• もっと見る
神奈川県川崎市宮前区で宮前親子学級を企画・運営しているグループ、宮前おやこの会「おひさま」のブログです晴れ
ひとりめの育児は「これでいいのかな?」と不安や悩みがつきもの。ブログでは育児&育自のエッセンスと私たちの活動内容を紹介していまするんるん
« 勉強会をしました | Main | 気になる公式LINE »
<< 2024年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
おひさま広場
かわいいおひさま広場の開催情報
 
お問い合わせ
メール おひさまへの問い合せ
最新記事
カテゴリー別
キーワード
検索
検索語句
最新コメント
ころも
23年度 第4回親子学級「『アリサ』から見た子どもの発達」 (10/20) 忍子
ん?? (06/23) 忍子
子どもと一緒に地元でもっと知り合いを作ろう! (06/02) 忍子
子どものイタズラpart3 (06/02) あわこ
ん?? (05/29) その太
アイロンで気づくこと (05/13) あわこ
アイロンで気づくこと (05/02) きば子
アイロンで気づくこと (04/30) きば子
豆まき?豆あて? (02/07) 忍子
豆まき?豆あて? (02/07)
友だち追加

宮前親子学級 〜子育てのエッセンスをまなぶ〜 - にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 一人目育児へ


https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/index2_0.xml
ちいさなおともだち[2020年08月02日(Sun)]
今日はちゃだんごさんからの投稿ですペン



長い梅雨が続いていたせいか、玄関の前によくカタツムリの赤ちゃんがやってきてくれます。

初めは石ころだと思っていたのですが、2歳の次男がよく見るとカタツムリだということを発見しましたexclamation

katatsumuri.jpeg

それからは、カタツムリを見つけるたびに

「ねーねー、かっつむりさーん!」

と話しかけています。

米粒や小さな石ころサイズなので、次男のようにしゃがみ込んで観察しないとカタツムリということに気づきませんでいた。

改めて子どもの目線と大人の目線って違うんだなと感じました目


そして、ベランダにはよく赤ちゃんカマキリがやってきます。

長男は遠目から見るだけですが、次男は上手に捕まえて手に乗せて話しかけています。

虫たちと次男の間には、大人には分からない“ 何か通じるもの ”があるのかななんて思ってしまいますぴかぴか(新しい)

この記事のURL
https://blog.canpan.info/oyako-gakkyu/archive/371
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
かたつむり!!案外近所では見かけないので羨ましい。すごいね!でんでんむしむしかたつむりーー♫の歌を歌っても、実際見たことがない我が家の息子くんはまだ絵本の中の生き物のイメージのようです。
Posted by:あわこ  at 2020年08月13日(Thu) 22:39