CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
配偶子提供を受けて親になろうと思っている、親になったカップルが、妊娠・出産をゴールにするのでなく、子どもの権利をふまえた家族づくりに視点を広げて検討できるように情報提供や情報交換ができる場を設置したり、個別相談に応じます。『男性不妊のページ』『すまいる親の会』

« セントマザーのサイトで宣伝 | Main | 冊子の購入方法はこちらへ »

<< 2012年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
管理人 kenken
すまいるきっずin河口湖 (11/02)
最新トラックバック
Family Building AID -家族になるということ-[2010年06月16日(Wed)]
Family Building AID -家族になるということ- が公開されました。

本冊子は、非配偶者間人工授精(AID)を用いて親になろうと考えているカップルへの情報提供資料である。カップルが妊娠、出産のみをゴールにするのでなく、生まれた子どもの福祉を第一に、家族づくりをしてゆくための視点とその手だてを盛り込んでいる。
日本の現状だけでなく、AIDで親になった人からのメッセージ、AIDで生まれた人からのメッセージ、カウンセラーからのメッセージなどを盛り込んでいる。



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)

Posted by 清水 at 12:26 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/oyanokai/archive/25

コメントする
コメント
プロフィール

すまいる(親の会)さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/oyanokai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyanokai/index2_0.xml