CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月27日

第193回合同例会「サイレント・コメディ・マジック」

ジン・マサフスキーの「サイレント・コメディ・マジック」サイコーでした!

本番は17時開演でしたが、朝9時には会場入りされ、仕込みをされていたジンさんぴかぴか(新しい)
仕掛けなどに、失敗がないように念入りに確認されていました。
本番が始まると、子どもから大人まで、笑い絶えない、まさに、コメディ―ショーexclamation
最初は、「怖いあせあせ(飛び散る汗)」と言っていた5歳くらいの女の子が、始まって5分後には、ジンさんが動くたびにケラケラと笑っていましたわーい(嬉しい顔)黒ハート
コメディの合間にマジックをしているような感じで、笑ったり驚いたりすごい!と感心したり、心が動きっぱなしの70分でした揺れるハート

IMG_1932.jpg
担当の朝日・白潟・雑賀ブロックの人たちと記念撮影カメラ(この時だけマスク外してます)

感想の一部を紹介しまするんるん

一言も喋らず、笑わせてくれたジンさん、すごい️!!
面白くって、ず〜っと目が離せなかったです。
最後の「剣刺しのマジック」は、ホントにびっくりしました。
家族みんなで、「どうなってる〜?」「瞬間移動した?」などなど、マジックの話で盛り上がりました。(大人)

とても不思議で面白いショーでした!また見たい!(中3)

鳥が出てくるところがおもしろかった。(3歳)

素晴らしいエンターテーメントでした。
手品はもちろん、一人芝居や演劇のように物語がありました。
子どもたちはそれぞれのツボで喜んでました。私のツボはウサギの耳と身体が離れるところ。思わず大きな声が出ちゃいました。また松江に来てほしいです。(大人)

マジックがちょっとこわかったけど、いろいろ楽しいマジックでした(小2)

構成や音楽がおしゃれで、マジックの不思議さだけでなく、コメディアンのユーモアが加わっていてよかったです。小さい子が素直に反応した笑い声、いいですね。マジックでは、鳩が出てくるとうれしい。串刺しのマジックも最後に見れて楽しかったです。(大人)

ぼくは最初、マジックでサイレントだから楽しいの?と思ったけど、みんなを笑わせて、自分も笑ってしまいました。マジックはどうやっているの?と思いました。(小6)

不思議なことがいっぱい起こりました。子ども達の笑い声、ツッコミの声で一緒に笑いながらのとっても楽しい時間でした。(大人)

IMG_1945.jpg
ジンさん、また、松江に来てくださいね黒ハート



posted by maho at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おやこ劇場
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック