• もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 10月21日は市民館へ! | Main | 23年度 第7回親子学級「子どもたちの様子を知る・これまでを振り返って」 »
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
ころも
23年度 第4回親子学級「『アリサ』から見た子どもの発達」 (10/20) 忍子
ん?? (06/23) 忍子
子どもと一緒に地元でもっと知り合いを作ろう! (06/02) 忍子
子どものイタズラpart3 (06/02) あわこ
ん?? (05/29) その太
アイロンで気づくこと (05/13) あわこ
アイロンで気づくこと (05/02) きば子
アイロンで気づくこと (04/30) きば子
豆まき?豆あて? (02/07) 忍子
豆まき?豆あて? (02/07)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
23年度 第6回親子学級「子どもも親も育ちあおう」[2023年10月23日(Mon)]

「子どもも親も育ちあおう」

今日は、川崎西部地域療育センターのソーシャルワーカー 大野伸之さんのお話を伺いました。


子育ては子ども主体に子どもの力を信じて支えること。
育てようと思わず、親も子も育ちあうことが大切。


1.受け入れる・受け留める
赤ちゃんが泣いたり、微笑んだり、声をあげたりした時に反応してあげる。
たとえば微笑んだら微笑み返す、身振りで応える、発声に言葉で返すだけで十分。
baby_dakko_mother.png
☆自らの生命を維持しようとする本能=赤ちゃんの欲求
☆ママやパパの保護しようとする行動
この二つの二つの相互交渉が愛着(アタッチメント)の形成につながる。

2.社会性=社会で生きていく力には母子の相互交渉が必要
我が子を愛して尊重することからしか学べない(教科書では 学べない)
我が子にプラスになる事を考える、我が子に思いをはせることが「愛すること」になっている。そして深く尊重、認めてあげること。

3.父親の役割
母親は子育ての中心。
「パパの役割は私を支えることだからね」と言ってみて。

4.きようだい
対立は絶対あるもの。そして対立と愛着は同居している。
kyoudai.jpg

愛着・・・安全は大事
幼稚園のお迎えにママがいなかったら、ものすごい衝撃を受ける。
「必ずママが迎えに来る」ことで安心安全が確保され、愛着が育つ

5.子どもに現れるサイン
•お腹が痛い、頭が痛い、食欲が無い、朝がしんどい、眠りにくい ⇒わりとみんな経験する。
•爪かみ、チック⇒あまりにも酷かったら、小児科の先生に相談も一つの方法。
このサインがおきたら、わが子は繊細な子なんだと理解する。
それは長所なんだと受け止めて、関わっている人と相談したりして問題に取り組んでみるとよい。
sinpai.jpg.png

6.気をつけたい事
過保護より、過干渉にならないように。
(過保護は発達にそれほどマイナスにはならない)


[子育ての工夫]
@生活リズム
リズムを戻すには時間をかけるしかない。
ひらめきポイント
・3食の食事をなるべく 一定に(食事からリズムをつくる)
・段階をふみながら、早めに起こす。

Aことば掛けと叱り方
怒ると叱るの違い
•怒る:イライラをポンとぶつける。
•叱る:正しい事を教える(叱るはあった方が良い)
大事な事を伝える時は、抽象的な表現はやめる
「走っちゃダメ」ではなく、「歩いてね」と言う。

B 自立で大事なのは、「うまくできた」という経験

C我が子を応援するなら、「出来る事、好きな事、やりたい方」を応援すると子どもは上手く育つ。

Dほめて育てる
たくさんほめていい。
小さい褒める(「やったね」「ありがとね」ハイタッチなど)が子どもの心の中に積もっていくと良い。
•結果をほめる&過程をほめる=「やれる」という有能感が育つ

[子育てのストレスを減らす工夫]
がんばらない
ある保健師さんの言葉「子どもはみんな同じでない。」
不得意を得意にするは難しいが、どう工夫したらそんなに不得意にしないかを考える。

ぴかぴか(新しい)魔法の言葉ぴかぴか(新しい)
☆「それでいいよ」  ⇒ 尊重、認められた ⇒ 自己肯定感
☆「大丈夫だよ」   ⇒ 安心感

我が子を枠組みにはめないで、こども自身の主体性が承認されて励まされることがとても重要exclamation×2


この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/716
コメントする
コメント