CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月03日

南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎

開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 IV
南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎
2011年10月26日〜12月4日
サントリー美術館

桃山時代に花開いた南蛮美術です。
サントリー美術館のコレクションの一つの柱だそうです。

サントリー美術館と、神戸市市立美術館にそれぞれ所蔵されている「泰西王侯騎馬図屏風」が一緒に見ることが出来、感激です。

南蛮船やキリスト教布教などの歴史も知ることが出来、さらに南蛮美術を見ることが出来、楽しい企画展でした。

日本財団 山田泰久
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック