CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年01月05日

NGOデータブック2006

NGOデータブック2006
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)発行




キャッチコピーが「数字で見る日本のNGO」が秀逸ですね。
国際協力NGOセンター(JANIC)が2005年秋から翌年1月にかけて実施した国際協力NGO実勢調査によって得られた277団体のデータを分析対象したものです。

5年前のちょっと古いデータですが、かなり面白い分析ですね。
NPOやNGOの規模感がイメージではなく、実際の数字でわかるというのが参考になります。

どんな事業内容なのか、活動地域は、会員の種類は、財政は、組織形態や運営は、スタッフは、など国際協力NGOを理解するための切り口で、分析されています。

また、国内のNGOがどんな経緯やきっかけで設立されたかなどの団体の沿革の分析がなされているのも非常に参考になりますね。
NPOやNGO業界がこれから発展していくにはこういう分析調査も必要です。
各分野ごとにこんな調査報告がほしい!

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)ソーシャル・グッズ・コミュニティ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック