CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 2013年10月 | Main | 2013年12月 »
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
忍子
寄り添うキモチ (03/03) その太
子乗せ自転車あるある (03/02) わくわく
お支払いは? (02/26) きば子
気になる息子の行動 (02/26) あわこ
おっきい長男と一人娘の戦い (02/25) あわこ
食事にかかる時間 (02/22) 忍子
食事にかかる時間 (02/20) 忍子
5秒前・・ (02/20) 忍子
ママの年齢 (02/20) たろう
5秒前・・ (02/20)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
13年度 第13回親子学級[2013年11月28日(Thu)]
2013年度 第13回親子学級
『 いっしょに育とうママもキッズも(保育室ビデオ) 』


今回は、学級第7回から11回までの児童室の様子を映したビデオを観ながら、保育者の田浪由紀子さんにお話しを伺いました。

ビデオに映った子ども達の様子
・積み木で家を作り始めたらどんどんみんなが手伝っていき、大きな家ができた。「すごいね〜」と歓声があがった。
・大積み木で電車を作る。電車の車輪に円形の積み木を並べたが最後1つ足りず半円を2つ合わせて作った。保育者の「賢いよねー」の言葉にみんな「すご〜い」と感心する。 
・大積み木で飛行機を作る。出来た飛行機に子ども達が乗っていく。乗りたいが乗る場所がなくなった子は自分で積み木を持ってきて後ろにつなげ座る。
・押されて転んで泣いてしまった子を、他の子が慰めにきてギュッとする。
・大積み木とイスでレストランを作るとみんなが集まりレストランごっこが始まる。
・トイレに行きスリッパを脱ぐ時後ろ向きで揃えて脱いでる子を見て「すご〜い」とみんなで感心する。

子ども達はみんな最初のころから見ると成長している。
母親ではなく違う大人に違う環境で見てもらったりすると、今まで自分で気付けなかったことにも気づけたのでは?

私は親子学級を受講するまで、自分の子どもは自分が守らなきゃと思っていた。しかし学級の保育に子どもを預けて無理やり離れた経験で、子どもを色々な環境に置いて色々な人に見てもらって、自分の手から放していかなきゃいけないことを学んだ。

子どもが大きくなっても心配はするし、常に「大丈夫かな」とは思うけれど、やはり子どもから手を放すことが大事。

学級のプログラム前半では、「子どもの育つ力を知る」という内容で、後半は「どうして不安になるんだろう」というテーマだったが、子ども抜きの「社会」というところについても少し考えて欲しい。

今はまだ先のことに思いが至らないと思う。何か始めるというのはきっかけが必要。子どものお迎え時間を気にしたり、子どものためにと色々考えてしまうとなかなか踏み出せない。踏み出すためには子育てだけではなく、自分のために、いつも社会にアンテナを張っていてほしい。でも、焦る必要はない。今はまずここで知り合った仲間と地域で子育てを楽しんでもらえば良い。公園で知り合ったママとはちょっと違うと思う。そして少しずつ広げていって社会的に今自分はどこにいるのかなぁと一歩引いて見てみると分かる。

子育てしながらでも何かしたいと思ったら、企画委員の他にも子どもと一緒に出来る事が宮前区にはたくさんあるので見てみて欲しい。カンガルーねっとや子育てフェスタの企画委員もそのひとつである。

杉本先生のエリクソンの発達段階のお話でいうと、今は成人期で次の世代を育てて繋げていく時期になる。子育て期間は何も出来ないように感じるが、かえって何でも考えられる時期。自分を充電するつもりで、いろんなことを考えてみてほしい。

という田浪さんのお話しのあと、学級の企画委員も話しをしました。

・子どものためではなく、自分のためだけに何か1歩踏み出せると世界が広がって楽しめるようになるのでは。山田悦子さんが「今は真っ暗なトンネルの中にいるように感じていてもいつか光が見えてくるから大丈夫」と言っていたが、まさしくその通り。自分も受講当時は育児が辛くて辛くて仕方なかったが、今ではとても楽しく過ごせている。どんなに辛くても前をみて諦めなければ必ずいつかは光が見えるからみんなも大丈夫。

・ほかの企画委員が「企画は大変だけど、子どもがいなければこの仲間とは出会えていないから」と話されたのを聞いて、そっかぁと一気に自分の置かれている環境が明るくなった。仕事一筋で独身でバリバリ働いている人、仕事と子育てを両立している人には得ることの出来ないものを、私は得ることが出来ている。しかも仕事をしていた時代があるのだから、仕事で得られたものも持っているし、子育てで得られたものももっているのだから、なにも仕事をしている人に負い目を感じることはないと思う。仕事を続けていたら親子学級は受講出来ても企画委員は出来ないと思うから、やはり私は仕事を辞めて良かったと思う。
仕事はこの先やりたいと思ったら出来ると思うので、まず今が幸せと思える環境であれば良いのでは。


ペン学級第12回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)


次回は、受講生・企画委員と一緒になって文集を作ります。

眼鏡ブログ担当ひつじいのつぶやき眼鏡
常に子どもと行動し子どものペースで生活しているから、自分のことについて考えることがなかなかないけれど、社会の中での自分というものを意識しないといけないなあ。子どもは親をおいてどんどん成長するけど、自分ももっと成長したい。子どもが大きくなったとき、子どもと同じように毎日忙しく楽しく過ごすことが今の目標。親子学級でいろんな人と出会うことで、もっと先のことが見えたり、視野が広がった気がするから、人との出会いって大切ですね。
13年度 第12回親子学級[2013年11月21日(Thu)]
2013年度 第12回親子学級
『 つながっていく大切さ 』


今回は、子育て・育児者支援グループわたぼうしの山田悦子さんからお話を伺いました。

現在大学生の長男が4、5歳、下の子が2、3歳の時、下の子に友達を作ってあげたくて「おひさまクラブ」という親子学級のような講座を受けた。その時知り合った友達とは「プリティーマミー」というグループをつくって今でも一緒に出かけたりして楽しく集まっている。

下の子は心臓が悪くて手術を受けたが、術後が悪く亡くなってしまった。
精神的にもボロボロで、夫との関係もストレスになり、息子がはけ口になっていた。
下の子が亡くなってしまった分、長男にはとても期待して、習い事は合気道、スイミング(行きたくないと言ってもせめて平泳ぎができるまでは・・等)、ピアノ、学習塾と1週間のほとんど習い事をさせていた。「お金払ってるんだからやめられない!」と思って始めたら止められないところがあった。

小学3〜4年の頃から息子が強迫神経症の症状で手をよく洗うようになる、悪いことを考えるようになるということがあり、児童相談所でカウンセリングをうけるようになった。病院にも行き、先生から 『 子どもを自分の理想にはめようとしているが、子どもはその枠が窮屈になっている。お母さんが枠を拡げないと。 』 とアドバイスされる。

6年生頃まで児童相談所で相談を続けていったら自分も気が楽になり、また、市民館での仕事が決まったことで子どもに目が100%いくようなことがなくなり、気づいたら少しずつ症状が出なくなっていった。

当時はイヤで仕方なかったけれど今では息子が大好き。人は何かのきっかけで変わっていける。
光が差していない真っ暗なトンネルの中にいるかのような状況であっても、何年後かには必ず光が見えてくる。

自分がしんどい状態の時、困っていると(メールではなく面と向かって)声に出せる相手が一人でもいれば楽になれる。自分の話したことが他の人をほっとさせることもある。気持ちの荷下ろしをしよう。

・・・というお話しを伺ってから、

・この場で話した事は受講生も企画委員も外に持ち出さないこと。
・話したくないことは話さなくてもOK。
・人の話したことに意見はせず聴きっぱなしで。

をルールにして、受講生同士で現在抱える想いを吐き出しました。


ペン学級第11回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)


次回は、「いっしょに育とうママもキッズも」というテーマで学級後半の保育室ビデオを観ながら、保育者の田浪由紀子さんにお話しを伺います。
13年度 第11回親子学級[2013年11月14日(Thu)]
2013年度 第11回親子学級
『 ティータイム(これまでを振り返って) 』


今回は、これまでの講義を振り返って、受講生同志でいろいろ意見交換をしました。


心に残った講義とその理由

見守る保育について

・「遊びの中に全てのことが詰まっている」と聞いて、揺れていた自分の子育てを“遊び優先”でしていこうと決めることができた。

・「子どもと良い距離感を持つ」、「命に関わることだけ叱る」など見守る保育のスタンスが印象的。
今まで小さいことを言っていたが、余裕をもって接することが出来るようになった。
外に行って遊ばせることが大事というのも印象に残った。

・子供が積極的に他の子と一緒に遊ばず、周りの子を見てばかりいることが気になっていたけれど、「子どもは一緒に遊ばずに周りの子を見ているだけでも“子どもとの関わり”だから、今は受け身に見えてもそれも大事なことなのだ」と知ることができて良かった。

・大田さんから児童室で「〜しなさい」ではなく、子どもの「〜したい」を待ってあげようとアドバイスされたことが心に残っている。

・「見守る保育」の内容と、小沢さんの講義「子どもは育てなくていい、見守るだけで良い」という内容がつながったのが嬉しかった。頑張らなくて良いんだと肩の荷が下りた。

「アリサ」ビデオ鑑賞

・子供の勉強についてや幼稚園選びに迷っていた時だったので、遊びが大事ということが印象的だった。

・映像の中の保育園では1歳前から裸足で遊ばせたり、子供の力を信じて大人が見守っていた。今までの自分にはないことだったのでショックを受けたが、そういうことを知れて良かったと思った。

子どもの発達に遊びが大切なワケ

・お勉強をする幼稚園に進むことに決めていたが、杉本先生の講義は英才教育に批判的でそれを指摘されているように思えて、色々と育児について考える機会を与えられた。自分の考えを整理することができた。

人と比べてしまう理由(わけ)

・「子供は仲間を強く求めている」という話が印象的だった。母と子の関係が大事だと思っていたのであまり外に連れ出したりしなかったが、これからは支援センターにも連れていきたいと思った。

人とつながる、その苦楽

・「イヤイヤ期」ではなく「自立期」と言っていたことが、そういう言い方もあるんだと思えて気が楽になった。
小沢先生の生き様を現した表情が印象的だった。先生のようにすべてを受け入れる女性になりたい。


実践は難しいなぁ・・とか、ちょっと違うなぁ・・と感じたこと

(遊びについて)

・子供に環境を整えすぎない方が良いとか、子どもに手をかけすぎない方が良いという話があったが、おもちゃで遊ぶ時など年下の子がいる時には大人がやってあげることは見本にもなると思う。また、大人が見本を見せないともったいない場面もあると思う。どこまで大人が手をかけるかが大事なのでは?

・子供と距離を持つというのが難しい。子供は遊ばせることが大事だと言われたが、子供が数字や英語に興味を持ったら勉強する機会を与えるのもありではないかと思う。

・遊びが大事というのはわかったが、勉強させるのが悪いということにはならないと思う。その分遊びの時間は減ってしまうが、親がしっかりとしていれば両立できると思う。

(見守る保育について)

・見守る保育には共感しているし実践したいと思っているが、あまり親しくないお母さんの子どもとおもちゃの取り合いになった時などは、つい口が出てしまう。子供主体ではなく親主体になってしまって難しいと感じる。この親子学級の人達とは共通の認識があるので、これからも関わっていきたい。

・見守る保育の実践が難しい。子供がお転婆で高い塀などから飛び降りたりする。自分は見守ろうと決めたので止めたりしたくないが、それを見て真似をする子がいる。見守り保育を知らないお母さんはそれを見て危ないと思ったりする人もいるので止めさせないといけないと思う。

・見守る保育は良いと思っていたが、実際に見守る保育を実践している会を見学してみたら、ちょっと何か違うと感じた。汐見稔幸先生の講演を聞きに行ったら「子どもを見守るだけでなく親も一緒に楽しんで遊ぶのも大事だ」と言っていた。それを聞いて、自分がしたいのはそういうことだと思った。

・外遊びの会で子どもが遊具の取り合いをしていても自分は見守って口を出さないが、他のお母さんが止めに入ってしまう。

(メディアとの関わり方について)

・ネットやテレビは受け身になるから使い方を考えた方が良いと言っていたが、主人が仕事で忙しくて話す人が誰もいない時など、ネットでQ&Aを見て同じ考えの人がいるんだなとか感じてスッキリすることもあるのではないか?

・子どもがテレビをとても見たがってしまうので、テレビが壊れたことにして見せないようにしていたが、自分が鬱々としてしまう。初めは番組一つだけをビデオに撮って見せていたが、だんだん見せる時間が長くなってきたので軌道修正しないと・・と思っている。

(自分について)

・小沢先生の「シャバの世界」の話があったが、それが現在の課題。今は自分と気が合うお母さんとだけ付き合えるが、幼稚園に入った時に気が合わないお母さんや子供とどう付き合ったらいいか聞きたかった。

・小沢先生の講義で消費社会が値踏み・比較をするようになると言っていたが、自分は元々人と比べてしまう性格なのでどうしたら強く生きられるか聞きたかった。



ペン学級第10回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)


次回は、「つながっていく大切さ」というテーマで子育て・育児者支援グループわたぼうしの山田悦子さんにお話しを伺います。 
13年度 第10回親子学級[2013年11月07日(Thu)]
2013年度 第10回親子学級『 人とつながる・その苦楽 』

今回は、前回に引き続き元和光大学講師の小沢牧子さんにお越しいただき、お話しを伺いました。


■自分から働きかける少しの勇気が身につくと、すぐ人とつながる■

昔は、電車の中でも気軽に話しかけたり、座っている人が立っている人の荷物を持つなど当たり前に関った。今は変わり、孤独感がある。

自分は姑や夫にも、考えにすれ違いがあれば言いにくい事も勇気を出して言った。お互い伝えないと分からない。冷静になれない時は後で(3日以内に)言うことにしていた。伝え合い、考え、沢山の知恵も貰った。


■トラブル(問題)が人をつなぐ■

問題とは、題(テーマ)を問うこと。問題が起きたことをネガティブにとらえることはなく「問うべきテーマが与えられた」と考えれば良い。問題から逃げず、率直な態度で相談して人とつながる。一人では解けない。

飾らずまっすぐな態度は信用を得て友達が増す。一つ一つじっくり考え解決すると知恵が入ってくる。子どもにも率直な態度で、対等な気持ちで接する。子どもも率直に自分の意見が言えるようになり、いじめに遭っても自分で解決していく力がつく。


■生身の人間とのつきあい■

ネットやカーナビなど今は情報社会で便利ではあるが、それによって「考える力」をなくしている。ネットで情報を集め、それだけで問題を解決するのではなく「生身の人間」から得たことを「自分で考える」ことが大切。生身の人間と関わると面倒なこともあるが、苦あれば楽あり。それなら楽しく感じた方がいい。


■子どもに親切な社会■

昔は「子育て」という言葉はなく「子守り」と「子遣らい(こやらい)」と言った。(「子育て」は60年代に専業主婦政策で広められた言葉。)

「子守り」は弱い立場である子どもを危険(死)・病気などから守ること。

「子やらい」は子どもを親から離して社会へ出してくこと。育つのは子ども自身。

子どもが見て、考え、育つ。分からないことは聞いてくる。親は、情報を集め信じることより、子どもの問いを一緒に考えることが子どもに対する親切。子どもが仲間と過ごす時間と場所を大切にしてやり、子やらいを応援する。子どもと一緒に物をつくる、なるべく買わない、なるべく直す。(「捨てる(=断舎利)」本があるのに、「買わない」本はない。)


■子どもたちに向けて言いたいこと■

世の中、まんざら悪くないよ。いじわるな人もいるけど、優しい人も必ずいる。
けっこうおもしろいよ。行ってごらん、気をつけて。そして楽しんでおいで。



【感想・異論・反論・みんなと考えてみたい事・上の世代に聞いてみたい事】

Q:自分はマイナス思考。人と話すとプラスに考えられるが、一人だとどんどんマイナス方向に考えがいってしまい、考えるのをやめたくなる。

→書くと客観視して整理できる。手書きがいい。不安を抱えていると増えていく。手を使って一心に作業するといい。私は草取りや鍋みがきをすると「なんであんな事で悩んでいたのか」と元気になる。手を使う、自然を感じる事で助けられる。それから人に話して深刻さから逃れる。


Q:子どもが、この服はイヤ、食べたくない、向こうへ行きたい・・・イヤイヤ期で疲れる。昔はどうしていたか。

→子どもを外(自然の中)に出していた。水遊び・泥遊び、仲間と一緒で気がまぎれていた。おんぶして仕事しているうち泣き寝入りしてしまう事もある。今は反抗期ではなく自立期なので、子どもと折り合っていくことが大切。


Q:“時間の貯金”というのをテレビで見た。時間があれば遊びにめいっぱいつきあうが、無い時は我慢してもらうという方法。子どもと約束すると分かってくれる。

→いい方法。正直に伝えれば子どもは分かる。(嘘はだめ。)子どもの主張を聞いてあげたいけど、大人の習慣に合わせて貰わないと困ることもある。押し付ける時もあっていい。「しつけ」は「おしつけ」


Q:ほかの家庭とのしつけの違いで、子どもが戸惑うことがある。

→「ママはこう思うけど、そう思わないママもいる。」と自分の考えを伝える以外の方法はない。それをどう思うかは子どもの問題。支配すべきでない。色々な考えの人がいて、同じ考えの人とも出会う。子どもと暮らすと自分が育てられている。それが楽しい。ぜひ楽しんでください。


ペン学級第9回の保育室だより(子ども達の名前はすべて仮名です)


次回は、ティータイムです。これまでの講義を振り返って、意見や感想など話し合います。