で、それ以外のことなら関係者に対して“無責任”に提案していきます。あと、いろんな人を巻き込んでいきます(笑)。
今年度はちょっと“他力本願”主義で行きます!


ロケット アグレッシブに出張に行きます

これまでは福祉の勉強のためということもあり、いろいろと出張に行ってましたが、今年度は障害者就労支援の参考となる施設などを重点的に訪問します!
攻めの出張ですね(笑)。


ロケット 「青空プロジェクト」始まります!

最近、「青空○○」というフレーズが好きです。なので、青空出張に、青空会議、青空ランチ、青空ファイリング、青空販売など、「青空○○」に取り組んで行きます!?


そんな感じで、2007年度もいろいろやって行きますので、よろしくお願いします!

Shop人にやさしく 山田

2007年03月29日

能登半島地震への支援【日本財団】

3月25日(日)に発生した能登半島地震の災害救援として、本日から日本財団の職員2名が現地入りしました。災害救援に関する協力団体である震災がつなぐ全国ネットワーク等と連携しながら現地のニーズを確かめながら活動を行っていく予定です。地震発生から4日間経っていますが、余震も続き、まだ避難されている方、家の片付けもままならない方など多くの方が日常の生活に戻ることが出来ておりません。日本財団としても何かしらの支援が出来ればと考えています。

現地での活動については、派遣された職員がブログで随時報告していく予定です。
雨ニモマケズ風ニモマケズ
こだわりの福祉車両

また、協力団体の震災がつなぐ全国ネットワークでのブログでは、ボランティアセンターや災害救援ボランティアの活動を中心とした記事が掲載されています。新聞やテレビなどでは報道されることはあまりありませんが、被災地では大変重要な活動の一つです。
ぜひご覧いただいて、いろいろな形で現地のニーズに基づいた支援をしていただければ幸いです。また、災害はどこの地域でも起きるものです。防災、災害対策という観点からも、多くの方に見ていただきたいと思います。
震災がつなぐ全国ネットワーク事務局


ところで、日本財団では災害救援を行うために各種非常用物品を保管しています。その中は、財団マーク入りの軍手やタオルがあります。




ちなみに、軍手は福井にあるC-ネットふくい、タオルは岩手のワークステーションかねがさきで製造してもらったものです。これらの軍手やタオルが能登半島で活用されると思います。

Shop人にやさしく 山田