CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、
宮前おやこの会「おひさま」のブログです。
親子学級での講義内容や保育中の子供達の様子などを紹介しています♪
« 打ち合わせ | Main | 学級の説明 »
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー
検索
検索語句
最新コメント
ひつじ
15年 第13〜18回打ち合せ (08/10) きば子
15年 第13〜18回打ち合せ (08/04) その太
14年度 第15回親子学級 (12/26) きば子
14年度 第13回親子学級 (12/01) きば子
14年度 第1回親子学級 (09/13) その太
生涯学習交流集会の報告 (03/22) その太
14年 第3〜4回打ち合せ (03/01) たろう
13年度 第13回親子学級 (12/05) その太
13年度 第13回親子学級 (12/04) きば子
13年度 第11回親子学級 (11/23)


にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ

https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
宮前親子学級の保育について[2012年01月04日(Wed)]
(宮前親子学級の保育方針について、Profileページから抜粋しています)


親子学級で子ども達は親と別室で保育されますが、保育者はただ子どもを預かるだけではありません。
 
「子ども同士で関わることによって自主性・自立性・社会性を学ぶ」という考えのもと、
「子ども同士の関わり合いを大切にして、育つ力を信じて見守る保育」をします。

子ども同士の関わり合いが何よりも大切だと考えているため、保育者は無用な口出しはしません。

危険が無いよう細心の注意を払いますが、ケンカだって見守ります。ケンカは子どもにとって大切な関わり合いであって成長には大切なものだからです。

靴の脱ぎ履き・カバンやお弁当箱の開け閉め・お片づけなども子どもが自分で出来るようにサポートします。

1歳半だから無理・・ではなく、1歳半の子でもできるようにちょっとだけ保育者が手を貸してあげることで「自分だって出来る!出来るって楽しい!」と子どもに気づかせてあげます。

児童室での子ども達の様子は、保育日誌を毎週お配りするとともに、時折ビデオで児童室の様子を撮影し、前期1回・後期1回はビデオ上映会を行います。これまで見たことも無いような我が子の姿が写っていたりして、驚いたり喜んだり・・・♪

晴れ保育者からのコメント晴れ==========================

宮前親子学級では保育にこだわりを持っています。

子どもにも自分で学んでいく力があることを、お母さん達にも実感してもらいたいという思いがあります。

今、きっとお母さん達は子どもと離れる時間ってそんなにはないと思うのです。

お母さん達が学習している間、子ども達は別室で過ごすのですが、いつもなんでもやってくれるお母さんがいない。とっても不安だし、寂しい。

でも、子ども達は自分でその時間を過ごす方法を見つけていくのです。
すごいですよ。子ども達の力。

たった2時間なのですから、ご機嫌を取って遊んであげれば、子どもも大人もお互い楽なのです。

でも、それじゃ、なんだかもったいない気がします。
何度も言いますが、子どもってすごいんですから。

もちろん、子どもと関わり合いをもち信頼感を育んだり、危険のないように常に子どものそばにいることは必要です。

ただ、子どもが自分で何とかしようとしている気持ちを察知して、必要最低限のサポートをするように心掛けています。

====================================

毎年、学級の第2回目には「見守る保育について」というテーマで保育者から保育方針を説明しています。興味のある方はリンク先の記事も読んでみてください。

2014年度「見守る保育について」
2013年度「見守る保育について」
2012年度「見守る保育について」
2011年度「見守る保育について」
2010年度「仲間になろうよ」
保育について[2008年03月12日(Wed)]
桃太郎親子学級の保育について

 17年度のプログラムで書ききれなかった保育について説明します。
 親子学級では「子どもの育つ力を信じ、見守り育てる子育て」を基本に学習をします。
そのため、保育も「子どもの育つ力を信じ見守る保育」をしています。
 保育者は、「見守る保育」を長年ボランティアとして実践してきたメンバーを中心に親子学級の元受講生の方々にもお願いしています。
 「子どもの育つ力を信じ、見守る保育」とは、子ども同士の関わり合いを大切にする保育です。 
 関わり合いとは何でしょうか?子どもが何人か集まれば必ず関わり合いがあります。一緒に遊ぶ、真似をする、取り合いをする、けんかをする、興味のある子どもをじっと見る。
何気ない子どもの行動が関わり合いです。その様な関わり合いを大切にし、大人が介入することを最小限にすることが、子どもの自主性、自立性、社会性、創造性等を伸ばすと考えています。
 ですから保育者は、遊びを誘導することはありません。だからと言って何もしないわけではありません。子どもたちの様子を見ながら子ども同士が関われるように話しかけたり、安全に配慮しながら子どもたちがのびのびと遊んだり、けんかをしたりできる場を作っています。
葛西