• もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 2022年11月 | Main | 2023年01月 »
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
値段が高いものは誰に頼む?[2022年12月23日(Fri)]
今日は、Dさんからの投稿ですペン


小4の娘に今年もサンタさんがプレゼントを持って来てくれるクリスマス

クリスマスの10日後には娘の誕生日。

クリスマスと誕生日プレゼントの希望を聞いたら、クリスマスプレゼントはキッズミシン、誕生日プレゼントはイラストマーカーが欲しいと。

横で聞いていた高1の姉が「イラストマーカーは結構値段高いよ!」と言うと、

小4の妹は「高いんだったら(ママぢゃなくて)サンタさんにイラストマーカーを頼もう!」だって…。

うん…。そうだね…。

と言うしかなかった。親的にはなんだか複雑たらーっ(汗)

santa_tonakai_sori.png

その娘、2日前に公園でこけて肘が痛いとずっと言っていた。

病院に行ったら骨折疑いでギブス生活が始まってしまった病院

厄を落として元気に新年を迎えますグッド(上向き矢印)
22年度 第15回親子学級[2022年12月23日(Fri)]
地域で味方を作ろう


9月1日に始まった2022年度宮前親子学級は12月15日に最終回を迎えましたぴかぴか(新しい)

受講生と企画委員で一緒に全15回の講義資料や感想文をまとめた文集づくりをしました本


連続15回の学級を終えた受講生からの感想は・・・

・毎日ずっと子どもと2人きりで過ごしていて「これでいいのかな」と悩んでいたときに学級を見つけた。主人も子どもと私の変化を喜んでくれていたので、親にとっても子にとっても、受講して本当に良かった。

・はじめは自分の人見知りと子どもの行き渋りでストレスを感じていたが、慣れてくるにつれ毎週木曜が楽しみになった。

・講師の方もプログラムの内容もすごく興味があってひと目見て面白そうと思った。いろんな講師の方が「遊びが大事だよ」と繰り返し仰っていて今までは、私が思う遊び・私が思う見守りだったなぁと反省し、子育ての姿勢がより柔軟になれたと思う。

・地域で活動するってとっても敷居が高いと思っていたけれど、新しい所でも地域でいろんなことをやってみたいなぁと思えた。

・遊べる仲間が出来て、子どもの名前を呼んでくれたりして、学級のみんながお友達と認識してくれていて嬉しかった。私自身も狭い環境での子育てから離れて、いろんなママさんと話せる木曜日が楽しみになっていた。3ヶ月で学んだことを土台にしてこれからも子育てして、みなさんとの関係もぜひ続けていきたい。


2022hoiku.jpg

リボンブログ管理人きば子のつぶやきリボン

3年ぶりの別室保育では、保育者から片時も離れなかった子が児童室で安心して遊べるようになっていく姿や…

毎週泣き疲れて魂が抜けたような顔をしていた子が笑顔で他の子に関わっていく姿…

子ども達みんなの成長を感じることが出来ました。

まだ喋らない子が他の子に「水筒を飲むときは座るんだよ」と言わんばかりの素振りをしてみたり…

オモチャを取られて悲しい気持ちを自分の力で切り替えていく姿…

子ども達って小さくても色々なことが分かっていてすごいなぁと改めて感心しました。

また来年もたくさんの子ども達に出会えるのが楽しみですハートたち(複数ハート)
22年度 第14回親子学級[2022年12月20日(Tue)]
地域で味方を作ろう

今回は、スクールソーシャルワーカーの入海英里子さんにお話をしていただきました。

■スクールソーシャルワークとは■

家庭・学校・地域と協力しながら、問題を抱えた子ども達が愛されて育つ環境を作ること。
 
大人になっても、幼少期にたばこ屋のおばあちゃんからもらった運動会のメダルをずっと大事に持ち続けている元不良少年がいたり・・・

中学生時代からママになった現在でも、近所のおばさんに支え続けてもらっている子がいたり・・・

地域には子どもたちを無条件に愛してくれる人材がいっぱい!!

ひとの子にはみな優しくなれる。地域のおばちゃん、おじちゃんの存在が子どもたちの心の拠り所になることもある。


■養育の基本=【在る】を保証する■

子どもが生まれた時の気持ちが【在る】を保証する気持ち。

生まれてきてくれてありがとう。あなたがとても大事!と伝えられる場所であり、存在そのものを認めてあげられる家庭は【在る】を保証するスペシャルな場所。

pose_heart_hand_man.png

「大好き」「大事」「大丈夫」3つの大をたくさん伝えよう!

自分を信じて隣にいてくれる大人の存在が、自尊感情を育む→自分の道を歩む力になる。



■成長を妨げる関わり■

否定・比較・暴力的コミュニケーションは成長を妨げる。

子どもは、その子以上でも以下でもなく、大切なその子。優しい子に育ってほしければ、優しく接する。

体感→体得→体現        

理想の子ども像と真逆くらいでちょうどいい!
  ↓
ぴかぴか(新しい)聖なるあきらめぴかぴか(新しい)


■遊びを保証する■
 
遊びは「在る」を保証する。泥遊びで快・不快を感じたり、五感を使って遊ぶことが大事。自然のものは、パターンがないので延々と遊ぶことができる。

子どもはAKUである(プレイリーダー天野秀昭さんの言葉)

A…あぶない
K…きたない
U…うるさい


子どもの成長=AKUを保証してあげることで命がきらきらして様々な能力が花開く


■子どもの幸せのために大切なこと■

3つの大(大好き・大事・大丈夫)

遊び
+
おとなの幸せ



まず、おとなが幸せにいてください。
おとなが幸せじゃないのに子どもだけ幸せにはなれません。
おとなが幸せでないと、子どもに虐待とか体罰とかが起きます。
条例に“子どもは愛情と理解をもって育まれる”とありますが、まず、家庭や学校、地域の中で、おとなが幸せでいてほしいのです。
子どもはそういう中で、安心して生きることができます。


【川崎市子ども権利条約 子ども委員〜おとなへのメッセージ〜 (2001 年3 月)】


お母さんはひとつの役割。
『私』を大切にハートたち(複数ハート)
おひさま広場の報告(12月6日開催)[2022年12月15日(Thu)]

今日は、あわこさんからおひさま広場の報告ですペン



いよいよ師走の月となり、寒さも本格的になってきましたね枯れ葉

12月のおひさま広場は、寒い雨が降る日でしたが、かわいい親子3組の方が元気に参加してくれましたぴかぴか(新しい)

上のお子さんがおひさまスタッフと偶然同じ幼稚園だったり、同じ子育てサークルで顔合わせたことがあるお友達だったりと、参加者同士でいろんな出会いや縁が重なって、とっても盛り上がりましたるんるん

兄弟含め、年齢層が様々なお子さんがいることもあり、離乳食、寝かしつけ、プレ幼稚園、防寒対策のことなどなど、お互い相談したりアドバイスしたりと話題も様々。

20221206.jpg

最近、恒例となってきたおひさまメンバーからのお譲りバザーも、たくさんお持ち帰り頂きました手(チョキ)

子どもたちも、おもちゃの取り合いがあったり、ママからべったりで離れられなかったりと、人と触れ合うからこそ感じる喜怒哀楽黒ハートいろんな気持ちを体験して帰ってくれました。

次回は新年1月17日(火)に久々の児童室にて開催予定です。

ぜひ皆さん、育児の息抜きがてら遊びに来てくださいね晴れ



晴れおひさま広場の開催情報晴れ


wellcome.png
宮前おやこの会「おひさま」は宮前区子育て支援関係者連絡会(通称:こしれん)に所属して うぇるかむキャンペーン を実施中ですハートたち(複数ハート)
22年度 第13回親子学級[2022年12月14日(Wed)]
子どもたちの様子を知る(保育ビデオ)

■保育室ビデオ■
保育中の子ども達の様子を撮影したビデオを企画委員 兼 保育者の解説付きで観ました。
遊び方、子ども同士の関わり方がだんだん変化してくる様子が見られて、子どもたちの成長する力を感じましたわーい(嬉しい顔)

■宮前区冒険遊び場の紹介■
冒険遊び場とは
公園という公共の場を使った「子どもが育つ場」であり、自己責任のもと、自由に遊ぶことができます。地域ぐるみで子どもを見守り育てていくような場でもあります。

冒険遊び場のリーフレットと12〜1月の各遊び場の予定を配りました。

Q「どんなことができるんですか?」
A「小さい子達は、水遊びや泥遊びを思い切り!
ロープワークができるスタッフがいるときは手作りブランコやモンキーブリッジを設置したり、火を使える公園では火起こしにチャレンジすることも。宮崎第四公園では、落ちているくすのきの枝を拾ってのこぎりで切ってみたり、切った枝で工作したりもする。
地域のボランティアスタッフとその場に遊びに来てくれた人達の協力でつくっていく自由な遊び場なので、いつもはできないけどやってどやってみたい遊びがあったら話してほしい。

●テーマ1「地域に目を向ける」
地域で子どもを見守るということ
近所で小さいころに一緒に遊んだ子やその親御さんに、子どもが小学生になってからばったり再会して「ああっ!あの時の〜!お久しぶりです!」ということもある。
「地域で子育てを…地域で子どもを見守ろう…」と聞くと何をしたらいいんだろうと戸惑
うかもしれないけれど、もうすでにみなさんやっている。
親子学級の受講でこの市民館に足を運んでいること。
もちろんここで聞いたこと感じたことを家族や身近な人やお友達と話してみることもそう。
冒険遊び場や子育てフェスタに遊びに行ってみるのもそう。
子どもと一緒に自分が住んでいる地域の公園で遊んでみたり、地域のお祭りなどのイベントに参加してみることもそう。
group_people_no_dog.png

●テーマ2「自分自身の成長の話」
ゆ〜ずツクルブも最初のきっかけは子育て講座の受講だった。
始まりはこの親子学級と同じようなとある講座で、地域で自分と同じように子育てしている仲間と知り合えたことから。
このまま終わりたくないな…「なにかしたいね!」の声で、場所をかりてみんなで集まってハンドメイドをやってみることに。
入園グッズや自分が作りたかったものなどワイワイおしゃべりしながら作っていた。
イベントに出店した際の売上でメンバーで焼き肉を食べに行ったり、活動の中で地域の話し合いの場に参加したところ「あこがれていたあの人」と会えた!話ができた!自分の世界が広がっていった。
friends_woman.jpg

●おひさま広場の最新情報●[2022年12月09日(Fri)]

ohisamahiroba-s.png

※2023/1/28更新

子育て中のみなさんがおしゃべりできる居場所・・・のんびり&ほんわかとした、おひさま広場の様子はこちらからご覧くださいるんるん
 ↓
ひらめきおひさま広場の様子


2月27日(月)4階 児童室

時間:10:00〜11:30

会場:宮前市民館
開催日により部屋が異なりますのでご注意ください

申込:4組までの事前申込制(先着順)
※開催当日のお申込には返信できない場合がありますのでご了承ください


<<申込方法>>

1.おひさま公式LINEに友達登録
友だち追加
 ↓
 ↓
2.「〇月〇日のおひさま広場参加希望」とメッセージ送信してください
 ※管理者と1対1のトークです
 ↓
 ↓
3.受付可否をLINEで返信いたします
 ※受付可能の場合、お名前/お子さんの月齢を伺います
 ※当日朝のお問い合わせには返信できない場合があります


<<来場にあたってのお願い>>

@ご自宅で検温していただき、発熱等体調に不安のある場合は参加をご遠慮ください。

Aマスクの着用、手指の消毒をお願いします。

➂入室時に検温・健康チェック等のご協力をお願いいたします。

C換気、消毒、検温などの対策は行いますが、子どもはマスクを外してしまう可能性があること、子ども同士関わる可能性があることをご了承ください。

D市民館のおもちゃをお借りしていますので、おもちゃの持ち込みはご遠慮ください。

E水分補給のための飲み物を持参してください(食事はできません

F情勢により開催を中止する場合、おひさま公式LINEにて告知いたします。


 
 
 宮前区内の遊び場をお探しの方は以下のサイトをご活用ください。 
 位置情報宮前区子育てグループ・サロン活動紹介 



welcome.png
宮前おやこの会「おひさま」は、宮前区子育て支援関係者連絡会(通称:こしれん)に所属して うぇるかむキャンペーン を実施中ですハートたち(複数ハート)
みんなに聞いてみた!〜小学生の遊ばせ方〜[2022年12月01日(Thu)]

『みんなに聞いてみた!』シリーズ第二弾は、小学校低学年のママからの問いかけです。


子どもだけで公園で遊ばせてますか?

行き返りだけ送迎する・キッズケータイを持たせる等、お家のルールを教えてください!

jungle_jim_kids.png

ペン小1男子ママ

基本的に目の前の公園でしか遊ばないけれど、まだ不安なので少し離れた公園なら送迎します。(迎えに行かないとずっと遊んでしまうこともありたらーっ(汗))ケータイはそれ自体失くしそうだから持たせません。


ペン小1女子ママ

都度窓からチラ見できる家の前の公園はOKにしてます。遅くても5時のチャイムが鳴ったら帰ってくるように決めてます。


ペン小2男子ママ

家から10分くらいの公園は送迎します。GPSやキッズケータイも検討中です。


ペン小6&小2女子ママ

小学1年生から、送り迎えなしで公園や友達の家に遊びに行かせました。でも、場所と時間を子ども同士では上手く約束できず、待ちぼうけで泣いて帰ってきたり、待ちきれず先に帰ってきたことも。

遊ぶ約束をする時のポイントや内容を何回も話して確認し、2年生になってから、だんだんと友達とのやり取りでスレ違いがなくなってきました。携帯は中学校から持たせる予定です。


ペン小2男子ママ

小心者なのか、子どもだけで公園には行きたがらないです。マンションの中庭で遊んでいることが多く、親としては安心なのですが、外に出たがらないのも少し心配かなぁ。



皆さんはどんなルールで小学生を遊びに行かせている/いたか教えてください黒ハート
@記事下の『フォームを開く』を押す

Aお名前(ペンネーム)とコメント欄の2カ所だけ入力(メールアドレスとホームページアドレスは空白のまま)

B書き込むボタンを押す