CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 保冷剤から消臭剤に! | Main | おうち縁日 »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
その太
お笑い加工機能付きテレビ (01/13) あわこ
みなさんならどうしますか? (01/06) キョロキョロ
秋?冬?どっち? (01/05) キョロキョロ
みなさんならどうしますか? (01/05) きば子
みなさんならどうしますか? (01/04) あわこ
21年度 第14回親子学級 (12/22) 忍子
大人の階段のぉぼる〜♪ (11/29) あわこ
秋のブーケ (11/23) あわこ
秋の実験 (10/27) まいまい
秋の実験 (10/27)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
私が好きな絵本part3[2020年08月31日(Mon)]
今日はお気に入り絵本の紹介part3ですペン


まずは秋田美人さんのお気に入り絵本。

『バムとケロ』シリーズ
作・絵:島田ゆか
出版社:文溪堂

我が家にあるのは「バムとケロのおかいもの」「バムとケロのそらのたび」「バムとケロのにちようび」そして姉妹本の「かえってきたガラゴ」です。

細かいところまでこだわっていて、こっちの本で出てきた子がもう一方の本でこっそり出てくるなど、キャラクターを探す事もできて、楽しさ2倍ですexclamation×2



次は、ひつじいさんのお気に入り絵本。

『ももんがさんとおほしさまじゅーす』
作・絵:もんでんともこ
発行所:工房Momo

かわさき宙と緑の科学館のプラネタリウムで見て、この絵本欲しい!と後日言われたけどどこにも売ってなくて…結局科学館で買いました。Amazonにも本屋にも売ってないレアな絵本です手(チョキ)



『ヤクーバとライオン』
作:ティエリー・デデュー 
訳:柳田邦男
出版社:講談社

絵が怖くて敬遠しがちだけど、この前読んだら「続きが読みたい!」って。勇気についてのお話ですぴかぴか(新しい)



『ロバのシルベスターとまほうの小石』
作:ウィリアム・スタイグ
訳:せたていじ
出版社:評論社

小学生向きかも。これは読んでる方が泣くもうやだ〜(悲しい顔)最後にホッとするお話黒ハート



寝る前の絵本の読み聞かせ、幼稚園から小5まで続けている。

「これで本好きになってくれたらいいな〜自分で読むようにならないかな〜」と最初は淡い期待を持ってましたが、自分で本を借りて読むほどの本好きにはなりませんでしたたらーっ(汗)

今では寝る前の読み聞かせは純粋に自分の楽しみになっています。

時々読みながら号泣して呆れられていますふらふら



ブログ管理人きば子より:

私も号泣してしまう絵本があります。それは宮前親子学級の受講生だった2008年に帝京大学教授杉本真理子先生から読み聞かせしていただいた本。

『だいじょうぶ だいじょうぶ』
文・絵:いとうひろし
出版社:講談社

2008年以降も親子学級で何度かこの本を読み聞かせしていただきましたが、何回聞いても涙が出ちゃう。「パブロフの犬」状態ですふらふら

小さな頃の私はずっと「だいじょうぶ」って言って欲しかったんだろうなぁ、だからこの本を読むたび泣いちゃうんだろうなぁ・・。




関連記事はこちらからどうぞ
 ↓
ひらめき私が好きな絵本part1

ひらめき私が好きな絵本part2



【幼児への絵本の読み聞かせ】
【年齢に合った絵本】
 ↓
ひらめき2014年第4回親子学級「子どもの発達に遊びが大切なワケ」

ひらめき2010年第8回親子学級「子どもと絵本との幸せな出会い〜まず、自分自身が体験してみて!」



【子どもの目線に立って気持ちを考える本】
 ↓
ひらめき2016年第4回親子学級「子どもの発達に遊びが大切なワケ」

ひらめき2016年第5回親子学級「手がかかるのはうちの子だけ?」


この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/388
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
うちの子もバムとケロシリーズ好き!
「だいじょうぶだいじょうぶ」今度読んでみよーっと♪
パブロフの犬分かる〜!!
私の鉄板は、本は「100万回死んだ猫」で、歌は「にじ」
必ず泣く!!
みんなのパブロフの犬になるものも知りたいな〜
Posted by:ひつじい  at 2020年09月11日(Fri) 12:16