• もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 2023年10月 | Main | 2023年12月 »
<< 2023年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
ころも
23年度 第4回親子学級「『アリサ』から見た子どもの発達」 (10/20) 忍子
ん?? (06/23) 忍子
子どもと一緒に地元でもっと知り合いを作ろう! (06/02) 忍子
子どものイタズラpart3 (06/02) あわこ
ん?? (05/29) その太
アイロンで気づくこと (05/13) あわこ
アイロンで気づくこと (05/02) きば子
アイロンで気づくこと (04/30) きば子
豆まき?豆あて? (02/07) 忍子
豆まき?豆あて? (02/07)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
23年度 第8回親子学級「保健師さんに聞く!こころとからだの話」[2023年11月03日(Fri)]

「保健師さんに聞く!こころとからだの話」


今回は、元 川崎市保健師の宇治裕美子さんにお話を伺いました。


1.ママの役割

@母 A妻 B娘

子育て中の女性は自分を後回しにしがちでストレスも大きい。
ママ自身の心身が落ち着いて満たされていると、子どもや家族へプラスに働く。


2.ストレス反応
gakkari_tameiki_woman.png
・身体に表れるストレス:食欲・睡眠の変化、体の痛みなど

・心に表れるストレス:不安・イライラ・憂鬱・集中力低下など

・行動に表れるストレス:攻撃的・依存傾向、人と会うのを避けるなど

幼い子どもにとって親は安全基地。親がイライラすると子どもは敏感に察知→癇癪を起す・夜眠れなくなるなどの影響を受けてしまう。


3.女性の体のサイクル

エストロゲンが増加する排卵期グッド(上向き矢印)
   =代謝が促進されて運動効果あり=頑張りたい時

エストロゲンが減少する生理中バッド(下向き矢印)
   =腹痛・頭痛・吐き気などの不調=ゆっくり過ごす時

※自分の月経周期を把握してスケジュールを組むとよい。


エストロゲンのピークは20代から30代半ばがピーク。40代から急減少してホルモンバランスの変調が起きる。

一生涯でホルモンバランスが崩れるのは思春期(月経開始)と更年期(閉経)の二回。閉経・更年期は遺伝するので親に話を聞くことで自分の見通しが立つ。高齢出産だと閉経を迎える頃に子どもの思春期と重なるので、傾向を知っておくと心づもりもできる。


4.セルフケア

女性脳は減点主義、男性脳は加点主義傾向にある。

母業はなかなか評価してもらえないので減点主義に陥りやすく、母親はストレスが溜まりやすい。
日頃からセルフケアを心がけてストレスを軽減していくことが大事。

母親の笑顔で子どもの笑顔を増やすために・・・
seikou_banzai_woman.png

@反省は1秒
突き詰めて反省しすぎない!自分に×をつけない!

A出来る時に 出来ることを 出来るだけ
不調な日は洗濯物を畳まない・ご飯は外食にするなど「ママ休業宣言」をして頑張らない日をつくる。

B誰かに話を聴いてもらう

C自分に〇をつける
ご飯作っただけで〇!

Dご自愛タイム
朝のコーヒータイムなど自分のための時間を!

E寝る前に今日の楽しかったことを話す
子どもはネガティブな気持ちを引きずりがちなので、お互いが今日の楽しかったことを話して幸せな気持ちで眠ると朝スッキリ起きることができる。

F〇〇ちゃん大好き!とハグする
ハグするとオキシトシンという愛情ホルモンが出て癒し効果がある。

G定期的な自己検診や健康診断を受ける



5.フェムケア

女性の一生はホルモンに左右され、生理痛・出産・更年期症状でキャリアを諦め役職につけない女性もいる。

フェムケア(膣周りのケア)をすることで・・・

・女性ホルモンが整う
・女性特有の不調を予防・改善→体全体の調子が整う
・尿漏れ・便秘・子宮脱の予防・改善
・エストロゲンを増やす→活力が沸きセロトニン(幸せホルモン)のスイッチも入る。

膣の三大トラブルは筋肉の低下・潤い不足・冷え。

<簡単膣トレ>
尿道→肛門→膣の順に穴を締める

<目のケア>
手を温めて目に当て、目を温める
※子宮と目は自律神経でつながっている。


リボンブログ担当きば子のつぶやきリボン
生理とは「赤ちゃんのベッドを交換する日・ママがきれいになる日」であるとお子さんに説明し、ママ休業宣言をして「ゆっくり外食できる日」と先生のお子さん達が生理をポジティブに捉えていることを伺いました。一般的には「ママがイライラする日」と子どもにネガティブな印象を与えがちですが、イライラしちゃわないようにママ休業宣言しましょう黒ハート
23年度 第9回親子学級「〜先輩ママに聞いてみよう〜」[2023年11月06日(Mon)]

〜先輩ママに聞いてみよう〜

前半は自主保育B.B.だんの大西さんより自主保育の話、生い立ちや自主保育への参加への経緯などお話を伺いました。

後半は大西さん、先輩ママを交えて、体験談を聞いたり悩み相談したりしながら懇談会を行いました喫茶店

新しい視点

かわいい自主保育について活動内容、場所などは?
自主保育活動外でも、家族ぐるみでお泊まり会あるよ。
困った時は、お互い様で、子どもを1泊預け合いとか。

かわいい幼稚園、保育園、自主保育…就学までの子どもの進路どうするか迷っている
子どもとどう過ごしたいか、お母さん自身がどうしたいかも大事。一緒に過ごすだけが正解じゃないから

かわいい夫婦円満の秘訣ありますか?
お互いリスペクトし合っている。
言わなくても分かってよ、察してよは無し×。できる、できない、やって欲しい事、欲しくない事はちゃんと相手に伝える。夫と子どもは他人だということを忘れない。
そうすれば、幾分腹が立つことも減る。

かわいい多数グループ活動に参加しているが長続きのコツは?
無理なく参加。できる時にできることを、まぁ何とかなる、な気持ちで参加が丁度よい。

1歩先の話

目先輩ママの話
12歳の娘が1才8ヶ月のときに受講。
いろんな人に相談できる場所がほしくて企画委員を始めた。産休等でお休みしつつもおひさまを10年近く続けている。
受講生時代に聞いた子どもにお習い事をさせるなら母の自分も!との言葉がずっと心に残っていて、今年12年ぶりに新しいチャレンジとして仕事をはじめた。
仕事に限らず、自分の好きなこと、やりたいこと、また大西さんのように様々な地域活動など、子どもと自分だけの世界から一歩踏み出すことで、ママ自身の視野が広がったり、居場所が増えたり、新しい楽しみも見えてくるかもしれない。
かつての自分たちがそうだったように、今は全く考えられなくても、いつかは必ず自分について考えたり、動いたりできる時が来るよ!

育児の悩みや葛藤

・兄弟2人とも怪我が多くて『見守る』ことにとても難しさを感じており、自分の育児を現在も模索中。つい最近も、公園で長男が木登り中に大きな枝を豪快に折り、何と声をかけたら良いのか戸惑った。
・子どもがyoutubeが好きで見せ過ぎてしまう
など

2023-11-02.jpeg
23年度 第10回親子学級「〜ワークショップ(わたしのこと)〜」[2023年11月15日(Wed)]
〜ワークショップ(わたしのこと)〜

今回は、子育てのことは一旦置いて、自分のことについて考えてみました。

るんるんアイスブレイク 企画の頭図紹介るんるん
企画委員のMさん、Kさん、Tさんの頭の中を占めていることを書いた頭図を、お子さんの年齢別に分けて張り出し見てもらいました。
2023-10-03.png

子どもが幼いころは、子どものことを中心にカテゴリーがとても少ない、年齢が上がってくると自分の事、子どもの事とカテゴリーが混在して一気に増える、さらに年齢が上がると自分の事のみになるのでまたカテゴリーが少なくなるという傾向が見られましたわーい(嬉しい顔)

るんるんワークシート記入るんるん
1枚目は「私のタネ探し」
自分自身の過去を振り返り、好きだったこと・得意だったこと・夢中になっていたこと・頑張っていたことを書き出しましたひらめき
2枚目は「私のタネはどんな花が咲く?」
これからの未来についての初めの一歩からやってみたいこと、ライフプランなど、自由に楽しんで書き出しましたかわいい


2023-10-02.jpg
最後にグループのメンバーから励ましのメッセージを書き込んでもらいましたわーい(嬉しい顔)

gakkyu.jpeg
おひさま広場の報告(10月31日開催)[2023年11月25日(Sat)]
今日は、あわこさんからおひさま広場の報告ですペン

10月のおひさま広場は、なんとハロウィン当日でしたが7組の親子が遊びに来てくれましたるんるん

231031-1.jpg

仮装して来てくれた可愛すぎるお子さまもいて、スタッフは大興奮exclamation

231031-2.jpg

素敵なコスチュームで遊ぶ姿に、もうメロメロでした黒ハート

231031-3.jpg

時には、おもちゃの取り合いになったり口喧嘩したりと、異年齢の中で触れ合うからこその様々な関わりもありましたが、気を取り直して違う遊びを始めたり仲直りしたりと、気持ちの切りかえの早さに大人が驚くこともありました黒ハート

今月は11月28日(火)10時から児童室にて開催予定です。

寒い日は是非おひさま広場にふらりと遊びに来てくださいねかわいい

お待ちしていまするんるん
23年度 第11回親子学級「地域で子育てをすること」[2023年11月26日(Sun)]
「地域で子育てをすること」

今回は、認定NPO法人フリースペースたまりば理事長 西野博之さんにお話を伺いました。


<子ども達の現状>

小学校では59人に1人が不登校、中学校では17人に1人が不登校といわれている。

不登校の原因の一つでもあるいじめが義務教育9年間で一番多い学年は小学2年生。次にいじめが多いのは小学3年生、次は小学1年生。

ユニセフが発表した先進38カ国の子どもの幸福度調査で日本の子どもの精神的幸福度はビリから2番目。自分に満足できない自己肯定感の低い子ども達が多い。

子どもに失敗させたらかわいそうという大人の不安

読み書き・運動・計算・・・小学校で学ぶ内容を先回りしてなんでもできるようにさせる

親心ではあるが、スタートさえうまく切れば順調に進むのか?不登校・引きこもり・自ら命を絶つ子が増えているのはどうしてか?


<子どもは失敗から育つ>

安心して失敗できる環境がないと、ケガや失敗を恐れて『挑戦しない子』が増えてしまう。

子どもは失敗の体験を通じて振り返り、同じ失敗を繰り返さないためにどうしたらいいかを自ら学び、悔しい気持ちを自分で受け止め、そこからしなやかに自分で立ち上がる力を手に入れてイキイキと育っていく。

できるだけ失敗しないように、怪我させないように、悲しい思いさせないようにと先回りしていては、子どもが全然育たない。悲しさ・くやしさ・ジタバタ大泣きして乗り越える力が育った時に初めて人間は成長する。


<自分の価値観を疑ってみる>

しつけのために叩いてしまうと、他人を叩く子・自分自身を傷つける子になる。手を出しそうになる時は『なんで私こんなに怒ってるんだろう、許せないと思うのはなんでだろう』と自分の考え・価値観を疑ってみるといい。


<親だって失敗していい!>

『完璧な正しい親』なんて頑張らなくていい。子どもが5歳なら親としての年齢も5歳。子どもが失敗していいように、親だって失敗していい。

正しい親として頑張りすぎるのではなく、ずっこけてるくらいがいい。「もう私ダメだね。またまた失敗しちゃった。」と親が失敗する姿を子どもに見せれば、子どもも失敗を恐れなくなる。

ゆる親のすすめ〜ママ&パパも一年生〜



<喰う・寝る・出す>

食べること・眠ること・うんちを出せているか、親にできることはこれだけ。それ以外は気にしない!と腹をくくれれば最強。

引きこもりの子に苦しんでた親御さんが「あ、眠れてるみたい。トイレもできてる。食べてるね、じゃぁうちの子大丈夫だ!」と思えた途端に、引きこもっていた子が外に動き出したこともある。


<『だいじょうぶ』の種を蒔く>

子どもの好奇心の目を摘まず、その子が集中していることをやらせてあげたらいい。自分の時間を自由に使わせてあげて、自分のことは自分で決めさせてあげる。

子どもの力を信じて、子どもが自ら伸びていこうとすることの邪魔をしない。子どもの良いところを探して肯定的に見てあげる。『だいじょうぶ』の種を蒔く。

子どもは安心できる居場所の中で『だいじょうぶ』に包まれると、 自然と欲が湧いて、自分の頭で考え、自分の足で歩き出す。


<お互いで他人の子どもを育て合う>

「うちの子は〇歳なのにまだこれができない!」と自分の子に厳しくても、他人の子には「〇歳でしょ、いいんじゃないの」と優しくなれるもの。

他人の子どもをお互いで育て合うと気づきもあるし、優しくもなれる。地域みんなで一緒になって、連絡取り合える人たちとの間で育て合えばいい。

子育ては自己責任・全部親の責任だ・この子をなんとかしなきゃ、なんて思わない方がいい。自立とは『一人で何でもできること』ではない。『困ったときに助けてと言って適度に人に頼ること』が自立には大切。

「生まれてくれてありがとう。いてくれて幸せだよ。」という想いを子どもに届けられたら何の心配もない。

でも、これが自分で届けられない時は、仲間の誰かが親に代わって『おばちゃんはあなたが好きだな』と伝えてあげればいい。


<子どもたちからおとなへのメッセージ>

まず、おとなが幸せにいてください。
おとなが幸せじゃないのに子どもだけ幸せにはなれません。
おとなが幸せでないと、子どもに虐待とか体罰とかが起きます。
条例に"子どもは愛情と理解をもって育まれる"とありますが、まず、家庭や学校、地域の中で、おとなが幸せでいてほしいのです。
子どもはそういう中で、安心して生きることができます。

子どもの権利条例子ども委員会のまとめより

23年度 第12回親子学級「つながっていく大切さ」[2023年11月30日(Thu)]
「つながっていく大切さ」

今回は、元・幸市民館 社会教育指導員の山田悦子さんにお越しいただきました。

山田さんには10年以上前から毎年、気持ちを吐き出せる居場所・人とのつながりの大切さを親子学級で語っていただいています。

講義内容はこちらのリンクからどうぞ
 ↓
2016年度 第13回親子学級 『つながっていく大切さ』

今年も山田さんのお話を伺った後、日頃溜めている想いを受講生に一人ずつ話してもらいました。

コロナ禍での孤独な育児や、旦那さんとのコミュニケーションの折り合いなど様々なことについて涙あり、笑いあり、共感あり、胸にあったものを吐き出し合いましたいい気分(温泉)

friends_woman.png