• もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 2022年09月 | Main | 2022年11月 »
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
22年度 第7回親子学級[2022年10月18日(Tue)]
『子ども本来の姿を見る 映画「アリサ」鑑賞』

今回は、映画『アリサ』を鑑賞しました。

宮前親子学級ではこの映画『 アリサ−ヒトから人間への記録− 』を毎年欠かさず鑑賞しています。

この映画では、保育園で育つアリサという子どもの生後2ヶ月から6歳11ヶ月までの成長を追っています。自由な遊びを通じて身体(身体能力)が成長していく様子、遊びにおける人との関わりを通じて、思いやり・ねばり強さ・創造力など心が成長していく様子が映されています。


まだまだ小さいのに全身土まみれでハイハイしていたり、大きな石がゴロゴロ転がっている山を裸足で上り下りしたり、崖のような急傾斜の坂道を転がり落ちて遊んでいる姿・・・

子どもが「針の糸通し」「竹馬」「逆上がり」などなど、思うように物事を進めることができず泣いているのに、保育士は『がんばれ!』と励ますだけで手を絶対に貸さず、子どもは諦めることなく自分自身の力で数日かけて成し遂げていく姿・・・

大人が何も指示していないのに、子ども同士で自然と役割分担を決めて遊び合い・助け合いをする姿・・・

ほとんどの親が『汚いからやめなさい!』『危ないからやめなさい!』と叫んでしまいそうな、野性味あふれるたくましい子ども達の姿がたくさん映されていました。



次回は、今日観た映画の内容を振り返りながら、『「アリサ」から見た子どもの発達』というテーマで帝京大学客員教授の杉本眞理子先生にお話を伺います。
22年度 第6回親子学級[2022年10月16日(Sun)]

『子どもを「見守る」ってなに?』

今日は、2008年に宮前親子学級を受講して企画委員を経て、子育て支援ボランティア「あおぞら」として親子学級の保育を担当している、川西園美さんに話を伺いました。

保育中の子ども達の様子を映像で見たり、乳幼児〜小学生の多くの子ども達とその保護者に関わる仕事をしている中で感じたことなどを聴かせていただきました。


■ 子どもの服装 ■

・遊具で遊ぶ時、フードや上着の裾が遊具に引っ掛かると命に関わる事故につながる。フードは首元に織り込み、上着の裾はズボンの中に入れること。水筒やリュックを持ったまま遊ぶのも、紐が引っ掛かって危険。

遊びから身体が発達するので、身体の動きを妨げないよう自由に手足を動かしやすい服を着せる。股関節が十分に動いて、しゃがみやすいストレッチ素材のズボンは遊びに最適。


■ おもちゃの取り合い ■

おもちゃを取ったり取られたりするのは、よくある話。子ども同士が関わろうとする意識の表れで悪いことではない。取り合いを止める必要はないが、両者の気持ちを代弁できるよう子どもを観ておくことが大事

boys_kenka_omocha.png

・見守るとは子ども同士のやりとりを、近くですぐ対応できる体勢で観ていること

・おもちゃは、先に使っている人のもの。
「ちょっと待っていてね」→「待ててすごいね」や「取られちゃったね」→「悲しいね。嫌だったね」と声掛けをしてあげる。自分の気持ちが分かってくれると、子どもは嬉しい。


■ 約束を守る ■

・おもちゃを「次に貸してもらおうね」と言ったら、子どもが忘れてどこかに行ってしまったとしても、おもちゃが空いた時に必ず声掛けをしてあげる。

・「ちょっと待っていてね」と子どもに言ったら、その後で向き合う時間を取る。

約束を守ることで子どもとの信頼関係が築かれる。


■ 5つの「みる」と3つの「きく」 ■

見る:全体を大まかにみる
視る:透視、心をみる
診る:診察
看る:看護
観る:心も身体もみる ⇐子どもを見守るときは、この観る。

聞く:耳に入ってくる、入ってきた
聴く:耳も目も心も使ってきく ⇐子どもの話は、この聴く。
訊く:問い詰める ex.今日どうだった?


■ 子どもと自分 ■

子どもが小さい頃、自分は子どもと一体化していた。今になって考えてみると「自分から生まれた子が自分と同じように考えないわけがない」と勘違いしていたのだと思う。

kosodate_oyako_kaiwa_girl.png

自分のお腹から出て来ても、子どもは私と別の人間。気持ちは一緒ではない。

・子どもにイライラするのは、自分の思い通りにならないから。私は私の時間で、子どもは子どもの時間で動いている。

・公園から帰るのを拒まれたら、自分都合ではなく子どもが機嫌よく帰れるようにしてあげると良い。ex.帰っておやつをたべよう、電車をみて帰ろう等


■ 守らなければいけないのは、命! ■

・人に迷惑をかけても死にはしない。『まあ、いっか』の気持ちを持って『この声掛けは、命を守るためなのか?』と自分に問いかけてみて

・外を歩く時は手を繋ぐ!交通ルールは守る!コンセントでは遊ばない! →命に関わる大切なことは、目を見て低い声で真剣に「やめて」と言うのが効果的。


■ 他の子と比べない ■

・自分の子どものタイプを見極める。よく聴きよく観ること。

幻の子ども像を追い過ぎない。

子どもを操作しようとしないように頑張って、楽になろう

・イライラが減ってママが穏やかに過ごせるようになると、子どもの愚図りも減る。逆にママの焦りや不安は、子どもの愚図りを増す。


※「幻の子ども像」は教育ジャーナリストの青木悦さんの著書。青木悦さんの講義内容はこちら。
 ↓
ひらめき2009年『 幻の子ども像を追っていませんか? 』

ひらめき2012年『 なぜ、そんなに“まわり”を気にするの?』

  
■ 子どもは子ども同士の関わり合いで育つ ■

・他の子と一緒に遊ばなくても、見ているだけでも学び。

・大人は勝手に手や口を出さないように練習する。
 ※自己肯定感を高めるために「いま、口出ししなかった自分えらい!」と自分を褒めることも忘れずに!


■ コロナ渦での育児 ■

初めて緊急事態宣言が出た時は、虐待通報が多かった。
最近は子どもを泣かせられない状況になってきているが、安全が確保されている状態ならば、すこししくらい泣かせていても平気。精神的に追い詰められるような状況に陥らないように。
長く外出自粛生活をしていた 8〜10 ヶ月の子と会ったが、表情が乏しいように見えて危機を感じた。


■ 実体験に勝るものはない ■

風がそよそよ吹く様子、ジリジリと照りつける太陽、霜柱や落ち葉を踏む感覚など、実体験がなければ絵本の話も理解できない。

舗装された道ばかりではなく、芝生やデコボコ道を歩くと体幹も鍛えられるので自然を楽しんで欲しい。

木の実を拾う、虫を触ってみるなど、子どもが興味を持ったものに対し完全拒否をしないように。
bug_mushitori_boy.png


■ 園生活が始まるときの心構え ■

幼稚園見学に行きだして親がバタバタするようになると、子どもの心もザワザワしだす。
「〇〇しないと、幼稚園に行けない」と、脅すことはしないで。 保育園に行く子は、家族で過ごす時間の過ごし方をよく考えてほしい。



次回は、子ども本来の姿を見るというテーマで映画「アリサ」を鑑賞します。
読書の秋[2022年10月12日(Wed)]

今日は、ちゃだんごさんからの投稿ですペン


先日開催されたうぇるかむクラスで紹介されていたのですが・・・


川崎市立図書館のホームページが、子ども向けに見やすく工夫されているのを皆さんご存知ですか?


ひらめき川崎市立図書館こどものページ

・0歳〜年齢に沿ったオススメの絵本
・人気の本
・新しく入った本の中から季節に合うオススメの本(毎月更新)

などがされています本

今までこのページがあるのを知らなかったので、丁寧に紹介されていて見やすくてもっと早く知りたかったぁexclamation×2と思いました。

お子さんと読む絵本を探す時にも、小学生が自分で読みたい本を探す時もすごく役立ちそうです手(チョキ)

10代のお子さん向けにティーンズのページもありますよるんるん


当ブログでもお気に入りの絵本や、絵本の大切さに関する記事を載せています。

ひらめき私が好きな絵本part5
 ※part1〜4は上記ページ内にリンクを貼っています


ehon_hahako.png

おひさま広場の報告(10月4日開催)[2022年10月11日(Tue)]

今日は、あわこさんからおひさま広場の報告ですペン

10月のおひさま広場は、市民館和室にて開催しました。

hiroba1004.jpg

今回は、2ヶ月のベイビーちゃん連れのママがベビーカーを押して30分以上もテクテク歩いて遊びに来てくれましたハートたち(複数ハート)

市民館に到着した頃にはスヤスヤと気持ちよく寝ていましたが、しばらくすると起きて周りを見渡して観察してる様子でしたるんるん

いろんな刺激を受けてほしいなぁというママの願いどおり、いろんな人の声や表情に反応して楽しんでくれていましたわーい(嬉しい顔)

もう一組は、何度もおひさま広場に遊びに来てくれている姉妹ちゃん。

入園して以来なかなか広場に来る機会がなかったお姉ちゃんも、幼稚園がお休みということで遊びに来てくれましたぴかぴか(新しい)

自分で名札を書いたり、上手に工作したりとまた成長した姿を見せてくれました黒ハート

今回も、支援センターや幼稚園のお話、また子どもの名前の由来を話したりとおしゃべりが盛り上がり、あっという間の1時間半でした。

来月は11月11日(金)市民館和室にて開催予定です。

ぜひお気軽に遊びに来てくださいね。


晴れおひさま広場の開催情報晴れ




宮前おやこの会「おひさま」は宮前区子育て支援関係者連絡会(通称:こしれん)に所属して うぇるかむキャンペーン を実施中ですハートたち(複数ハート)

wellcome.png
22年度 第5回親子学級[2022年10月03日(Mon)]
『 ⼦どもの⾒⽅を知って味⽅になろう 』

今回は川崎西部地域療育センターのソーシャルワーカー大野伸之さんにお話をしていただきました。

かわいい子育ては「子どもが育つ」ことのお手伝い
⼦どもの成⻑をお⼿伝いすることが本当の⼦育て。
うまくできない、思い通りにいかなくても、⼦どもと共に育ちあっていけば良い。

かわいい育ちとは「やる気」「自分大好き」が育っていくこと
「やる気」「⾃分⼤好き」が育つと、⼈としてつらい事を乗り越える⼒、豊かに⽣きる⼒がつく。

⇒「やる気」「⾃分⼤好き」が育つには否定せず受容する事が大切

赤ちゃんが泣いたら抱っこする行動
⽣命維持の欲求とそれに応える親の⾏動が愛着のベースになり、それが⼈間形成のベースになる。
愛着が育っていると、安⼼感を回復できる⼒、感情・⾏動をコントロールする⼒がつき、⼈間関係やコミュニケーションの基盤になる。⾚ちゃんを満⾜させるのがとても重要。

ひらめき子育ての大事なポイント
1.自己の有能感「できるじゃん!」
2.自己の肯定感「失敗したっていい、やってみよう!」
3.人間関係能力「自尊感情」「人を愛する力」
4.基本的信頼感「人はすてきだな!」

⼈間関係能⼒は⼈から愛され、尊重されることから学ぶ
⼈を信じる⼒、頼る⼒も⼤切。⼦育ては、⼦どもが⾃分は安全だという意識を体感していくこと。

ペン子育ての工夫
●⽣活リズムを整える
夜 8 時と 11 時に寝たのは成⻑ホルモンの出⽅が違う。早く寝るのは重要。
起こす時間、3⾷の⾷事の時間のリズムを⼀定にするとよい。

●⾔葉は短く、具体的に、肯定的に
・怒る→感情をぶつけて怒る。叱る→正しいことを教えてあげる。
・⻑い⽂章は焦点がわからない。
・「なんで、それ、そうなってるの」も抽象的で難しい。
・「ママはかなしい」よりも「○○するとママはうれしい」とやって欲しい⾏動をいう。
・⾛っちゃダメ=⾛ることはいけないことです。いけないは概念だからわからない。
「おひめさまみたいに歩くとかわいいよ。かっこいいよ。」という⽅がわかりやすい。

●⾃⽴は⼿伝っても遅れないので⼤丈夫。うまくいく経験をたくさん積ませることが⼤切。
例)子どもに片づけてほしい
⇒「お⽚づけ」はまずはきれいになる概念を学ぶ。
ほとんどママが箱に⼊れ、最後に⼦どもがいれて「きれいになったね」という声がけはお⽚づけができたと⾃分が褒められたという⾃信になる。親側もハードルを少し下げるのも⼤事。

例)小学校になっても忘れ物チェックした方がいい?
⇒⼀緒に確認して忘れ物がなかった、ママがそっと⼊れてくれた、という満たされ感が残る。
⼩学校に⼊ってもお⼿伝いした⽅が、⼦どもの情緒の安定につながる。

過保護はいくらやっても⼦どもの育ちにマイナスにならない。
必要以上に⼦どもに介⼊してしまう過⼲渉はいけない。(やろうとしていた事をとりあげるなど。)

●わが⼦を応援するなら、親は「出来る事、好きな事、やりたい事」を応援するのが重要。⼤きくなってもずっと、このことは⼤切。出来ない事を頑張らせるのではない。

●ほめて育てる。→どういう時にほめる?
出来るようになった、頑張った時、上⼿にできた時ほめるのは当然だけど、ほめるの本質はもっと⼩さいことからはじまっている。
ちょっとした事でも「ありがとう」、「いえーい」とかの声がけ、ハイタッチ、にこっとしてあげるなどの⼩さいほめるを毎⽇積み重ねていくことが『ほめて育てる』の本質。⽇頃⾔っているそのことが⼦どもの⼼に積み重なり、最も⼦どもの発達に重要。
結果をほめるだけでなく、頑張ったプロセスをほめるのが重要
他の⼦と⽐べてほめるよりも、「昨⽇の我が⼦より今⽇の⽅がすばらしい」という視点でほめる。

⽇頃⼦ども達にかけてる⾔葉が社会に出た時に全部あらわれる。
例)コップの⽔をこぼしたら何ていう?
・あーこぼした ・ほらこぼした ・無視(制裁としてキツい)・ふざけてるからでしょ、何してるの
・よそ⾒してるからでしょ ・何度⽬?

・上⼿に拭いてね。 ・ここに置くとこぼさないんだよ♡・⼀緒に⽚付けてね。
・たまには失敗するよね。 ・服ぬれずに助かったね。 ・持つ時はこうすると良いよ。
・次は気をつけてね。 ・もう⼀杯飲みますか?

⼦どもは失敗したとわかっているから、失敗を否定せず上記なような⾔葉がけで⼦どもの⼼は助かったと思う。→安⼼感、⾃分の⾃信につながる。

ぴかぴか(新しい)⼦育てのストレスを減らす⼯夫
「しかたない」「こんなものかな」→なげやりではない。⼦育てでは名答。
育児書通りに育った⼦はいない。時々周りの⼦たちを気にしてみてしまったら、わが⼦をみよう。
⾃分の⼦育てはそんなに間違ってないと思っても⼤丈夫。そんなに不安になる必要はない。
⽇頃、『それでいいよ、だいじょうぶだよ。』というふうにやってあげたら、⾃分⼤好きが育つのではないか。
⼦ども⾃⾝が、⾃分の近くにいつも信頼できる⼈がいるという安⼼感が最も⼤切。わーい(嬉しい顔)
第5回.jpeg

次回は「⼦どもを『⾒守る』ってなに?」というテーマで、子どもを見守る姿勢について学びます揺れるハート