CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2005年10月17日

甲州地どり

今日は、「甲州地どり」の紹介です。
どんなものか紹介する前に、まずはどれくらい美味しいか、山田のグルメレポートです(笑)。
1.歯ごたえがあり、噛めば噛むほど味わい深く、微妙な甘みがある音符
2.普通の焼き鳥と比較できないくらい美味しすぎる。特にハツやレバー、砂肝などの内臓系がお薦めジョッキ
3.手羽先が普通のヤツの3倍くらいの、大きさ、そして美味しさ電球
というぐらい、美味しいです。

そんな美味しい「甲州地どり」を育てているのが、先日の山梨出張の際に訪問した社会福祉法人ひとふさの葡萄。甲州地どり生産組合代表の加藤さんの指導の下、今年の5月から本格的に地どりの生産を始めたそうです。実際に農場を訪問して、美味しさの真相を探ってきました!

〓ブロイラーが普通55日間で出荷するところを、甲州地どりは120日間も飼育する。
走る一坪あたり10羽くらいの羽数で飼育することと、太陽光をいつでも浴びれるように放飼場を開放し、いつでも土の運動場に出られる。
拍手法律で決められた法定伝染病のワクチン以外の薬を使わない。

実際に見た出荷寸前の甲州地どりの体の大きさ、足の太さ、正直ビックリです、はい鐘

そんな甲州地どりですが、あまり生産量も多くなく、普通のスーパー・肉屋では売っていない、食べられる飲食店も限定されていて・・・、という状況です。
しかしながら、「Shop人にやさしく」はこのブログを見ている皆さんにもやさしくということで、購入方法を入手してきましたメール

販売価格
 ・甲州地どり生肉セット 240円/100g
  ≪ムネ1・モモ1・ササミ1≫ 1セット約400〜600g
 ・甲州地どり手羽セット 100円/100g
クール宅急便でお届け!

販売元
 社会福祉法人 ひとふさの葡萄「ほっとらんにんぐ」
  Tel:055-278-5070
  Fax:055-274-0657
 ※詳しくは、電話でお問合せ下さい。


ぜひ一度お試しくださいませ。
ちなみに、どんな地どりかさらに知りたい人は、「美味しんぼ」80巻日本全県味巡り・山梨編で自習してみて下さい。
他にも、こんなサイトもありますので、ご参考まで。
味の王様 甲州地どり

次回は、いよいよ「怒涛の鹿児島編」です。
お楽しみに〜。

Shop人にやさしく 山田
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック