CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年01月13日

Juntos(ふんとす)Vol.45

Juntos(ふんとす)Vol.45
特集:人が集う!コミュニティカフェの魅力に迫る
(特)全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)発行



仕事でお世話になっている全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)が隔月偶数月(年6回)に発行している雑誌です。
CLCは、高齢者、子ども、障害者を含めて誰もが普通に地域で生活できることを目指して、福祉に関する情報発信、調査研究、各種活動団体の支援を行っている団体です。
山田もこれまでに3回ほどCLC主催のセミナーに参加しましたが、非常に勉強になります。

「Juntos(フントス)」は、「福祉」の枠を超えて「地域」にこだわって、全国各地でユニークな取り組みを行っている実践活動を取材・紹介しています。
今号は「コミュニティカフェ」特集ですが、前号は「ユニットケアの10年」、前々号は「地域での子育ち・子育て」特集でした。
Juntosを読んでいると、全国各地で面白い取り組みを行っている団体をいろいろ知ることができます。
本当にいろんな活動があります。
しかも、特集の切り口がいいです。
福祉というより、地域での生活に必要なものが見えてきます。

さて、今回の特集では新潟、広島、栃木のコミュニティカフェが紹介されています。
福祉や地域づくりに関わっている人には何かのヒントになりますよ。

あと、地域の実践家による連載記事も面白いです。

書店等では販売しておらず、定期購読のみです。
詳細はCLCのホームページをご覧ください。

Book人にやさしく 山田泰久
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック