CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 強がり?負けず嫌い? | Main | クリスマス »
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
わくわく
お支払いは? (02/26) きば子
気になる息子の行動 (02/26) あわこ
おっきい長男と一人娘の戦い (02/25) あわこ
食事にかかる時間 (02/22) 忍子
食事にかかる時間 (02/20) 忍子
5秒前・・ (02/20) 忍子
ママの年齢 (02/20) たろう
5秒前・・ (02/20) あわこ
赤ちゃん返り (02/17) あわこ
働くママの叫び (02/13)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
私が好きな絵本part5[2020年12月17日(Thu)]
今日は、あわこさんから冬の絵本の紹介ですペン


今年は残念ながら開催できないクリスマスパーティー。

去年までは小3長女のお友達数人と3歳の頃から毎年絵本交換をしていましたぴかぴか(新しい)

クリスマスソングをかけながら輪になって絵本を回し、音楽が止まったところで絵本ゲット!

Xmasbook.jpg

絵本の見開きのところに、親子ともにメッセージを書きあいます。はじめは絵のみのメッセージから、ぐちゃぐちゃの平仮名、そして、1人でもきちんとメッセージが書けるようになったりと見開きを開けるだけでみんなの成長が感じられますわーい(嬉しい顔)

文庫本が読める年齢になっても、やはり素敵な挿絵とともに楽しめる絵本は特別のようですぴかぴか(新しい)

特にクリスマスシーズンは絵が素敵なものが多いですよね。そんな長女のみならず、下の子ども達(年中&2歳)も気に入った、我が家の冬の絵本を紹介します雪



『14ひきのさむいふゆ』
作・絵:いわむらかずお
出版社:童心社

子ども達も私も大好きな14ひきのねずみシリーズるんるんどのシリーズも森へお出かけするシーンが多いですが「さむいふゆ」ではお家の中であったかいお饅頭を家族みんなで食べたりゲームをしたりと家族団欒の場面が多く、ほっこりします黒ハート



『てぶくろ』
絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店

言わずと知れた名作exclamation挿絵が外国的で素敵ですよね。どんどん現れる動物達で手袋がぎゅうぎゅうになる様子。手袋に窓や梯子ができて変化していくのが面白いようです。子ども達が道端にぽつんと落ちてる手袋にも敏感に反応するようになりますわーい(嬉しい顔)



『ぐりとぐらのおきゃくさま』
作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店

あのカステラに負けないほどの美味しそうなクリスマスケーキが最後に登場します。おきゃくさまってあの人だよね!?と何度も言いながらよく読み進めてました黒ハート



なかなか最近は絵本を読む時間もなく、寝室に入るなり強制消灯が多いのですがたらーっ(汗)冬休みはゆっくりと読んであげたいなぁと反省の意味も込めてご紹介でしたぴかぴか(新しい)




関連記事はこちらからどうぞ
 ↓
ひらめき私が好きな絵本part1

ひらめき私が好きな絵本part2

ひらめき私が好きな絵本part3

ひらめき私が好きな絵本part4


【幼児への絵本の読み聞かせ】
【年齢に合った絵本】
 ↓
ひらめき2014年第4回親子学級「子どもの発達に遊びが大切なワケ」

ひらめき2010年第8回親子学級「子どもと絵本との幸せな出会い〜まず、自分自身が体験してみて!」



【子どもの目線に立って気持ちを考える本】
 ↓
ひらめき2016年第4回親子学級「子どもの発達に遊びが大切なワケ」

ひらめき2016年第5回親子学級「手がかかるのはうちの子だけ?」


この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/448
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
クリスマスの絵本はステキな作品が多いですよね。
懐かしいので、ちょっとご紹介させてください。

あのね、サンタの国ではね・・・
絵:黒井健
文:嘉納純子
偕成社

子どもが小さかった時、私の祖母(子ども達のひいおばあちゃん)に送られて何度も読みました。
その思い出もあってか、おばあちゃんからはクリスマスに絵本、とリクエストされました。
今年はこれにしました↓

はたらくくるまたちのクリスマス
作:シェリー・ダスキー・リンカー/AG.フォード
訳:福本 友美子
ひさかたチャイルド

気に入ってくれるかな?
Posted by:  at 2020年12月22日(Tue) 21:36