CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 中学生活に慣れるまで | Main | おひさま広場の報告(5月31日開催) »
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
忍子
段ボールの端材で・・・ (07/28)
中学生活に慣れるまで (06/20) その太
運動会の朝練? (06/19) その太
兄弟で違う部屋 (06/19) あわこ
中学生活に慣れるまで (06/13) たろう
鮮やかな緑の・・・! (05/25) あわこ
兄弟で違う部屋 (05/15) 忍子
そらみみあわー (02/19) 忍子
おひさま広場の報告(1月27日開催) (02/19) 忍子
お笑い加工機能付きテレビ (02/19)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
あの時は嬉しかったよpart2[2022年06月15日(Wed)]

今日は、あの時は嬉しかったよエピソードの第二弾ですぴかぴか(新しい)

seikou_banzai_woman.png

黄ハートドアの開け閉めを手伝ってもらいました

ベビーカーで出掛ける時、意外と大変なのが押したり引いたりするドア。

我が家のマンションは自宅から外へ出るのに、扉が3回もありますたらーっ(汗)

すれ違う方がドアを開けたり押さえておいたりしてくれると、とっても助かるので私も真似したいと思っていますおやゆびサイン



黄ハート声をかけてもらいました@

子どもを抱っこで電車に乗っていると、隣に座った見ず知らずの方が話しかけてくれる機会がよくありました。

今はもう大人のお子さん達も昔はこうだったのよって話して下さることは、とても参考になったり励みになったり有難かったですかわいい



黄ハート声をかけてもらいましたA

他の地域の子育て支援センターのような公共施設に行った時のこと。

遊びに来た人に対して、どの職員さんも笑顔で「おかえり〜」とか「いらっしゃ〜い」と声をかけてくれていました。

ママ友達が欲しい・喋り相手が欲しいと心細い時期だったので、その温かい声がけや雰囲気がとても嬉しかったです。

一見普通のことに感じるかもしれないけど、私が行っていた公共施設ではどこもそのような温かい声がけは無かったので心に沁みましたいい気分(温泉)



黄ハート声をかけてもらいましたB

近所のスーパーで我が子がギャン泣きしている時、通りすがりの高齢のご夫婦が

「だいじょぶだいじょぶexclamation泣くのが子どもの仕事、ねぇ〜るんるん

「なつかしいねぇ〜るんるん私らの子はもうオッサンになっちゃったから〜ねぇ(笑)」

「泣いてても笑ってても何しててもかわいいんだよねぇ〜るんるん

と、私と子どもにだけでなく、周りの人にまで声をかけて場を和ませてくれましたぴかぴか(新しい)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/630
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント