CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月26日

【報告】大沢愛さんと子どものことを話そう会

11月21日(土)、表現教育研究所の大沢愛さんをお招きして、子育て支援部主催「子どもことを話そう会」を開催しました。
会員11名、一般2名の参加でした。
IMG_2302.JPG

大沢さんは、「生きること=主体的」をテーマに、ご自身が公演でされている「わらべうたあそび」で、親子の信頼関係を築くことができること、赤ちゃんがいつかできるようになるまで、待つ姿勢が大事ということや、
また、昨年上映した東村山子ども演劇プロジェクトのドキュメンタリー映画「じぶのことば」を振り返りながら、周りの大人は、子どもが主体的に動けるような環境づくりをすることが大事ということを話されました。
IMG_4167.jpg

IMG_4166.jpg

お話を聞いた後、2グループに分かれ、大沢さんのお話を聞いての感想や、子どもについての心配事などを話し合いました。
IMG_4168.jpg

話し合いで、
「待つ」と「ほったらかす」の違いは?
メディアの子どもに対する刺激過多が心配。
「待つ」のも「どう待つか」が大切。
などの意見が出てきました。

それらの意見に対し、大沢さんは1つ1つ丁寧に考えを語ってくださいました。
その中で、1つだけ…
「メディアに関しては、今からの時代、完全に排除はできないし、排除することが、正解かどうかもわからないので、体験を足していくことが大事ではないか。」

体験でしか、人は育たたない。

子どもに、転ばぬ先の杖をしていないか…
子どもが主体的に動くまで、見守り、待っているか…
子どもをほったらかしにしてないか…
子どもに色んな体験をさせているか…
会に参加後、色々と、改めて、考えました目

大沢愛さん、また、松江に来てくださいね揺れるハート
IMG_2307.jpg
posted by maho at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月25日

【第4弾】このゆびと〜まれ!のご紹介

早くも第4弾!
合同例会 舞台「このゆびと〜まれ!」情報です。


【第4弾】このゆびと〜まれ!のご紹介
公演までいよいよあと2週間!
今日は「劇団風の子九州」さんについてご紹介します♪

劇団風の子九州さんは、「子どものいるとこどこへでも」をスローガンに
小学校や幼稚園・保育園での観劇会、子ども劇場の例会など
年間約600ステージを行っておられるそうです。

「このゆびと〜まれ!」は、
劇団風の子九州さんの創立30周年記念作品となります。

おやこ劇場松江センターでも、風の子九州さんの作品は沢山鑑賞してきています。
最近のところでは・・
「いまからいえでにいってきます」(2016年)
「やだ、やだあっかんべー!」(2015年)
「3ちゅうVery much!?」(2010年)
(他にもいっぱいあるので、気になった方は、総会資料「これまでの鑑賞作品」を開いてみてくださいね♪)
おやこ劇団と風の子九州さんの長い歴史を感じます・・・。

✐「子供たちの心にちゃんと届く歌とお芝居…素敵な時間をありがとうございました。」
✐「今日の風の子さんは演技力半端ないですね〜やっぱり間違いない!」
(「いまからいえでにいってきます」(2016年3月低学年例会)感想より)

風の子九州さんとの再会が楽しみな方にも、初めて出会う方にも、きっと楽しくて素敵な時間となることでしょう♪


遠くへのおでかけに戸惑う今、
地元の劇場に足をはこんでみませんか?

物語の主人公と一緒に冒険の旅に♪

おともだちを誘って
劇場に遊びに来ませんか?

このゆびと〜まれ!




画像クリックでPDFがひらきます↓
このゆびと〜まれ!_page-0001.jpg

参加券のお申込み受付中!
12月5日(土)
15時開演(14時15分開場)
島根県民会館大ホール

18歳以下 1,800円(3歳以下無料)
一般 2,600円


お問い合わせ先
NPO法人おやこ劇場松江センター
https://blog.canpan.info/oyakomatsue/profile
posted by hiroko at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月16日

【第3弾】このゆびと〜まれ!のご紹介

鑑賞事業部企画exclamation!このゆび情報ぴかぴか(新しい)
今回も楽しみです!

【第3弾】このゆびと〜まれ!のご紹介

観劇前のおたのしみ

前回(第2弾)で、
よしながこうたくさん作のチラシを
よ〜く見てくださいとお伝えしました。

関連して今、
密かに「ぬりえ企画」が進行中るんるん

☆ぬりえ企画、やってみた☆

さっそく、ヒロたちと同年代の男の子から
いただきました!

S__13213714.jpg

なかなか、ファンキーです!

最初はあまり乗り気ではなかったそうです…。
そうでしょうね。
ぬり絵をするお年頃ではないたらーっ(汗)

しかし、
塗ってるうちにノリノリになってきて、
好き放題に塗り…、結果
ドラえもん&かねち(EXIT)+鬼滅の刃?

久しぶりのぬりえ、
楽しんでいただけたようです黒ハート

9A1244B9-A562-43F7-A9B5-8DA1EFE8B690.jpg


一方、下はおとなです。
「自由にやってい〜よ」
「想像力を働かせてね〜」
子どもにはそう言ったりするのに。
無難にまとめがち。
(まあ、それも個性です!)

子どもはエネルギーにあふれているなぁ!

遠くへのおでかけに戸惑う今、
地元の劇場に足をはこんでみませんか?

物語の主人公と一緒に冒険の旅に♪
おともだちを誘って
劇場に遊びに来ませんか?
このゆびと〜まれ!



画像クリックでPDFがひらきます↓
このゆびと〜まれ!_page-0001.jpg

参加券のお申込み受付中!
12月5日(土)
15時開演(14時15分開場)
島根県民会館大ホール

18歳以下 1,800円(3歳以下無料)
一般 2,600円


お問い合わせ先
NPO法人おやこ劇場松江センター
https://blog.canpan.info/oyakomatsue/profile
posted by hiroko at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月12日

おやこ通信209号を発行しました!

おやこ通信209号をご紹介します!

新型コロナウイルス感染拡大により止まっていた事業が動き出し、報告が盛りだくさんです。
ツイートコーナー「コロナでもこんないいことあったよ」も注目ひらめき

ななえ画伯による表紙イラストは、飛び出してきそうな躍動感ですね〜♪
↓PDFファイルが開きます。ぜひご覧ください。
209.jpg

【参加者募集】12月のほっと♡ちょこっとカフェ クリスマス

12月のほっと♡ちょこっとカフェのお知らせ♬

12月2日(水)10:00〜11:30
クリスマスてづくりオーナメントの会クリスマスツリー
定員5組
参加費200円
おやこ劇場松江センターにて

お子さんと一緒でも簡単に作れます

画像クリックでPDF が開きます↓
クリスマスオーナメント.JPG

久しぶりにまったりとした会を行います黒ハート
気軽におこしください


こんな可愛いオーナメント作りですぴかぴか(新しい)

IMG_2123.jpg

IMG_2124.jpg

お申込み・お問い合わせ
おやこ劇場松江センター
https://blog.canpan.info/oyakomatsue/profile
posted by hiroko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月11日

【報告】ほっと♡ちょこっとカフェ 赤ちゃんの感じる力を・・浅野先生講演会

ほっと♡ちょこっとカフェ
講演会の報告でするんるん

11月3日(火祝)島根県民会館展示ホール
赤ちゃんの感じる力を引き出すためにできること
くらしき作陽大学子ども教育学部 
浅野泰昌先生
IMG_2043.jpg

島根大学教育学部の学生さんから
プレママさんや小さい人の育児真っ最中の方
小中高生の親や子育てひと段落の方まで
幅広い年代が参加しました。

様子をお知らせいたします。

IMG_4100.jpg

子どもが「おすわりくまちゃん」の鑑賞中に、「やったー!」と、飛び上がる動画は、あまりにも素直に感情を表す子どもに、涙が出そうになりました。
なのに、「座りなさい」「静かに見なさい」「前を向きなさい」と、子供が感情を表すのを止めている大人も多いです。

おやこ劇場の例会では、こんな大人はあまり見られませんが、地域公演では、前に座った子どもが親を見ると、鬼の形相をしている親と目が合うという話は、正にあるあるです!先生のこの親子の再現演技が素晴らしく、会員同士、顔を見合わせて、思わず、笑ってしまいました!

浅野先生の講演は、こんな感じで、難しいお話でも、
とても分かりやすく理解することでき、120分もあっという間でした。
できれば、もっと多くのプレパパやプレママ、赤ちゃんの親に聞いて欲しかったです。

そういう意味では、参加した島根大学の学生は、将来親になるとしたら、浅野先生のお話を参考にして、子育てしてほしいなと思いました。
IMG_4101.jpg

たくさん感想をいただきました。
ほんの一部ですがご紹介します。

・子どもたちにもっといろいろな原体験をさせてあげたいなと思いました。そしてその体験の側でともに楽しみ「楽しかったよね」とか「切なかったね」とか安心して言いあえる関係を築いていけたらいいな、丁寧にやっていきたいと思いました。

・言葉を理解できない赤ちゃんに舞台芸術を見せることがなにか意味のあることなのかわかりませんでしたが今日の講演を聞いて私は赤ちゃんの目線で見ることができていなかったと思いました。
大人目線で子どもの可能性をつぶすことの無いように子ども目線で見る力をつけたいとおもいました。

・赤ちゃんにはしっかりと感じ取る、読み取る力があるということ驚きました。他者の気持ちを理解して自分も同じような気持ちになるというような力は成長してからも必要になり。その基盤的な力が乳幼児期に育まれるべきだということがわかりました。

・子どもが人形劇を観ている様子から、内容を理解しているのだということが分かった。また親と共有したくてふりむいたり、悲しくてもじもじすることが大人からすると集中できていないように見えても子どもにとってはきちんと観れているのだという目線の違いが興味深かった。

・幼児期に劇を観る、そして大人と共有するということの大切さがよくわかりました。実際の実験の映像から、大人と子どものコミュニケーションを見ることができて良かったです。乳幼児が思っていたよりももっと劇を観る力や読み取る力を持っていて驚きました。
興味深い内容をたくさん聞くことができて良かったです。

・小さいころからおやこ劇場で芸術を観てきたが「おや」と「子」でいろいろなものに触れてきたのは良い体験なのだとわかって良かったです。

・乳児でも涙を流すほど感動するということを知り、産まれてくる子どもにはいろんな心を動かしそうなものを見たり、体験したりできるようにしたいです。

・親子で一緒に舞台を観る大切さ 子どもの感情に共感する 大人目線で見てはいけないなど本当に子どもの力はすばらしいことが今日の講演でわかりました。
posted by hiroko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月10日

【第2弾】このゆびと〜まれ!のご紹介

【第2弾】このゆびと〜まれ!のご紹介

あらすじ

ヒロは、小学4年生。
仕事で帰りの遅いお母さんに代わって、
近所のばあちゃんやじいちゃんに
面倒をみてもらっています。

ヒロの日課は、
ばあちゃんの飼っている犬の散歩に出かけること。
その散歩はヒロの大切な時間でした。
そう、ヒロの大好きな空想の時間。
あるときは洞窟探検、またあるときは
ヒーローヒロに大変身!

ある日、クラスで1番頭のいい
マモルの様子がおかしいと思ったヒロは、
マモルを空想の世界に誘います。
喜ぶヒロに戸惑うマモル。
さあこの2人、空想の世界でどうなっちゃうの?
(劇団さんのHP・チラシより)




この作品の魅力がわかるイチオシの方法。
それは、ポスター・チラシです!
じ〜っと よ〜く、見てみてください。
画像クリックでPDFがひらきます↓
このゆびと〜まれ!_page-0001.jpg

たくさんのキャラが描き込まれています!
ヒロ、マモル・・・数えてみてね。
独特のタッチ、
よしながこうたくさんがキービジュアルを担当されてます。



遠くへのおでかけに戸惑う今、
地元の劇場に足をはこんでみませんか?

物語の主人公と一緒に冒険の旅に♪

おともだちを誘って
劇場に遊びに来ませんか?

このゆびと〜まれ!




画像クリックでPDFがひらきます↓
このゆびと〜まれ!_page-0001.jpg

参加券のお申込み受付中!
12月5日(土)15時開演(14時15分開場)
島根県民会館大ホール

18歳以下 1,800円(3歳以下無料)
一般 2,600円

お問い合わせ先
NPO法人おやこ劇場松江センター
https://blog.canpan.info/oyakomatsue/profile
posted by hiroko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月09日

【参加者募集】ほっと♡ちょこっとカフェ 「かぜのうた」

小さい人たちのためのほっと♡ちょこっとカフェのお知らせです♬ 
「かぜのうた」(表現教育研究所)

画像クリックでPDF がひらきます↓
IMG_2117.jpg


日時:2020年11月20日(金)

@9:45〜 A11:30〜(35分公演)

場所:プラバ小ホール

参加費:大人1000円 小人500円

※0歳〜1歳半までの乳幼児とその保護者限定


※各ステージ10組まで(定員になり次第締切ます)
表現教育研究所の大沢愛さんによる、わらべうたあそびと乳幼児向けのお芝居からなる作品です。


ぼんやりうっとり
いま世界と出会いはじめたばかりの
とても小さな人たちと 傍にいる大人たちへ

やわらかい春の日差し
夏の夕暮れに光る蛍
秋の夜風とおつきさま
そして春を待つ冬

ゆったりと吹く風に身を任せ
巡る季節を感じるひととき



8うさぎ.JPG

〜参加者アンケートより〜
・とってもとってもすてきで、ちょっと泣けました。
・1歳の息子は初めは緊張していましたが、途中から身体をゆらして踊りだすくらい喜んでいました。いないいないばあや、初めて見る楽器は声を上げで笑い、夢中になっていました。
・すがすがしさ、さわやかな風が、身体の中にふうわりと入ってきた気がしました。

小さなかけがえのない人と、耳を澄まし、音や歌や風を感じる時間を過ごしませんか?

お申込みは、NPO法人おやこ劇場松江センター
 /Fax0852-22-4937 
Eメールoyakomatsue@gmail.com 

web申込み→https://forms.gle/q8MQYtdC3HMBws9L9

posted by hiroko at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月04日

【報告】秋のまち探検 月山富田城

10月31日(土) 雲一つない秋晴れの中、子育て支援部主催秋のまち探検 月山富田城編を実施しました晴れ当日は、大人12名、中学生4名、小学生3名、3歳1名の参加でしたるんるん

今回、歴史ガイドをしてくださったのは、おやこ劇場の会員であり、元中学理科教諭の勝部喜代志さんでした目

まず、登山する前に、月山富田城のジオラマの前で、山城の仕組みや尼子時代の説明
IMG_1974.jpg

山中鹿之助の銅像前で
IMG_1983.jpg

敵が攻められない仕組みの数々exclamation
IMG_4062.jpg

急な階段「七曲り」を登っていくと、やっとその上に「二の丸」「本丸」があります城(日本)
IMG_1991.jpg

本丸(頂上)からの眺めはサイコーで、中海や日本海、島根半島まで見えましたexclamation
IMG_4066.jpg

頂上で、尼子氏と毛利氏の戦いや、山中鹿之助のお話
IMG_4069.jpg

勝部さんは、優しい口調で、丁寧な解説をしてくださり、まるで歴史物ドラマを1本観たかのような感覚になりました。ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
IMG_4071.jpg


〜参加者の感想〜
☆勝部さんの、わかりやすく、かつ当時の情景が浮かぶような解説とともに、清々しい気持ちで歩くことができました!また、幅広い年齢層で時間を共にできて、とても楽しかったです。(大人)

☆山中鹿之助のことがよくわかりました。自分の住む地域で、戦国時代に激しい合戦があったのも驚きました。歴史に興味が出ました。(中学生)

☆ハイキングが楽しかったです。(小学生)

☆とても気持ちの良い空気の中、学びながら楽しくハイキングできました!距離も時間もちょうどよく、3歳の子ども同伴で参加できて有難かったです。(大人)

☆月山富田城は、何回か登ったことがありましたが、今回、地形の特徴や歴史を知ることができ、それを知っているのと知らないで登るのとでは、全く気持ちも違うことがわかりました。(大人)

☆山登りと聞き、最初は心配していました。運動不足の私が、みんなについて登ることができるのか…と。当日は、とてもいい天気で、清々しい気分で歩くことができました。
勝部さんのお話は、フリップを見ながらのわかりやすい説明で、とても良かったです。
他の歴史の話も聞きたいと思いました(大人)

(子育て支援部)
posted by maho at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場

2020年11月02日

【第1弾】このゆびと〜まれ!のご紹介

12月5日(土)に島根県民会館で上演する
舞台「このゆびと〜まれ!」について
鑑賞事業部より様々な情報をお届けしたいと思います
4〜5回シリーズです!
どうぞお楽しみに!


「遠くへのおでかけに戸惑う今、地元の劇場に足をはこんでみませんか?
 物語の主人公と一緒に冒険の旅に♪
おともだちを誘って劇場に遊びに来ませんか?
このゆびと〜まれ!

12月5日(土)は合同例会「このゆびと〜まれ!」
劇団風の子九州さんの創立30周年記念作品です。

今日は、劇団さんのHPよりメッセージを紹介します。

子どもたちは、空想の世界を遊ぶことや、冒険が大好きです。

かつて、子どもたちは、暗くなるまで野山をかけめぐり、あきるまで友達と遊んだものです。
子どもたちを、優しく見守り、声をかけてくれた大人たちもたくさんいました。

しかし、現代の社会の急激な変化は、様々な形で子どもたちの育ちに大きな影響を及ぼしています。
大人たちも忙しく、他人の事に無関心にならざるを得ない現状です。この作品は、現代の社会が失いつつある家族愛や、人情、友情、を描きました。

観ている子どもたちが、主人公と一緒に空想の世界を思いっきり遊び、明日への希望に胸を膨らませてもらえたらと思います

>

画像クリックでPDFがひらきます↓
このゆびと〜まれ!_page-0001.jpg

参加券のお申込み受付中!
12月5日(土)15時開演(14時15分開場)
島根県民会館大ホール

18歳以下 1,800円(3歳以下無料)
一般 2,600円

お問い合わせ先
NPO法人おやこ劇場松江センター
https://blog.canpan.info/oyakomatsue/profile
posted by hiroko at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場