CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年04月23日

おいしいもの展@しょうがいのある人たち at みずほ銀行

4月23日から5月15日まで、ステキなイベントがみずほ銀行多摩センター支店で開催されます!



==========================================
 「おいしいもの展@しょうがいのある人たち 
  全国版&多摩地区版―Ju-Sun-Products」
------------------------------------------

NPO法人PandA−J(ぱんだじぇい)は、「おいしいもの
展@しょうがいのある人たち 全国版&多摩地区版― 
Ju-Sun-Products」を、みずほ銀行のご協力をいただき
ながら、以下のように開催することにいたしました。

全国各地には、しょうがいのある人たちといっしょに「おい
しいもの」を作り続けている作業所がたくさんあります。
地域の方たちに愛され召し上がっていただいていること
と思いますが、できましたら、これをもっと広く市民の方た
ちに知っていただきたいとも思います。

開催日時: 2009年4月23日(水)〜5月15日(金)

場   所: みずほ銀行多摩センター支店 ロビー
        (東京都多摩市落合1-44)
http://vip.mapion.co.jp/c/f?uc=4&pg=1&ino=BA339807&grp=mizuho

物産展内容: ポスター展示、チラシ配布、
         見本商品展示(販売はいたしません)

展示商品例:
(全国版)
 □北海道の旭山学園スモークサーモン
 □栃木のココファームワイン 
 □群馬の上州水土舎のハム・ソーセージ
 □石川の日本海倶楽部ビール
 □愛知のうんぷう黒豚ラーメン
 □愛知の楽笑ブランド干物
(多摩地区版)
 □多摩市、稲城市、日野市、八王子市にある福祉施
  設のクッキー、ジャム、パン、さをり織り他
(寒天茶房遊夢、パンの店あおいとり、れすと和田、
ワークス多摩、色えんぴつの家、工房マテリアル、
エイトピア工房、ブレ・アルテ、ぐりーんぴーす工房、
コラボいなぎワークセンター、ぷらさ・de・かたくりU)

助成:日本財団

企画:NPO法人PandA−J(ぱんだじぇい)
   http://www.panda-j.com/
   知的障害者の権利擁護や地域生活を推進する活動
   しています。大学教員、弁護士、ジャーナリスト、福祉
   職員などがスタッフです。

事務局:東京都小平市小川町1-830
     白梅学園大学堀江まゆみ研究室気付
E-mail: info-ju-sun■shiraume.ac.jp(■を@に変更)
FAX:042-344-1889

==========================================



山田も、全国版の商品選定のお手伝いをさせていただきました。
さらにチラシにもこのブログの紹介をしていただいております!

銀行のロビーで、福祉施設の見本市を行うなんて、なかなかない発想ですね。
みずほ銀行とNPO法人PandA-Jのコラボレーション、ぜひ、見に行ってみてください!

写真のパンフレットの簡易PDF版です。




Shop人にやさしく 山田泰久
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。また、ご訪問していただき、ありがとうございました。
今回はみずほ銀行としても、主催するNPO法人PandA-Jとしても、初めての取り組みでいろいろ試行錯誤しながら開催したそうです。
立山さんのコメントにもあるとおり、もっといろいろなことができると思います。次の時に参考とするように、団体の方にもお伝えしておきます。
また何かの機会に宜しくお願いします!
Posted by Shopから立山さんへ at 2009年05月25日 21:48
偶然新聞記事で発見し、終了期間間際に、ようやく見に行くことができました!
展示やパンフレット、とても素敵に出来ており、みずほ銀行の落ち着いたロビーの雰囲気にもぴったりでした。
元々の企画は全国単位のようですが、市内の製品も取り上げられている所に、工夫を感じました。
銀行サービス係の方も丁寧に対応して下さり、この取組みについての意気込みを感じました。
少し残念だったのが、広報の方法です。
各新聞者には取り上げられていたようですが、それ以外にはあまり広報している所を見かけなかったような気がしています。
せっかく素敵なパンフレットをたくさん作られていましたので、市内の公共施設や福祉関係施設等での宣伝があれば、より多くの方に伝えることができたのではないかと思いました。
また、近くには展示品を販売しているお店がありますが、特に案内は見られませんでした。
今回は知ってもらうことが狙いかと思いますが、食べ物は見ているだけでは始まりません。購入につながるちょっとした案内があると、実際の支援に少しでも繋がっていくのではないかと感じました。
今後またこのような企画があれば、よりよいコラボレーションになることを期待しています。
Posted by 立山裕子 at 2009年05月15日 18:08
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック