CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月22日

新潟での施設商品セミナー

先日、久しぶりに施設商品関係のセミナーでお話しをさせていただきました。

新潟県社会福祉協議会からお声掛けいただき、福祉のお店会員施設向けの研修会で講義とワークショップを行いました。

日時:2011年12月19日(月)13:30〜16:30
参加者:新潟県内の福祉施設関係者48名


13:40 講義@
「いろいろな施設商品を見てきて、感じたこと・考えたこと・気づいたこと」
パワポ資料と、写真のスライドをもとに説明




14:40 ワークショップ
「今どきのソーシャルな商品の売り方」
「自施設のオンリーワン商品の紹介」
(1)個人ワーク
ワークシートに記入(10分)
(2)グループワーク(6人一組)
・それぞれ書いたワークシートを回し読み(10分)
 ※読んで感想を書き込む
・自己紹介をしながら感想共有(15分)
【ねらい】
□一押し商品の「売り」となる部分を考える
□他の人から見た時にどこが売りになるのかを考える
□他の商品の「売り」を見て、気づきをえる
□地域内にいろいろな商品があるということを知ってもらう

「ロンリーワンではない、オンリーワン商品」
(1)解説(5分)
 これからは施設が単独で行うのではなく、他の施設や企業、地域、NPOと連携して
 販売をしていくのが今風である。自分一人だけの力はたいしたことはないが、
 地域内で連携して、商品構成も豊富になり、営業力も増える。
 最近の授産品で注目を浴びるのもそういうものである。
 ロンリーワンでやるのではなく、オンリーワン商品のネットワークが大事。
 自分の施設のものだけでなく、他の施設のものも一緒に販売するネットワークが重要。
(2)グループワーク
・アイデア出し(15分)
 ※各施設でどんな商品を作っていて、どんな販売方法をしているのか
 ※ポストイットを使いながらアイデアを書いて、各自発表しながら内容を整理する
・アイデア検討「コラボで販売」(20分)
 ※出された商品や販売方法、販路をもとにどんな販売戦略ができるかを考える
 ※連携して商品開発や販売を考える
 (例:いくつかの施設の商品を組み合わせてお歳暮商品を作る)
【ねらい】
それぞれの施設でいろいろな商品があり、販売方法があることを知る
その上で一緒に協力することができないかを考える
このワークを通じて、地域の施設商品の魅力を見つけたり、
自施設の改善のヒントを得る
あわせて、一緒に行うことで得られる相乗効果を考えるきっかけにしてもらう

グループワークのまとめはこちら。



16:05 講義A
「NPO的な広報、ソーシャルメディアの活用」


16:30 終了


今回は施設商品に関する話だけではなく、情報発信の話をもさせていただきました!

ご参加のみなさま、主催者関係者のみなさま、ありがとうございました。

日本財団 山田泰久

2011年03月05日

「ツイッターでできる!?人つなぎまちづくり」参加者募集!

3月16日、千葉でツイッターセミナー(主催:千葉・NPOクラブ)です!
千葉のみなさん、ぜひご参加ください☆

===========================

「ツイッターでできる!?人つなぎまちづくり」参加者募集!

これまで広報ツールとして想定されていたのは、テレビ、新聞といったマスメディアやタウン誌、チラシといった紙媒体、そしてホームページやブログや地域SNSといったインターネット媒体などです。しかし、これらの多くは、違った職種、環境の人たちが自由に意見交換できるといったものではありませんでした。
ツイッターやフェイスブックなど、情報発信の仕組みが急速に変化している昨今、新たなネットワーク作りやコミュニケーションが期待できます。

講師は、日本財団CANPAN運営事務局の山田泰久さん。人、地域、社会に良いことが大好きな「ソーシャル系男子」として日々ソーシャルな情報を発信していらっしゃいます。

ゲストにご自身もツイッターやブログを活用している熊谷俊人千葉市長をお招きし、行政におけるツイッターの有効性、市長自身が考える情報発信について、講師と対談します。
また、市民活動団体での活用事例としてNPO法人千葉自然学校に発表していただきます。
ぜひご参加を!

日時:3月16日(水)19:00〜20:50
場所:千葉市生涯学習センター 大研修室
講師:山田泰久さん(日本財団CANPAN運営事務局、日本ソーシャルブログ協会会長)
ゲスト:千葉市長 熊谷俊人さん
対象:ツイッターに関心のある市民、まちづくり関連の活動団体
定員:80名(申し込み先着順)
参加費:1,000円
主催:NPOクラブ・日本財団
後援:千葉市

内容:
●講演「30分で学ぶツイッター活用ミニ講座」山田泰久さん(@canpan2009)
●対談「行政においてツイッターをどう活用するか」千葉市長 熊谷俊人さん(@kumagai_chiba)
●事例発表「市民活動団体でのツイッター活用の事例」NPO法人千葉自然学校 上地智子さん(@chiba_ns)
●参加者との意見交換

申し込み・問い合わせ:NPOクラブ
こちらのブログ記事をご覧ください。
https://blog.canpan.info/npo-club1/archive/167

===========================

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2011年03月04日

「おかやまNPOアワード2011」公開プレゼンテーションを開催いたします!

3月12日は、岡山に行きます。
こんなステキなイベントに参加します!


======================

公開プレゼン。

「岡山で一番、市民が参画しているNPOは?」
のテーマにチャンレンジしたNPOから、大賞を選ぶ!
おかやまNPOアワード2011 -寄付金配分団体選考のための
公開プレゼンテーション-を開催いたします!

■日時: 2011年3月12日(土) 13:00〜16:00

■場所: 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館「きらめきプラザ」 7階 705会議室

■プログラム:
(1) 【プレゼンテーション】
   寄付金配分団体選考のための公開プレゼンテーション

(2) 【会場投票】
   来場者による投票

(3) 【他の寄付プログラム配分式】
   ろうきんNPO寄付システム2010年度寄付金配分式
   ※今年度の募集要項はこちら。(募集終了済み)

(4) 【ミニ基調講演】

   「寄付と助成の状況観測2010年度」
   講師 山田泰久さん (日本財団CANPAN)

(5) 【結果発表】 おかやまNPOアワード2011大賞他、各賞の発表

今回、ノミネートされた5つのNPO法人!
 ☆ 子ども劇場岡山県センター
 ☆ 岡山市日中友好協会
 ☆ 岡山市子どもセンター
 ☆ 0-99おかやまおしえてネット
 ☆ グリーンパートナーおかやま

ぜひ、アワードに挑む5つのNPOの
熱いプレゼンを応援しに来てください!!

詳細は、岡山NPOセンターのブログをご覧ください!
https://blog.canpan.info/npokayama/archive/158

===================

岡山のみなさん、ぜひ、会場でお会いしましょう☆

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2010年12月19日

売上げアップ&商品レベルアップセミナー(主催:京都ほっとはあとセンター) 20101215 #fukushi

先週12月15日は、京都で福祉関係のセミナーでした。
今年度は、千葉、岡山、北海道、岡山、宮城に続いて、6回目のセミナー講師でした。
今回はNPO法人京都ほっとはあとセンターさんの主催で、京都府内の福祉施設関係者を対象にしたものです。
約40名の方が参加されていましたが、そのうち、山田が訪問したことのある施設は6カ所!
案外、京都の福祉施設を訪問していますね〜。

ちなみに、今回の講師謝金は、京都の施設商品詰め合わせ!
こちらものちほどブログでご紹介させていただきます。


【平成22年度「ほっとはあと製品」応援事業ワークショップ】
<売上げアップ&商品レベルアップセミナー>
売上げを伸ばすためにはどうしたらよいか
〜販売力・商品力のある施設から学ぶ〜

【日時及び会場】
日時:12月15日(水)13時30分から16時30分
場所:ハートピア京都 第5会議室 
     京都市中京区烏丸竹屋町東入る(地下鉄丸太町駅直結)
参加者:京都府内の障害者施設(約220か所)職員 約40名
主催:NPO法人京都ほっとはあとセンター

【セミナーの主旨】
各都道府県において、工賃倍増に向けた様々な取り組みが行われるなかで、
魅力ある商品を生み出す発想・取り組みと同時に販売する力が求められているところです。
本セミナーでは、まず基調報告として、全国300ケ所以上の福祉施設・事業所を訪問され
ている講師をお招きし、各地の新商品の開発・販売等に関する事例やヒントについてお話
しいただきます。
また、他府県の2つの施設から事例報告をしてもらい、それぞれ売り上げを伸ばすポイン
トや工賃を高めていく秘訣など、経験談を交えながら語っていただきます。
「特別なことではなくどこの施設でもできることです。」 ぜひ参加ください!

【プログラム】
・13:30〜14:40 (冒頭5分ほど開催挨拶)
基調報告 
「全国版・施設における商品開発と販売の取り組み状況
 〜日本中の事業所を訪問し、ブログで情報発信をして、見えてきたこと、感じること〜」
 日本財団CANPAN 山田泰久 氏

(休憩10分)

・14:50〜16:30
事例報告/ディスカッション
1. 「作業所の本来の姿を追及、目標を設定して着実にやり遂げる〜」
  和歌山県 NPO法人 はまゆう作業所(就労支援継続A型)
  施設長 深瀬幸子 氏
2. 「工賃0円から8万円に〜その軌跡と思いとは〜」
  滋賀県 社会福祉法人パレット・ミル(就労移行支援一般型・就労支援継続A型)
  所長 中山みち代 氏
3. 全体ディスカッション


山田の内容は、プレゼン内容はこちらです。




あと、事例報告の内容をツイッターで中継していましたので、こちらもご参考に。
和歌山のはまゆう作業所さんに、滋賀のパレット・ミルさんともに、参考となる事例の宝庫です。




ご参加のみなさま、主催の京都ほっとはあとセンターの皆様、ありがとうございました!

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2010年11月22日

東大寺大仏〜天平の至宝

東大寺大仏〜天平の至宝
2010年10月8日〜12月12日
東京国立博物館


東大寺が東京にやってきました!

東大寺の創建の話や2度の戦火に巻き込まれての再建の話など、
東大寺の歴史を知ることができます。

今回は普通の美術展とはちょっと違った趣向ですね。
さすがにあの奈良の大仏さまを展示することが出来ないので、
「体感!バーチャル大仏」という映像です。これはなかなか面白いですね。

あと、いろんな仏像が出展されていますが、照明が秀逸です。

お薦めは国宝「誕生釈迦仏立像及び灌仏盤」!
思いの他、大きいのでちょっとビックリです。
かつ、この照明が展示のためにすごい。

実際の東大寺の拝観もいいけど、この特別展に行くことによって、
さらに東大寺の魅力を知ることが出来ます。

みなさんも、ぜひどうぞ!

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2010年10月17日

発達障害児・者未来塾2010

昨日は仙台でツイッターセミナー。
今日も引き続き、仙台で施設商品のセミナーでした!


発達障害児・者未来塾2010
発達障害者メンター養成講座
主催/認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネット
           
発達障害者やその家族が「あったらいいね」と願う支援の形を現実のものとするため、家族を中心に発達障害の本人たちの障害特性を習熟し、本人と家族が地域で「楽しく・安心した生活」を実現するための支援を担える人材を5回の連続講座を通して養成します。
今年度は「就労」を大きなテーマに“今 この社会の中で これからをどう生きるか”
を皆様と共に学び合います


◆第3回 10月17日(日)9:30〜16:30
魅力ある仕事を創る
山田 泰久さん(日本財団 システム統括グループ情報コミュニケーションチーム) 
がんばっている人たちがやっているお店や作っているモノを紹介することで、「一生懸命働いている人にエールを送る」。さらにアフィリエイトの機能を活用して、NPO団体が寄付を集めようというプロジェクト=『キフィリエイト(「キフ」+「アフリエイト」)』を立ち上げたり…日本財団の山田さんは、社会貢献と真正面に向き合う素敵な方です。たくさんの素敵な人と素敵なモノの付きあってこられた山田さんから、この先「魅力ある仕事」を創っていくヒントをいただきます。会場内に山田さんお薦めの素敵な食品や雑貨も揃います。


9:30 アイスブレイク(自己紹介等)
10:00 講義(社会貢献を取り巻くトレンド)
10:30 講義(全国の先駆的な取り組み)
11:00 休憩
11:10 講義(よい施設のヒント)

12:00 お昼&試食会

13:30 ワールドカフェ
14:50 休憩
15:00 事例紹介 参考となる施設
         参考となる取り組み
16:00 質疑応答
16:30 終了

ワールドカフェ
@3〜4名のグループになる。
A20分間、会話をする。
 テーマは「午前の話を聞いた上で、授産品や就労支援事業に関するイメージ」
 ・どんなイメージを持ったか
 ・今までのイメージとどう違っていたか
B各テーブルで一人だけ残り、他の人は他のテーブルにバラバラに移動
C20分間、会話する。
 テーブルに残った1名は前の会話でどんな話があったかを共有
 他から来た人は、前のテーブルでの会話の内容について共有
 次のテーマとして「今、どんなことを準備すればよいかのアイデア共有」
D各テーブルで一人だけ残り、他の人は他のテーブルにバラバラに移動
E20分間、会話する
 前のテーブルでの会話の共有を行う
 会話のテーマは前のテーマを引き続き
F各自のまとめとして、A4用紙に以下のことを書く
 ・今日の話やワールドカフェを通じて、気になった言葉、フレーズ
 ・今、出来ること
G書き上げたものをそれぞれ、壁に貼りだし、まとめの共有とする


本日の資料



参加された皆さんの感想をツイッターでアップしました。



初めての一日がかりのセミナーでしたが、参加者のみなさんに好評でよかったです。
また、主催者のみやぎ発達障害サポートネットがご用意していただいた試食会も大好評でした。

あと、セミナーでおススメしたサイト集です。
http://www.ex-style.jp/

http://hapi-bar.com/

http://www.ued.janis.or.jp/~oideyo/

http://thinktheearth-shop.com/SHOP/0059.html

http://chirori-shop.com/

http://www.ableartcom.jp/top.php

http://www.art-brut.jp/

http://incurve.jp/

以上です。

ご参加いただい皆さん、主催者のみなさん、どうもありがとうございました!

Shop人にやさしく 山田泰久

2010年09月26日

福祉商品スキルアップセミナー@岡山

9月22日は、NPO法人岡山県社会就労センター協議会主催のスキルアップセミナー「日本財団職員が教える助成金獲得のコツと福祉商品のプロモーション」で、いろいろとお話をしてきました。

スキルアップセミナー
〜日本財団職員が教える助成金獲得のコツと福祉商品のプロモーション〜

日時:2010年9月22日(水)13:00〜16:30
場所:岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館きらめきプラザ
内容:福祉商品のプロモーションと助成金獲得のコツ
主催:NPO法人岡山県社会就労センター協議会

今回は施設商品の話しだけではなく、NPO業界のトレンド的なこともお話させていただきました。
講演の内容はこちらの資料をご覧ください。



施設商品の前に、押さえておおきたい、世の中の流行

・コーズ・リレイテッド・マーケティング
ヴォルビックの「1lfor10l」のような社会貢献につながる商品が注目を浴びている。企業としては社会貢献はもちろんのこと、売上増につながるかマーケティングの視点でも考えている。商品の差別化。

・コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、コミュニティカフェ
経済産業省などコミュニティビジネス、ソーシャルビジネスに注目している。障害者就労施設が以前から取り組んでいることなどがソーシャルビジネスとして注目を浴びているケースがある。そういった方面にもっとネットワークをひろげたほうがよい。

・ソーシャルメディアとソーシャルメディアマーケティング
ツイッターなどのソーシャルメディアが流行している。企業などはこのソーシャルメディアを活用したマーケティングに注目している。口コミマーケティングなど言われている。福祉分野でもソーシャルメディアの活用を今後検討したほうがよい。人が集まるところに情報を流すことが大事。

・フェアトレードやエコ商品
フェアトレード商品やエコ商品など、背景を持っている商品を購入する消費者が増えている。どのような切り口で商品の魅力をアピールしているか、参考になる。特にフェアトレード商品のカタログやネットショッピングサイトは、福祉施設商品の宣伝の参考になる。

・感動や共感、ストーリー
感動や共感を求めている消費者が増えている。ストーリーのある商品を求めている。施設商品も、障害者が作っているから買ってほしいではなく、どのように作っているのか、どんな背景があるのか、共感を呼ぶ魅力をアピールすることが大事。


その他の内容については、6月に岡山NPOセンター主催で同様のセミナーを行ったので、その報告をご覧ください。
https://blog.canpan.info/npokayama/archive/132
※岡山NPOセンターさんのブログから


あと、セミナーの中で簡単なアンケートをして、福祉施設のスタッフが教えるおススメの商品を教えていただきました!

ふだん購入している商品
・岡山県セルプの「コメコメクッキー」
・あかつきの「弁当」(×2)
・スワンベーカリーの「パン」
・ハローファクトリーの「パン」
・ネイチャーファームの「パン」(×2)
・すだちの家の「パン」
・多機能型事業所かさおかの「食品」「プリン」(×2)
・おしまコロニー(北海道?)の「ソーセージ」
・しょうが屋のうどん
・カメリアカフェ(愛育寮)の「パン」「カレーセット」
・すだちの家の「クッキー」
・ワクワクワークの「こんにゃく」
・うらやす荘の「ガラス製品」
・まほろば(兵庫)のラスク
・アンダンテの軽食喫茶・ランチメニュー

岡山県内のおススメ商品
・わくわくハンドベルの「おからコロッケ」
・ワークショップちどりの「紙すき製品」
・仲よし広瀬町のランチ(650円)
・ももぞの学園の「パン菓子」
・岡山県セルプセンターの「コメコメクッキー」(×2)
・ワークスひるぜんの「ひるぜんそば」
・さくらワークヒルズの「作州絣」
・祇園作業所の「マグネットクリップ」
・しょうが屋の「うどん」
・吉備ワークホームの「ストラップ」
・とき山の「花・苗」


今回のセミナーでは、いろいろと岡山の施設商品をいただいたので、少しずつ紹介していきます!お楽しみに〜。

主催の岡山県社会就労センター協議会、ご参加のみなさん、どうもありがとうございます!

山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2010年08月29日

NPO情報系セミナー3連発

この週末は、8月26日(木)は島根県浜田市、27日(金)は松江市で情報発信セミナー、29日(日)は栃木県日光市で公益ポータル関東ブロック会議で、NPOの情報発信・情報開示漬けの日々でした。

一応、ご参考まで。

市民活動団体のための情報発信力アップセミナー
日時:2010年8月26日(木)13:30〜16:00
場所:いわみぷらっと会議室
主催:(財)ふるさと島根定住財団
講師:日本財団CANPAN事務局 山田泰久
https://blog.canpan.info/c-koza/archive/175


市民活動団体のための情報発信力アップセミナー
日時:2010年8月27日(金)10:00〜12:30
場所:松江市市民活動センター
主催:(財)ふるさと島根定住財団
共催:松江市市民活動センター
講師:日本財団CANPAN事務局 山田泰久
https://blog.canpan.info/c-koza/archive/176


公益ポータル・関東ブロック会議
「人と組織をつなぐサイトって?!」
日時:2010年8月29日(日)10:30〜15:00
場所:日光総合会館
主催:公益ポータル推進プロジェクト関東ブロック会議
(NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ、とちぎコミュニティファンド運営委員会)
協力:日本財団CANPAN、IIHOE、旭化成ライフサポート
https://blog.canpan.info/c-koza/archive/177


山田泰久

2010年08月01日

北海道社会就労センター協議会第1回職員研修会のご報告

先日7月29日(木)に、北海道札幌で福祉関係のセミナーの講師を行ってきました。
このブログや日本財団業務を通じて、全国各地の福祉施設の方から教えていただいたことをまとめたものをお話してきました。


平成22年度北海道社会就労センター協議会 第1回職員研修会
日程:2010年7月28日〜29日
場所:札幌市・札幌後楽園ホテル
内容:
【1日目(7/28)】
1)開会・オリエンテーション (13:00〜13:15)
2)行政説明(13:15〜14:00) 「工賃倍増計画における実績と状況について」(仮)
3)中央情勢報告(14:10〜15:40)
「障がい者制度改革推進会議・総合福祉部会の動向とセルプ協の対応について」
報告 全国社会就労センター協議会 会長 近藤 正臣氏
4)講義@(15:50〜17:00)
「一枚のつながりから業界bPへ」(仮)
講師 丸吉日新堂印刷株式会社 代表取締役 阿部 晋也氏

【2日目(7/29)】
5)講義A(9:30〜11:30)
「就労事業のヒントと事例紹介
〜全国の事業所を訪問し、ブログで情報発信をして、見えてきたこと、感じたこと〜」
講師 日本財団 システム統括グループ 山田 泰久氏
6)閉会(11:30〜11:40)

ということで、2日目の講義の部分を担当させていただきました。
内容としては、いつもお話させていただくことです。

プレゼン資料はこちら。



あと、最近、福祉系のセミナーに行う時に、みなさんにおススメの商品をアンケートで教えていただいていますので、そのアンケート結果はこちら。

===============================

1.ここ1ケ月で購入した施設商品やお店(自分の施設を除く)

NPO法人さわやか: エコ石けん
ワークセンターるーぷ: 手芸品(パッチワーク、ペンケース、財布他)、クッキー、かりんとう
ひかり工房: パン、もち、クッキー
長沼陽風会: 減農薬豆
めだか共同作業所: 便箋
さっぽろひかり福祉会: パン
みらい(鷹栖共生会): パン
いずみワークセンター: パン
月とライオン: 豆腐
かいせい: かいせいクッキー
愛らんど: しいたけ、野菜
和光学園: パン
元気舎: 宅配弁当
スワンベーカリー札幌駅前: パン、カフェ
すてっぷあっぷ小樽: ストラップ
ゆめみーる: そば定食
ハローENJOY岩見沢: 春カフェ(パン)
雪の聖母園「オプス」: 納豆
障がい者支援施設ゆうひ(千歳市): 和風ストラップ
ワークショップ上野幌: 陶器の皿
ニセコ生活の家: 藍染の布小物
ワークショップつかさ: きじせんべい
ハローENJOY岩見沢: パン
奈井江学園: しいたけ
かのこ(苫小牧): かりんとう
ワークショップつかさ(岩見沢): きじラーメン、きじの卵



2.福祉施設職員による、北海道のおススメ施設商品&お店


NPO法人旭川しらかば共同作業所: 廃油せっけん
セルプさっぽろ: 犬の服(2票!)
リハビリークリーナース: ハンドクリーム
リハビリーエイト: 印刷物
ひざし作業所: 野菜
更菜園: 納豆ソフトクリーム
白老フロンティア: 入浴剤
ワークセンターるーぷ: クッキー・かりんとう
ひかり工房: パン(2票!)
ギャラリーショップ&カフェぶら里: 手作りがびょう、マグネット、陶器、布小物、飲食(カフェ)(2票!)
パン菓子工房バーケリー(社会福祉法人タンポポのはら): 天然酵母パン
岩見沢清丘園: キジマルクン
ハローENJOYつぎた25: 豆腐
かいせい: クッキー
北海道光生会サポートステーションステップ: エプロン、敷き物、まくら
銀山学園(ひだまり): ソーセージ
あけぼの福祉会(ペーカリーサンライズ): イギリスアズキ(パン)
工房ふきのとう: ふくろうの香炉
ポプリ: シフォンケーキ、黒豆茶
向陽園: 木のおもちゃ
旭山動物園内の福祉のお店: オーガニックコットンマスク
風連別学園: 海産加工品
栗山ゆいの会: うどん、クッキー(おからクッキー等)、創作おにぎり
就労支援センター青空 レストランピノキオ、麺処尚武庵
ないえ: しいたけ(超肉厚だった)
北のまちかど、MHC北ひろしま: 板はがき(2票!)

========================


いや〜、本当にいろいろなおススメ商品があるんですね。
いくつかは山田もブログで紹介しているところがありますが、山田の知らないものも結構あります。
北海道の商品探検、ちょっと楽しみです!


ということで、主催関係者の皆様、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!



山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ

2010年07月14日

福祉施設職員研修2@千葉市社会福祉協議会

今日は、千葉市に来ています。
福祉のセミナーの講師をしています。

平成22年度福祉施設職員研修2

日時:2010年7月14日(水)12:50〜17:00
場所:千葉市ハーモニープラザ会議室
主催:千葉市社会福祉協議会 千葉市社会福祉研究センター

千葉市内の障害者福祉施設関係者16名の方が参加してくださっています。

内容:
13:00〜14:30 講演:施設商品を考えるヒント(日本財団 山田)
14:30〜16:30 グループワーク:売れる商品の道筋を見つけるために
(千葉県障害者就労事業振興センター 緒方ともみ氏)

前半は山田の講演、後半はグループワークです。

山田の講演の内容については、こちらのパワポ資料をご覧ください。


後半のグループワークは、3つのグループに分かれ、一つの商品の販売について考える内容になっています。
今回は「セルプ・ガーデンハウス」のかえるストラップをケーススタディにしています。
各グループで価格設定や顧客層、販路や宣伝について、考えます。


あと、講演の最初で皆さんのちょっとしたアンケート(16名)をとってみました。

==========================

1.この1ケ月で、施設商品を購入したり、お店に行ったことがある人

自分の施設の商品のみを購入… 6名
他の施設の商品を購入… 4名
購入していない… 4名


2.この1ケ月で購入したもの
自法人
・パン ×5
・たまご
・やさい ×2
・はし袋
・和紙の封筒

他の施設
・あけぼの園 木工品
・レストラン花まんま
・織りのアルバムケース(施設名不明)
・オリーブハウス アイス
・PAL稲毛 スイーツセット


3.県内のお薦め商品・お店

<雑貨>
・はばたき会 手織りバッグ
・あけぼの園 木のおもちゃ
・あかね園 木のおもちゃ
・ガーデンセブン(父の樹会) 葉書

<食べ物>
・父の樹園(父の樹会) パン ×2
・ときぎわ工舎(九十九会) パン、クッキー、みそ
・たかね園 あげぱん
・中野学園 椎茸
・オリーブハウス アイスクリーム、クッキー ×2


<お店>
・「こんぺいとう」 喫茶・軽食
・「オソロク倶楽部」(印旛福祉会) パン屋・イタリアンレストラン

========================

なるほど〜。
案外、福祉の関係者も自分では施設商品を買っていないんですよね。
あと、父の樹園と、オリーブハウスが人気のようですね。
オリーブハウスのアイスクリームは何度か食べていますが、菜の花のはちみつのアイスがおススメ。

父の樹園のパンはぜひ食べたい!

あと、印旛福祉会のオソロク倶楽部はかなり、気になりますね。


ということで、参加された皆さん、関係者の皆さん、どうもありがとうございました!


山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ