CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 2021年10月 | Main | 2021年12月 »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
その太
お笑い加工機能付きテレビ (01/13) あわこ
みなさんならどうしますか? (01/06) キョロキョロ
秋?冬?どっち? (01/05) キョロキョロ
みなさんならどうしますか? (01/05) きば子
みなさんならどうしますか? (01/04) あわこ
21年度 第14回親子学級 (12/22) 忍子
大人の階段のぉぼる〜♪ (11/29) あわこ
秋のブーケ (11/23) あわこ
秋の実験 (10/27) まいまい
秋の実験 (10/27)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
まだまだだな[2021年11月29日(Mon)]
今日は、大猫熊さんからの投稿ですペン


小6の息子はシレっと私より背が大きくなり、家族内で1番ちびっ子はママとなりましたたらーっ(汗)

「すっかり大きくなって〜ぴかぴか(新しい)」なんて思っていた今日この頃でしたが・・・


先日、仕事中に携帯が鳴っていることに気付きチラリみると小学校からの着信exclamation

ん?珍しい、何だ?

電話にでてみると担任の先生でした。

『あの…S太さんが…』(なになに!何があった!)

『下校中に…上履きの…片方を落としてます…』

aprilfool_woman.png

え?は?片方?片方??


他学年の子が拾って学校に届けてくれているという連絡でしたくつ

ツッコミ所は多々あるも、薄れかけていたが記名って大事と改めて思いました。

数日前の登校時に、同じクラスの従兄弟が上履きを落として届けてもらっていたらしく(2人揃って何しとんねん!)体はデカくなったけど中身は甘いな〜とニヤリした出来事でした。

ihihi_girl.png


落とし物を拾って届けてくれる優しいキッズ達と、安全・安心な地域に感謝ですハートたち(複数ハート)



21年度 第10回親子学級[2021年11月27日(Sat)]
『 みんなで見守ろう〜室内遊び〜子どもの動きをみてみよう 』


先月の学級第8回では『 みんなで見守ろう〜外遊び〜1歩離れてみてみよう 』ということで、公園で外遊びの見守り方を実践しました。

そして今回の学級第10回は、室内で子ども達の動きを見守りました。


まずは、宮前親子学級の保育ボランティアグループ『あおぞら』のお二人から、今日のポイントについて・・・

・お母さんが見ていないときに子どもの普段と違う姿を見られることがある。昨日はやらなかったことを今日やったり、ある日突然やったりするので注意が必要。

・何かトラブルがあった時には子どもから出てくる言葉を待ってみるのがおすすめ。ハラハラすることもあるが、トライ&エラーを見届けましょう。

・お母さんのそばを離れられない子もいると思うが、ムリに「遊んできなさい!」としなくてOK。

・自分の子どもだけでなく、他の子との関わりや全体を見るようにしましょう。凝視、ではなくチラチラと見る感じの方が子どもが自然と遊べる。


211111_1.png

早々に遊び始める子もいれば、お母さんのそばで周りの様子を見ている子、ホール内の色んな場所へハイハイで動き回る子も。

211111_2.png

新聞紙で遊んだり、何やら子ども同士でコミュニケーションを取っている様子も見られたり・・

自分で積んだブロックに他の子が寄ってくるのを嫌がる子もいれば、裸足で歩くのを嫌がる子と様々。

受講生は、それぞれ子どもの個性を感じたり、手を出さず見守ることで生まれる子どもの動きや、見守ることの難しさを感じたようでした。


最後に『あおぞら』の皆さんから・・・

・見守る/放置の違いは、見守っている時は目を絶対に離さないということ。子どもは不安になった時にお母さんがそばにいてくれるともっと冒険できるようになる。「絶対に見ている」という視線を送って欲しい。

・見守るということは、遊びの流れを観察すること。そして、子どもの心の動きを想像すること。子どもはお母さんが自分の遊びを覚えててくれると嬉しいと感じる。 他人の子には優しくなれることもあるので、地域の公園でも見守りができるといい。

・ダメと言う時は「子どもだから分からない」と諦めずにダメな理由を伝える。命に関わることには きちんとダメと言う。

大人の階段のぉぼる〜♪[2021年11月20日(Sat)]
今日は、雪乃さんからの投稿ですペン


※サンタネタです。お子さん注意!
christmas_santa_sori.png

夏の暑さがひと段落した、ある日のこと。(結構前ですねあせあせ(飛び散る汗)

突然、小4娘が言いました。

「サンタクロースって、お父さんとお母さんなの?
 サンタさんって、いないの?
 お父さんがプレゼント置いてるって、クラスの男子が言ってた!」

・・・クリスマスまでまだ数ヶ月もある夏の終わりだったこの日。

なぜ、このタイミングで?

ついに来たか、この質問!

誰だ、余計な事、教えたの!

クリスマスプレゼント、もう考えていたのか?

どう回答するのが正解?どうする?どうする?

いろいろ、頭の中、駆け巡りましたふらふら

そして、旦那とのアイコンタクト目

思いはひとつ。

「「もう、いっか。」」

ただ、どう回答したら娘にとって夢を粉砕せずに済むのか、私にはわからなったので、

「お父さん、たのんだ。」

丸投げしてみた。

旦那、腹をくくりに、トイレへ。



「サンタさんは、いるよ。

 お手紙書いたら、お返事もくるって、テレビでやってたよね。

 でも、○○に、プレゼントを渡していたのは、お父さんとお母さんだよ。
 
 ○○は、もう大きくなったから、本当のことを教えるね。

 でも、近所の小さい子は、サンタさんを信じているから、内緒にしてあげてね。」



サンタさんはいるよ、から始まった旦那のお話、丸投げして正解でした手(チョキ)

私には、こんなアドリブできません。

娘は、サンタさんからプレゼントをもらっていなかったことは残念だったようだけど、どこか、すっきりした顔をしてましたわーい(嬉しい顔)

10歳、ついに、教えてしまいました。

こうやって、少しずつ、子どもから大人になっていくのね。

親としては、寂しいね。ただ、一緒にお酒を飲むには、折り返しだね。

それは楽しみだけど、もうちょっと、子どもでいてほしいな〜。

「大人の階段のぼる〜♪」な出来事でしたクリスマス

サンタさんからでなくても、クリスマスプレゼントは貰う気満々、年中ワクワクしながら考えている様は、まだまだ、子どもらしい娘です黒ハート


秋のブーケ[2021年11月17日(Wed)]
今日は、ミキミニさんからの投稿ですペン


先日、私の誕生日だったので、母と合同誕生日会を実家でしましたバースデー

私と母は誕生日が同じ黒ハート

3歳の長男はそのことをよく覚えていたようで、この間幼稚園のお迎えに行ったら、沢山の落ち葉で作ったブーケを持って「お誕生日プレゼント!」と渡してくれましたぴかぴか(新しい)

bouquet.jpg

長男が初めて自分で作ってくれた誕生日プレゼントにほっこりし、こんなこともできるようになったんだと成長を感じましたるんるん

だんご焼き始めました[2021年11月13日(Sat)]
今日は、さときちさんからの投稿ですペン

幼稚園年少の息子が、団子焼き始めました。(冷やし中華風に)

あざみ野ガーデンズにあるコメダ珈琲は、おかげ庵という名前の和風店だんご

みたらし団子LOVEな息子わーい(嬉しい顔)

自分でお団子が焼けると聞いたので、電動自転車で行ってみましたダッシュ(走り出すさま)

目の前に置かれた焼き台、まだ白いお団子、3種類のツケダレ(醤油、あんこ、黒蜜きなこ)に大人もテンション上がりますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

『ぜーーんぶひとりで焼く!!』

と気合の入る息子手(グー)

メニューを指差し注文するスタートから、

職人のような団子の回転焼き、

お皿に残ったきな粉までも完食するフィナーレるんるん

yakidango.jpg

工程ひとつひとつを楽しんでました黒ハート

帰り道の自転車で『今日は楽しかったね〜八分音符』とご満悦(笑)

そして夢の中へ眠い(睡眠)

21年度 第9回親子学級[2021年11月12日(Fri)]
『 地域の先輩ママに聞いてみよう 』


今回は、「自分を大切にする」「ありのままの自分を認める」をテーマに、自分が大切にしていることは何か、どうしたら自分が心地よくいられるかを考え、書き出してもらいました。ペン

そして、親子学級を卒業した企画委員に先輩ママとして、どうやって過ごしてきたか実体験やアドバイスを話してもらいましたカラオケ


自分時間があったら何していますか?リフレッシュ方法は?
face_night.png
・自分が好きなことをやる(お酒を楽しむ。コーヒー・お菓子・運動・アロマ・観葉植物)

・なかなか自分だけの時間は作れないので子どもと一緒にお昼寝やおやつタイムを取る。



自分時間をどうやって作っていますか?
time.png
・生きていくために必要なことはやるけど、洗濯や掃除は毎日しなくても大丈夫。

・料理だって毎日全部手作りでなく、お惣菜や冷凍食品も活用するのもよし。

・自分の中で大切にしたいこと、どうしても譲れないことは何かを考え、優先順位を決める。

・朝が得意な人は、朝早く起きて家事をする時間や好きなことをする時間を確保。朝が苦手な人は夜にやる。疲れたときはやらない選択。

・旦那さんや子どもにも協力してもらう。

・子どもを預けて出かけるとか頼れる人がいればどんどん頼ってよい。



仕事どうする?復帰する?しない?
pose_syourai_woman.png

・学級を受講して自分のやりたいこと、なりたい自分を考えたことがきっかけで働くことを選択。

・企画委員になり地域に関わることで人とのつながり、社会とのつながりを感じ、子育て中の今しか出来ないことを楽しむ選択。 どちらも自分がやりたいと思って選んだ選択。自分がどうしたいか。自分の気持ちを大切に。

働いている人の多くが感じているメリットとは・・・
子どもと離れて自分の時間になるのでリフレッシュ出来ること。 仕事でも地域でも良いので自分の居場所を作ることが大切。ずっと家で子どもと向き合っていると逃げ場がなくなって苦しくなるから。



旦那さんと考えが違った場合どうしている?
fufu_young.png

どんな夫婦関係を築きたいか。とことん話し合うのか、相手の意見を尊重するのか、自分の意見を尊重してもらいたいか。自分はどうかな?と考えてみる。


子育てで行き詰まった時、支えとなったものは?
group_people_no_dog.png

・学級の先輩方からの「大丈夫!!」という言葉が支えに。

・地域に知り合いがいることの安心感。

・身内以外にも子どもを見守ってくれる人がいること。

・講師の先生方のお言葉。


最後に・・・
ママとしてだけでなく自分がどうしたいか、自分が心地よくいられるにはどうしたらよいかが大事。親子学級では今までたくさんの講師の方にきていただき、心に響く言葉をもらっている。「〜ねばならない、は無いんだよ」「ありのままでいい」など企画委員それぞれが大切にしたい言葉に出会っている。ブログの過去の講義内容を見てみると大切にしたい言葉に出会えるかもぴかぴか(新しい)


次回は『みんなで見守ろう〜室内遊び〜 子どもの動きをみてみよう」』というテーマで、室内遊びをしながら子どもの見守りを実践しますexclamation
21年度 第8回親子学級[2021年11月10日(Wed)]
『 みんなで見守ろう〜外遊び〜1歩離れてみてみよう 』


10月28日の学級第8回は何と屋外で開催exclamation

まずは宮前平こども文化センターに集合。

これまでの学級で聞いてきたことを踏まえて・・・

・子どもの表情が見える位の距離で見守る。

・子どもの「やりたい」「チャレンジしたい」を否定せず、危険がなければやらせてあげる。その際、その子が自分で出来ること以上の手伝いはしない。

・子ども同士が一緒に遊ばなくても、子どもが他の子どもの動き・遊び方を見るだけでも、刺激、新たな発見になるかも。


と今日の主旨を伝えてから宮崎第四公園で遊びました。


始めはお母さんと一緒にいたけれど徐々に落ち葉を触って遊び始めた子もいれば、お母さんとずっと一緒に遊んでいた子もいるし、公園に到着早々遊び始める子もいて様々。

子ども同士でケンカになったらどこまで見守れるかな?と考えて参加していた受講生&企画委員ですが、争う気配もなく過ぎましたわーい(嬉しい顔)

お子さんが一人遊びではなくお友達と遊ぶように誘導したり、遊具で遊ぶように誘導したりせず、子どもの表情や動きを観察する受講生目

木の枝や石など、誰かにぶつけてしまったら・・と心配しながらも見守っていると、

石の上に葉っぱをのせて楽しく遊んでいたり、枝を使って地面に絵を描いていることに気付けたり。

落ち葉の上を歩いたり泥だらけで遊んでいる時のお子さんの目のキラキラした輝きに気付けたり。

子ども達が遊具に目もくれず落ち葉や木の枝に興味を持っていたのを見て「遊具で遊んで欲しい。お友達と遊んで欲しい。というのは大人の都合なのかも」と考えてみたり。

皆さんそれぞれに色々な気付きがあったようですぴかぴか(新しい)

20211028.JPG

ハロウィンの次は[2021年11月08日(Mon)]
今日は、まめさんから写真投稿ですペン

先月のハロウィンの時、年長のお子さんが折り紙で作ったそうでするんるん

halloween.jpg

halloween2.jpg

みなさんのお子さんは幼稚園や近所で仮装イベントをしましたかexclamation&question

きば子宅では数年前まで近所の子ども達が敷地内を仮装して回っていましたハロウィン

家にあった布を適当に切り合わせて作った衣装がこれバッド(下向き矢印)

halloween3.jpg

10年前の息子。。反抗期の現在からは想像できない程かわいい(親ばか)もうやだ〜(悲しい顔)

耳が長すぎて怪しい生き物になってますがたらーっ(汗)スッポリ被るだけの衣装だったので何年も同じものを着ていました。


さぁ、ハロウィンの後のイベントはクリスマスクリスマス

みなさん、今年の飾りつけはどうしますか?

お子さんと一緒に松ぼっくりでツリーやリースを作ったり楽しめますようにぴかぴか(新しい)

21年度 第7回親子学級[2021年11月06日(Sat)]
『 「境界線をもつ」ってどんなこと? 』

10月21日の学級7回は、企画委員の牧野文さんに講師として話をしてもらいましたカラオケ

牧野さんは公認心理士・臨床心理士として、小学生から高校生の親子を対象とした教育相談室の相談員、スクールカウンセラーとして11年勤務。2019年の宮前親子学級を受講して、そこから企画委員としておひさまに参加しています。


■境界線とは

境界線は、自分と他者を区別する意識的なライン

黒ハート適切な境界線とは・・
 
誰かに振り回されない(自己決定・自己選択ができる)
 ↓
結果は自分で責任を負う
 ↓
相手の結果には責任を負わない(相手の決定選択を尊重する)
 ↓
お互いを尊重して良い関係を築くことができる!!


失恋不適切な境界線とは・・

迎合的な人、回避的な人、支配的な人、無反応な人

迎合的な人と支配的な人の組み合わせ→DV などの問題になることも



■イヤイヤ期が境界線を作る?!

dada_kosodate_komaru_woman.png

『イヤ!』『ぼくの!』『わたしの!』=怒り、所有権の主張
 ↓
親が「嫌だなぁ」「困るなぁ」と感じる子どもの言動は、子どもが自分の世界(境界線)を守るためのもの!



■境界線が育つ5つの段階

@自分の気持ちに気付く

子どもの言動の裏にある本当の気持ちを言葉で伝え返してあげる。
例)遊びを止めて帰ろうとしたら「ママきらい」と叩いてきた場合・・・『それぐらい遊びたかったんだね』と子どもの感情を言語化してあげる

A安心してNO!と言える

自分がイヤだと感じた時の「NO!」=成長した時に自分のことを自分で守る力になる
親と違う意見を言っても良いことを学ぶ練習

B自己決定・自己選択

子どもが自分で考えて決定できるようにする
しつけは自律性が大事!ダブルバインドにならないように注意する

【自律性を育てるしつけ】
「すぐにできるようにならなくてもいい」「ちゃんとできるようになるまでいつまでも待っていてあげるから」「できるようになるから心配いらない、いつからできるかは自分で決めればいい」こういったメッセージ、気持ちを伝えながら、大切なことを繰り返し教えていくこと(佐々木正美「子どもの心がみえてくる エリクソンに学ぶ」より)

【ダブルバインドとは】
無意識に子どもを脅して親の言うことを聞かせようとすること
例えば「帰らないならママ先に帰っちゃうからね!」「片づけないならオモチャ捨てちゃうよ!」など。

【ダブルバインドの危険性】
相手を脅すコミュニケーションを学んでしまう、親を信用しなくなる、自己主張できなくなる、自分で考えることをやめてしまう、自己肯定感の低下

子はたくさんされたことを学ぶ→20才まで修正できるから、今からでも大丈夫!もし自分の言葉がダブルバインドになってしまった場合は言い直せばいい!

C相手のNO!を受け入れる
D自分の選択に責任を持つ

自分の決定・選択・NO!をたくさん受け入れてもらうと相手のNO!も受け入れやすくなる。相手のNO!を受け入れると、自分のことは自分で責任を持てるようになる。

親が子どもを手助けし過ぎていると、子どもは自分で考えて選択できなくなる。成長してから自分に何か問題が起きた場合も、誰かが自分の面倒を見てくれるのが当たり前と思うようになる。



■夫婦関係は境界線の混乱が起きやすい!

・自分の感情「私は〇〇だと感じた」を自分で認識できている?

・黙って怒らず、自分の気持ち&その理由を、相手に伝えている?

・自分の願いを満たすのは自分、満たせなかった時に調整するのも自分。それを相手に求めてない?

・自分ができる上限を相手に伝えないまま「これだけやっているのに!」と怒ってない?

hyoujou_text_woman_punpun.png
「何に」怒ったのか
「何が」嫌だったのか
「どうして」嫌だったのか
 ↓
大元の気持ちに気付く



■境界線を守る鍵は自己肯定感!

自己肯定感を高めるためには・・・

相手と自分どちらも無条件に尊重する

・相手にも何か事情があるんだろうな・・・
・良いところ/悪いところ色々あるけど、私はこれでいいよね♪

相手を変えようとしない

・変えようとするほどに相手は心を閉じてしまう
・人が変わるのにはタイミングがある

私を主語にして気持ちを伝える
talk8_red_woman.png
・「あなた」が主語の場合、それは「わたしの気持ち」ではない
・「あなた」が主語だと決めつけが生じてくる


自分が判断した評価を押し付けない

自分と相手の領域をはっきりさせる

自分はダメだと責めない

育児は本当に大変なこと。今自分ができることをすれば良いし、ネガティブな気持ちを持ってもいい。(子どもにネガティブな気持ちをぶつけるのは注意)

「べき」より「したい」を大切にする

「べき」は他人の目を気にしている思考→鬱に繋がることも!
face_night.png
セルフケアも大切に黄ハート



次回は・・・『みんなで見守ろう〜外遊び〜1歩離れてみてみよう』というテーマで公園に出て外遊びをします晴れ


るんるんわくわくのつぶやきるんるん

今回の境界線は、自分の事をとても考えさせられる内容でしたexclamation親子って、(特に乳幼児期)境界線が曖昧になってしまうことが多いと思います。だからこそ、必要以上に怒ってしまったり、イライラしてしまったり…本当に育児って、簡単では無いですexclamation×2

境界線作りの一歩は、まずは自分を認めてあげる事なんだと思いました。
『毎週親子学級に参加していること』=子どもの事を理解しようとしていること、大切にしようとしていること、と思うと、それだけで「うわぁ、私頑張ってる…みんなも頑張ってるよね…」と涙が出る思いでしたもうやだ〜(悲しい顔)
21年度 第6回親子学級[2021年11月05日(Fri)]
『 これまでを振り返って 』

10月14日の学級第6回も、宮前市民館でオンライン同時開催しましたexclamation

今回は、今まで講義を聴いて、実践したこと、疑問に思ったこと、記憶に残った言葉、納得できなかった事などを、班に分かれて自由に吐き出してもらいました演劇


わーい(嬉しい顔)ポジティブな意見

・幼稚園選びの参考にした。自分の中で折り合いがついた。
・テレビの時間についてみんな違ったが「我が家の方針は違う」として気にしないことにした。
・「3歳までは動物」に感動!3歳以上も動物だけど…
・自分もわたしらしく、子どもは子どもらしく。イライラするけど質が違う。
・大人同士で話すのが貴重!
・みんな同じ事を考えていて癒される!
・子どもは自分で育っていく!子どもの意思を尊重、介入しないように。
・知育を考えていた。先取りするんじゃなくて、子どもらしく遊びをめいっぱいやらせたい。
・子どもはそれぞれで良い。自分がやってきたことに確証が持てた。


もうやだ〜(悲しい顔)ネガティブな意見

・兄弟ケンカに介入しない事にチャレンジしたが、最終的にパパが対応。夫婦でのすり合わせはどこまで?
・幼稚園の先生の一斉指導(出来ている子を誉める)は本当によくないこと?
・心を広く持てない。
・ドカンと怒りをぶつけちゃう。
・どんくさくて、あぶなくて、見守れない、どこまで見守っていいのか分からない。
・見守れる日と見守れない日がある。子どもは混乱しない?
・2人目が産まれて大変!
・子どもに時間をかけること、親が“待つ”ことが難しい。どれくらいできるか?
・「大人も怒っていい」気が楽になった反面、やっぱり罪悪感。虐待は意外と身近と感じた。
・子どもを自由にさせたい、でも介入してしまうので葛藤する。境界線を保ちながら怒ることが難しい。
・2人だけの空間だと自分を追いつめてしまう。出口が見つからない。
・1歳は考える力備わっている?家だと見守れない。
・外の方が介入してしまう。他の親が気になる。家だと放置?
・正しいはないと思いつつ、“正しく”を求めてしまう。


自分の悩みや考えを話すことで、解決はできなくても何かヒントをもらえたり、共感して気持ちが軽くなったと思いますぴかぴか(新しい)

後半は、企画委員から地域で活動している自主保育団体や遊び場の紹介をしました。


晴れ「自主保育」とは

幼稚園や保育園の取り組みとは異なる保育の形。園舎もない、先生もいない、カリキュラムもない。保護者や保育協力者が集まり交代でこどもたちを見守る未就学児の育ちの場。

会によって会則が様々あるが、自主保育メンバーのおとな一人ひとりが責任者となり、みんなでみんなの子どもを見守ることが基本的なルール。

一日中、思い切り自由あそび!お昼のお弁当をたべる時間も場所もこどもが決める。

おとなたちは話し合いながら命に関わる大けがにつながる危険から守りつつ、こどもたちの「こんなことやりたい」に心をかたむけつつそっと見守る。

●自主保育「いちにのさん」

●自主保育「B.B.だん」


「宮前区冒険遊び場」では、子どもがやりたいことをやってみる場、失敗やケガも自分で受け入れて成長する場、生きる力を育む場。さまざまな経験の積み重ねが何度でもやり直す力を育み、人との関わりが更なる成長を促す。

●乳幼児親子向けの冒険遊び場(平日開催)

・有馬ふるさと公園
ふるさと公園プレーパーク『ちびポレ』

・小台公園
乳幼児の外遊び広場『ぴよぴよ』

・宮崎第1公園
乳幼児の外遊び広場『ひこうきぐも』

・宮崎第4公園
らいよん公園プレーパーク『ちびらいよん』


●全年齢向けの冒険遊び場(土日祝開催)

・有馬ふるさと公園
ふるさと公園プレーパーク

・宮崎第4公園
らいよん公園プレーパーク

・土橋 1 丁目公園
つちはしプレーパーク

・野川第 3 公園
野川第 3 公園プレイパーク(野川親と子の会かざぐるま)