CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
若年性認知症について [2020年01月28日(Tue)]
65歳未満で発症する認知症を「若年性認知症」といいます。働き盛りの年齢でも認知症になることはあります。若年性認知症は社会制度の利用、できることを継続していく支援、経済的な課題、感情のケアなど、様々なサポートが必要と考えられます。そのような時に、神奈川県では若年性認知症コーディネーターが3名配置されています。相模原市は曽我病院(小田原市)の福祉医療相談室が窓口で、より専門的な助言が得られると思います。
高齢者支援センターでも公的制度の説明や地域の社会資源の活用などの情報提供等を受けながら、ご本人やご家族だけで悩まずに、皆で共有し支援策を考えていきたいと思います。ぜひ相談窓口機関をご利用ください。

IMG_1928.JPG
| 次へ